BBTime 226 いつから?

BBTime 226 いつから?
「萬緑の中や吾子の歯生え初むる」中村草田男

掲句の解説より「どんな歳時記にも載っている句だ。それもそのはずで「万緑」という季語の創始者は他ならぬ草田男その人だからである。「万緑」の項目を立てる以上、この句を逸するわけにはいかないのだ。草田男自身はヒントを王安石の詩「万緑叢中紅一点」から得たのだという。見渡すかぎりの緑のなかで、赤ん坊に生えてきたちっちゃな白い歯がまぶしいという構図。人生の希望に満ちた親心。この親心のほうが、読者には微笑ましくもまぶしく感じられるところだ」

「生え初むる」とは「初めて生えた」の意味です。教科書的には下の前歯が生え初むる歯です。先日質問されました「子供(乳幼児)をいつ歯医者に連れて行けばいいのですか?」答えは二通り考えられます。1)慣れるため(予防導入) 2)予防目的のため
1)導入目的ならお母さんが(もちろんパパでも可)出産後のチェックや治療で行かれる時にお子さんご一緒をオススメします。俳句にあるように生え始めたらで、目安としては6ヶ月でしょう。クーファンかベビーカーで連れて行って「子供もみて欲しいのですが」と言ってみたらいかがでしょう。ちなみに小生は問診で乳幼児がいらっしゃることがわかればこちら(歯科医)から「是非ご一緒に!」と提案します。ママと一緒なら子供さんは安心だし、診療所の匂い・光・雰囲気を子供さんに体験してもらうだけでも十二分に導入となると思います。導入目的ならば6ヶ月から。

2)予防目的なら基本的には「歯が生えたら」ですが、離乳食を食べ始めたらが良いでしょう。母乳だけなら歯磨きせずともムシ歯にはなりません(母乳に砂糖は入ってませんから)。ヒトを哺乳動物と捉えるなら奥歯が生えないと物を噛みつぶすことはできません、ですから奥歯が一対(上下左右の4本)生えてから(満1歳頃)だと思いますが、現実は違うようで大方6ヶ月になると「離乳食スタート」のようですね。離乳食が始まると砂糖を摂り始めますからムシ歯リスクは高まります。予防目的なら満1歳頃でしょう。

母子手帳記載の文章(アドバイス)やママの常識(誤情報も含めて)では多くの人に当てはまるように数字で表しますが、個人差があります。個人差(歯の生える時期)においては早い遅いはほぼ関係なく(重要ではなく)単なる差です。「口時計」もご参照ください。ママパパにお願いしたいのは「是非、口の中を見てください」です。スマホのライトなどを使って見てください。「はい、アーン」と言ってもおそらく開けてくれませんので「ぎゃー」と大泣きした時にでも見てください。個人的に好きなキューピーマヨネーズに離乳食サイトがありました。

余談ですが言葉「紅一点」は「万緑叢中紅一点:ばんりょくそうちゅうこういってん」がオリジナルです。「紅一点」とはザクロの花のこと。以下ネット検索より「さて「紅一点」という言葉は、「詠石榴詩」に由来するといわれる。この詩は王安石の作とする辞書もあるが、この説には懐疑的な意見が多い。以下「詠石榴詩」を紹介しよう。なお、この詩は引用した二句のみが伝わり前後の部分は不明である。万绿丛中红一点,动人春色不须多。(万緑叢中紅一点 動人春色不須多(人を動かす春色しゅんしょく多きをもちいず):一面の緑なす草むらに一つだけ赤いザクロの花が咲いている。人を感動させる春の景色は多ければよいというわけではない。) 草むらの中に咲くザクロの花。一面の緑の中に、一輪だけ咲く鮮烈なザクロの赤がひときわ目を引く。緑と赤という色の対比の鮮やかさ、そして、この風景を眼前にした詠み人の感動は、千年以上の時を隔てた我々にも容易に想像できよう」出典はこちら。2560
今回の一言:生え初むるが行き初むる!
今回の一曲:逆紅一点のPV で「Camila Cabello の Havana 」

おまけ:万緑の句をこちら「笑顔を磨こう」でも紹介していました。またこちら「ハイクイント五月」もどうぞ。

BBTime 208 ICEが消える!

BBTime 208 ICEが消える!
「雪とけて村一ぱいの子ども哉」小林一茶

「雪が溶けたら何になる?」「氷が溶けたら?」の答えは地域によって様々。南国鹿児島では誰もが「水になる」と答えるでしょうが、北国雪国では「春になる」も正解のようです。タイトル「 ICE が消える!」アイス(氷)とも読めますが、今回のICEは「内燃機関:internal-combustion engine」のこと。

拙ブログで毎度おなじみ「らじるらじるの聞き逃し」。今回はカルチャーラジオ科学と人間「電池が起こすエネルギー革命」旭化成顧問吉野彰氏のお話。この方は「リチウムイオン電池」を発明した人です。13回にわたる長いお話(30分×13回)でしたが、終盤に近づくにつれ目茶苦茶面白くなりました。(聞き逃しは3/1で終了しています)
朗報!なんとyoutubeにアップしてありました!こちらで聞くことができます。

途中銀塩フィルムの話が出てきます。「ある日突然銀塩フィルムは無くなりました、その理由はなんでしょうか?」「実はデジタルカメラではないのです」「デジカメが世に出てきた時にフィルム会社は『デジカメは敵に非ず恐るるに足らず』と判断したそうです」「画素数(クオリティ)コスト(費用)は段違いに銀塩フィルムが良い(勝っている)。デリバリー(供給体制)でやや劣るかな」「むしろデジカメ普及当初はプリントアウト需要が増え、むしろフィルム会社は利益が伸びた」「ところがあるモノが世に出てきて忽然とフィルムが消えた(2002年)」「そのあるモノとは・・」

カメラ付き携帯(シャープ製)が犯人だったんです。当時、銀塩フィルムの画素数が1000万画素かたやデジカメですら25万画素程度、携帯カメラの画素数はもっと低かったと思います。にもかかわらず銀塩フィルム式カメラを駆逐した理由は?それは画像の流れを変えたからとのこと。

銀塩フィルムは「撮影済みフィルムパトローネをDPE(現像焼付拡大)ショップに持ち込んで数日後に取りに行き、必要あらば焼き増しを頼む」の流れでした。さて2000年冬に後発シャープがカメラ付きケータイを世に出したものの思惑通りには売れず、シャープは頭を抱えます。対策会議で幹部が開発者に「このカメラ付きの意図は?」その答えは「これで撮った画像はプリントせずにメールで送るんです」「なるほど!」ということで「写メール」の名をつけ攻勢に転じたところ大ヒット、瞬間業界トップになったそうです。その後は皆様が知る通り・・。カメラ付きケータイは写真の価値観を変えてしまったのです。

リチウムイオン電池なのになぜ?フィルムの話。吉野氏がおっしゃるにはこのフィルムの話は非常に示唆に富むとのこと。簡単に結論を言うと「2025年までは少しづつ変化する」「2025年からはかなりダイナミックに変わる」「ガソリン自動車から電気自動車へ変わる、と同時に自動運転車へ」「無人タクシーのイメージ。AIEV:人工知能電気自動車(吉野氏命名)」「AIEV が普及すると自分で運転する必要がなくなるので、人はマイカーを持たなくなる」「日常費用(ガソリン代、駐車場代他)が減り、広い駐車場は不要となる。10人で1台を保有するイメージ」「月一万円で乗り放題、スマホのコストに似ている」・・・ということは「車は売れなくなる」・・ICE が消えてゾッとするのは車メーカー?

吉野氏は車の近未来は絵空事ではなく、恐らく現実のものとなるでしょうと話されています。高を括っていたフィルムメーカーの敵はデジカメではなくカメラ付きケータイでした。車社会のこれからを劇的に変化させるモノは何か?吉野氏にはそれがなんであるかが見えているように聞こえました。小生が思う、車の近未来が絵空事ではない二つの出来事を紹介します。ひとつはトヨタが売り出したロボット「KIROBO:キロボ」なぜトヨタがロボットを作るの?売るの?吉野氏話を聴いていて小生なりに理解しました。「これからの世の中・車社会・ネット社会・エネルギー事情に最も合致しているものは自動運転車(AIEV)の開発商品化です」と吉野氏曰く。よってトヨタはロボットキロボを作ることなんてお茶の子さいさいなんです。もうひとつがシェアサイクルです。

大都市のみならず地方都市においても「シェアサイクル新規スタート」のニュースを目にします。なぜだろうと思いました。車が小型化電気化なら分かりますが、なぜここにきて「自転車なの?」昔々ラッタッタ(本名:ロードパル)が流行りました。自転車おばさん(失礼)がラッタッタに、ラッタッタおばさんが軽自動車に・・。まだこの流れは理解できます。でもなぜ今更、自転車なの?

恐らくこのベースにあるシステム・考え方が「持たない・所有しない」です。必要な時だけ借りる、観たい時にクラウドから映画、聞きたい時にクラウドから音楽、映画ソフトを所有しない、音楽CDを買わない、マイカーは不要・・。従来エコに配慮した商品やサービスには若干の料金上乗せがあった(レジ袋有料化など)。しかし、これからの商品やサービスは八方美人的で、便利でエコで安くなる、とも吉野氏。

話の中に白熱球も出てきます。白熱球、レコードなどエジソンが世に出したものが消えていく、レコードの後継者CDも風前の灯火。振り返ると小生の世代はこの劇的な変動がまさにオンタイム。吉野氏はおっしゃいます「1995年の人に、今のIT社会を説明してもまず信じないでしょう、そんなことはあり得ないと否定するでしょう」。平成が終わり時代が移ります。ムシ歯がなくなる日もそう遠くないと確信します。2570


吉野彰氏のインタビュー記事はこちら、是非!

おまけ:自動運転車の無人ドライバーから見える(であろう)動画です。

発見!(3/2)カルチャーラジオ科学と人間「電池が起こすエネルギー革命」
旭化成顧問吉野彰氏の話はyoutubeで聴くことができます!
https://youtu.be/YS2oIBCJhcw