正しいことを正しく伝えてもひとは理解しない

「正しいことを正しく伝えてもひとは理解しない」

ある歯科セミナーのタイトルです、同感です。
チラシで見たので内容は分かりませんが、タイトルに興味を持ちました。
これを、正しいことを正しく伝えても「ひとは変わらない」として考えてみます。
1−「正しいこと」とは?
歯科医学的に正しい、誰が考えても正しいことであっても、
それらはあくまでも「正しいこと」に過ぎないのでは?
2−「正しく伝える」
これは、内容にかかわらず必要なことです。

例えば、グルメなあなたが中華街を歩いていました、
店の前で、店員さんが一生懸命に話しかけます。
店の料理がいかに厳選された材料を使い、心を込めて調理して
どの店よりも美味しいと、熱心に中国語で話されたら・・
あなたが中国語の知識を持ち合わせていなければ理解できませんし、
お店に入ることもしないでしょう。

下戸で香水好きなあなたがデパートのワイン売り場を通りかかった時、
いかにこのワインが誠実に作られた葡萄を原料とし、
素晴らしい生産者の手によって作られたかを話されても
お酒を嗜まないあなたにとっては馬耳東風です。

先に結論を述べます
聞く人にとって「必要なことを」理解してくれるように「楽しく伝える」ことが
肝要な気がするのです。
「正しいことを正しく伝えてもひとは理解しない」は、
医療従事者側の上から目線の思考のような気がします。

グルメなあなたに話しかけた店員さんが日本語で熱弁をふるったら、
あなたはすぐさま入店するでしょう。
香水の好きなのあなたに「このワインのアロマは・・」をグラスを差し出され、
そのアロマやブーケ(ワインの匂い)をクンクンしたら・・
「そうだ!ワインの好きなあの人に買って行こう」となったかも。

以前「Aをして欲しければBと言え」という話を聞きました。
小学生参加のキャンプで飯盒炊爨(はんごうすいさん)のあと、
飯盒をキレイに洗ってもらう時に、
キレイに洗う(A)をキレイに洗って下さい、と言っても
キレイとは何かの個人差はあるし、小学生にはピンと来ないし、
そんなに熱心には洗わない・・
そこで、飯盒の底に君の顔がきれいに映るようになったら教えてね(B)と言えば
小学生は争って飯盒をキレイにする、という内容です。
まさしくこの手法です。

正しくてその人にとって必要な内容を、
もしくは潜在する必要性を明らかにして、
またはいかに利益をもたらすかを分かりやすく
聞いている人が理解する言語で(相手が小学生なら小学生言語)
キレイにするではなく、顔が映ると表現する

まあ、この話題は奥が深いので長くなりそうです。
まずはこの辺で・・(苦笑)

アオキの中華
サブロー
青木の中華

メインとサブ

メインとサブ:今、このことについて考えています。
メインとサブ:ここでのメインとは目的・ゴール・狙う行動。
具体的なメインとして「ワンスアマンス」
月に1回の口腔内のプロケアを受けることとしましょう。
サブとは、メインを後押しするもの、サポートするものとします。

例えば、そこそこ美味しいレストラン「カノート」があります。
来客数を増やすことをメイン(主たる目的)、
来店ごとのポイントカードがサブ(アシストするもの)です。
来客数を増やすには、味をあげ、サービスを向上させ、価格をそこそこに抑えれば
来客数は増えるでしょう。加えてポイントカード、マイレージなどがあれば
来客数増加に拍車がかかるでしょう。

時に、オモワクが一致しないことがあります。
お店の考えるメインとサブと、
お客の受け止め方が一致しないことも多々あるのです。
おいしいパスタ屋さんのお店側メインは「美味しいパスタ」、
ところがお客側メインは「待ち時間が短い」だったり
評判の歯科診療所側のメインは「しっかりとした診療」、
患者側メインは「女性スタッフが美人ぞろい」などなど

話をもどします。
「ワンスアマンス(=月1回のPMTCでの来院)」を増やすためにどうするか?
「ワンスアマンス」増加・定着をメインとするならば、
どのようなものがサブとなるのでしょう。
治療での来院時に、メンテナンスの必要性を話す、院内新聞を作って配布する、
無料セミナーなどが考えられます。
しかし、果たしてそうなのでしょうか。
ワンスアマンスでプロケアを継続的に受ければ、口腔内の健康を保つことができ、
美味しい生活が維持できる、だから来月も通います、
なんて方は果たして何%でしょう。

おいしいパスタ屋さんの常連客にとっては、
何回か通ううちに「おいしいパスタ」は当たり前になります。
はじめは「おいしいパスタ」がメインであっても
じきにメインではなくなります。

分かりにくい文章になりましたが、ワンスアマンスのための
ひつような「サブ」は何か?ということを考えています。

逆を考えてみます。
日南市富土(ふと)に焼き魚定食が評判の海沿いのドライブインがありました。
道路整備の名の下に海岸線のクネクネ道がトンネルが多いよりまっすぐな道に変化していきました。当然、車の流れが変わります。
ついに店は閉じられました。
お店は50年の歴史であったため、道路以外の理由があったのかも知れませんが、
人の流れが変わったことも原因でしょう。
その店の客にとっては「道沿いで便利が良い」がメインで「美味しい」はサブ、
だったのかも知れません。

「メイン」と「サブ」に分けて物事を捉える、
メインよりも、ひょっとすると「サブ」の方が大きな要因であるのかも知れません。
「ワンンスアマンス」=月1回のプロケア受診実現・普及・定着に必要な
「サブ」を考え中です。

ZUPPA DI PESCE
Z
UPPA DI PESCE のメイン料理

追記:どの職種でも「メイン」はその仕事に直結していることが多いので、
色々と考えやすいと思います。かたや「サブ」は、
おそらく別のフィールドに属する内容であるような気がします。
よって、良いアイディアが出にくいのかも・・・

iPhoneで予防5

iPhoneで予防5
前回、ベースになる考えを書きました。
今回、具体的な内容を考えていきます。

1−まずは登録してもらう。
メンバー登録、会員登録など呼び名はいろいろありますが、まずは登録してもらうことから始まります。なぜ登録が必要かという大義が大切です。例えば「白い歯を守りたい=守り隊」に登録して下さいとケータイメール利用者すべての方に登録を促します。メッセージサービス(スマホ番号にメッセージを送る)を利用して、こちら(診療所)のメールアドレスを伝え、返事をもらう(登録)。

2−来院履歴メール(履歴メール)
来院後には、二、三日中に前回来院の簡単な報告(診断や治療内容)と次回の内容などをメールします。

3−予約確認メール(確認メール)
予約日のちょうど一週間前と24時間前に、予約確認メールを送ります(自動配信可)。

4−サプリメール
ムシ歯予防サプリメントのようなメール送信。月に三回であれば8のつく日、8、18、28の三回、一回であれば8日のみに送信。ムシ歯予防サプリメントとは、歯の健康、食事、健康、食べ物の旬などちょっと得するような内容のメールです。(自動配信可)

5−発展的展開
履歴メールはマイレージに発展させることも可能です。
無料会員から有料会員への移行も考えられます。
その方のレントゲン画像や笑顔写真などのマイアルバム作製なども

ムシ歯予防=ブラッシング、という発想だけではなく
ムシ歯予防=コミニュケーション、という考え方。
ムシ歯予防実践のために、その方の歯を対象とするのではなく、
ムシ歯予防実践のために、その方の心を対象とする。
プロケアとは歯と心を磨くことかも知れません。

Unknown

iPhoneで予防4

iPhoneで予防4
iPhoneの新機種が出たので、敬意を表して。
iphone5c

1:予防文化論=予防は文化であるという理論
2:文化とはコミニュケーションがベースとなる
3:ケータイの過半数がスマホ(携帯型パソコン)である
以上の三つを踏まえての考えです。(スマホで予防3はこちら

1:予防文化論(予防は文化であると言う理論)
歯科における予防とは大きくふたつ、ムシ歯と歯周病です。
ムシ歯においてはほぼ100%予防可能です。
予防可能であるにもかかわらず、現実にはムシ歯はゼロではありません。
それはなぜなのか?この答のひとつは
「ムシ歯ゼロを望まない」からではないでしょうか。
ムシ歯ゼロに対する価値観はひとそれぞれです。
望む人、望まない人、両者あって良いと思います。
もちろん、歯科医師はゼロを望みます。
よって、これはひとつの文化と言えると思います。

2:文化とはコミニュケーション
文化の捉え方は、またこれ様々です。
文化の創造、普及、定着などを考えるにコミニュケーションは必須です。

3:過半数がスマホ
正確な情報を持ちませんが、
恐らく今年か来年中には過半数がスマホとなるでしょう。

これら3点をベースに考えてみます。
歯ブラシ(歯磨き)だけではムシ歯ゼロを現実化できませんでした。
歯ブラシ+フッ素でもムシ歯ゼロにはなりません。
まだ、足りないものがあるのです。
セルフケア+プロケア=100%予防可能 が持論です。
足りないモノのひとつはプロケア(歯科診療所で受けるケア)だと確信します。

定期的に通う必要性を感じない人に、どうやって通ってもらうのか?
白い歯が素晴らしいという価値を持ってもらう→予防文化論
価値を感じる人に来院してもらう→コミニュケーションによっての行動変容
スマホの活用で行動変容の促進→スマホによってムシ歯予防

話は飛びますが、ラジオ体操放送は毎日あります。
台風が来ても、大雪になっても、毎日あります。
常に意識付ける、常に知らせる、常に放送(機会)がある
これがコミニュケーションではないでしょうか。

白い歯(生えたままのムシ歯になっていない歯)は価値があると
理解できる人(年齢)のおそらく9割以上の方はケータイをお使いでしょう。
ケータイ電話に「白い歯は価値がある」「はは大切」と伝える
「歯は大切」のメッセージを受け取った人の中で、
1割の人が真剣に受け取ってくれたら、確実にムシ歯は減ります。
1割が2割なったら、もっと減ります。

予防においては日々の些細なことの継続が肝要です。
ラジオ体操と同じです、手を抜いても足を抜いても、
続けることに意味があります。
表現は不適切ですが「予防は薄利多売です」
薄利多売に相性が良いのがメールなどIT(アイティ)です。

スマホでムシ歯予防、iPhoneでムシ歯予防、
いえいえスマホでムシ歯撲滅!可能です。

ムシ歯ゼロをネット検索したら見つけました
t_main

尊敬する糸井氏のサイトの中です
こちら

予防とは汚れとの戦い

予防とは汚れとの戦い

結局、歯科の予防とは汚れとの戦い、
なのではないかと思います。
汚れとの戦いと言っても、
この電動歯ブラシを使えば96%の汚れが落ちます!
と言う簡単な話ではないようです。

1−日々いちばん汚れるのは「歯」であることをしっかり認識する
2−日々の汚れを自分自身では100%除去できないことをしっかりと認識する
3−月に1回専門家(歯科医師・歯科衛生士)に除去してもらうことが
有効である(ムシ歯・歯周病を予防できる)ことを知ってもらう
4−人々が月に1回通いたくなるような場所(空間)とシステムを改善整備する
5−セルフケア(自宅ケア)とプロケアで、ムシ歯は100%予防できることを再認識してもらう

1−色々な媒体を用いて知ってもらう
2−100%除去できないことを知ってもらうとともに、
自宅でのセルフケアのレベルアップも図る
3−色々な媒体を用いて知ってもらう
4−恐らくこれが最大の問題(今、足りないこと)!

Unknown

 

ということは、真剣に予防に取り組もうとすれば
歯の磨き方の指導よりも、歯ブラシの選び方よりも、
フッ素の使い方よりも、スターバックスのような発想、
第三のスペースの創造なのでは?
学校と自宅の間の塾、内科と自宅の間のジム、
歯科診療所と自宅の間の塾やジム的なサードスペースの創造。

ひょっとすると、数年後、ムシ歯予防が革新的にレベルアップした時、
最大の功労者はデザイナーかもしれませんね。

使うほどにキレイに

使うほどにキレイに
前回「使うと汚れる」を書きました。
その後、考えました。

1−使うと汚れる
2−使っても汚れにくい
3−使うほどにキレイに

1−歯や食器、衣服など多くのものは使うと汚れる。
2−使っても汚れにくいモノもあります。傘、椅子など
3−使うほどにキレイに。芝のグランドでのスパイク(ラグビー・サッカー)、
洗いタオルなど

この違いは何なんでしょう。
学生の頃(高2から大学6年)八年間銭湯通いでした。
いつも体を洗いながら、一番キレイになるのは洗いタオルだと
確信しました。
多くの場合、傘に降るのは雨です。雨が汚い場合はまれです。
鹿児島では灰雨(はいあめ)が降ることがありますが・・。

このように考えると、
元々、ヒトの体はさほど汚れないようにできていたのでしょう。
しかし、食べ物の急激な変化によって、
歯に関しては「使うと汚れる」となったのでしょう。

ということは、大昔の食生活に戻せば「さほど汚れない」となるのでしょうかね。
現代食の中に、少しでも昔の食習慣を取り入れれば良いのかも。

使うほどにキレイには無理でも、
使ってもさほど汚れない食生活に関しては一考の価値有り!

IMG_0880

 

 

使うと汚れる

使うと汚れる

質問です「毎日使う体の部位で汚れるところは?」
解答です「歯!」

毎日使う他の部位はどうでしょう
手や足、トイレでの部位、頭・・・

ウンコした後には水洗いまでします。
頭や胃も毎日使いますが、中を洗うことはできません
足を汚れたままにしていてもさほど問題は起きません
足の皮は新陳代謝で剥がれ落ちますし

口の中、歯はどうでしょうか。
毎日数回以上使うのに、磨き残し(洗い残し)があります。
毎日使うのに残る汚れが一番多いのは歯の表面です
毎日使うから残る汚れが一番多いのかもしれません

自分では汚れを確認しにくく、新陳代謝も無く、
しかも毎日使う部位は「歯」です。
このような身体部位は他にはないような気がします

にもかかわらず「それをキレイにするのはあなた自身のやるべきこと」
と片付けるのは無理な話しではないでしょうか
毎日使う部位だからこそ、第三者によるプロケアを!

Unknown

ハミガキ倶楽部

ハミガキ倶楽部

ふと思いました。
小学校にはいろいろなクラブ活動があります。
バスケ、サッカー、野球、吹奏楽、ソロバン等々
多くのこどもにおいて、ミニバスケ入部の目的は、
将来プロの選手になることではないだろうし、
サッカー、吹奏楽においても同じでしょう。
お稽古ごとも似ていると思います。
書家になろうと思って習字を習いに行く小学生はいないでしょうし、
水泳選手になろうと思ってスイミングクラブに通うこどもはいないでしょう
(もちろんゼロとは言いませんが)
クラブやお稽古ごとの目的は「我が子の健やかな発育」がメインだと思います。

そこで「ハミガキ倶楽部」
目的は「健康について学ぶ」

いかがでしょうか?

ブラス

スマホでヨボウ3

スマホでヨボウ3
受付電話にiPhoneを加えよう2です」

iPhoneに変えた場合に起こる利点
1−ナンバーディスプレイ(電話番号表示)
2−そのまま名前を登録できる(電話帳作製)
3−相手方がケータイならばメッセージを送れる
4−ケータイ会社によっては通話料が無料となる
5−使う使わないは別として、休診日・時間外でも電話が通じる
6−撮影が可能である(固定電話には絶対できないこと)
7−スマホとはケータイではなく携帯できる小振りのパソコンである
8−かける電話は固定電話、受ける電話はスマホ

5−使う使わないは別として、休診日・時間外でも電話が通じる
かけた人(患者さん)は留守電にメッセージを残すことができる、
こちら(診療所)から返事する、メッセージを送ることで、
安心感を与えられる。
6−撮影が可能である(固定電話にはできないこと)
画像撮影は固定電話には不可能です。
もちろん口腔内の撮影、レントゲン画像の撮影、その方の笑顔写真、
訪問診療先でのスナップ画像など、
カメラの使い方は無限の可能性をもっています。
7−スマホとはケータイではなく携帯できる小振りのパソコンである
スマホ画面の大型化、アプリの活用、クラウドの活用など
もはや電話ではなくパソコンです。
8−かける電話は固定電話、受ける電話はスマホ
電話をかける時は固定電話を利用し、固定電話はファックス兼用。
もちろん固定電話番号で、電話を受けることもできます。
名刺などに記載する場合は、iPhone番号、固定電話番号(ファックス兼用)
の順に。訪問診療が多い場合は、訪問専用iPhone設置。

environment_hero

スマホでヨボウ2

スマホでヨボウ2
まずはダイレクトに「受付の電話にiPhoneを加えよう」のお話。
ベースになる考え方は次の理論展開です。
「予防とは文化である
文化とはコミニュケーションである
コミニュケーションとは言葉のやりとりである
言葉のやりとりにはスマホを使う
よってスマホでムシ歯予防が可能である」

iPhoneに変えた場合に起こる利点
1−ナンバーディスプレイ(電話番号表示)
2−そのまま名前を登録できる(電話帳作製)
3−相手の方がケータイならばメッセージを送れる
4−ケータイ会社によっては通話料が無料となる
5−使う使わないは別として、休診日・時間外でも電話が通じる

1−電話番号表示:これは固定電話でも可能ですが、
スマホの方が後の展開が色々と可能。
2−電話をとった時に「河野さん、おはようございます。」と言える
「どうしてわかったのですか?」「声でわかります(笑)」とジョークが言える。
3−このメッセージ送信可はかなりの威力を発揮します。
メッセージのなかに、こちらのメールアドレスを入れて、例えば
「先程はお電話有り難うございました。こちらのメールアドレスは
sacra@connote.jpです。お名前のみのメールを頂ければ登録させて頂きます。
ご予約の確認メール、休診日のお知らせなど役に立つ情報、白い歯を守る情報など
お届け可能になります。ぜひご登録ください」
などのメッセージを送ることができます。
4−フリーダイヤルなどの通話料無料のサービスがありますが、こちらが手軽です。

と、ざっと考えただけでもこんなにも利点有りです。
使わない手はないでしょ!と思いませんか?

display_comparison