BBTime 274 食べるために生きる

BBTime 274 食べるために生きる
「弁当は食べてしまつた秋の空」麻里伊

先日(9/5)BBTime271「食べるために」アップ後、「だから、人は食べるために生きるんや」を反芻(はんすう)しておりました。「生きるために食べる」なら分かりますが「食べるために生きる」・・?

「生きるために食べる」・・これなら、当たり前でしょと素直に理解できます。シンプルにお腹が空いたから食べる、すなわち生きるために食べる。コラムには「生きるために食うのであれば何でもいい」とありますが、そうではない・・。

「忙しなく秋刀魚食べ了へひとりかな」ともたけりつ子
「句集の内容から推して、作者は若い独身女性のようだ。仕事を持ち、ひとり暮らしをしている。仕事帰りに、初物の「秋刀魚」をもとめてきたのだろう。せっかくの季節の物だから、ちゃんと大根おろしを添え、柚子かレモンの汁を滴らせたにちがいない。だが、いざ食べる段になると、季節感をじっくり味わうというのでもなく、いつものように「忙(せわ)しなく」食べ了(お)えてしまった。もはや習い性となってしまったそんな食べ方に、つくづくと「ひとり」を感じさせられている」解説より

「笑ひ茸食べて笑つてみたきかな」鈴木真砂女
「軽い好奇心からの句ではあるまい。八十歳を過ぎ、心から笑うことのなくなった生活のなかで、毒茸の助けを借りてでも大いに笑ってみたいという、一見するとしごく素直な心境句である」解説より。画像は「笑ひ茸」にあらず(笑)。こちらもどうぞ

「淋しさに飯を食ふ也秋の空」小林一茶
「二番目の妻を離別した後の文政八年(1825年)の句。男やもめの「淋しさ」だ。昔の男は自分で飯を炊いたりはしないから(炊けないから)、飯屋に行って食うのである。いまどきの定食屋みたいな店だろう。そこにあるのは、何か。もちろん飯なのだが、飯以上に期待して出かけるのは、ごく普通の人々とのさりげない交感の存在だろう。いつもの時間にいつもの人たちが寄ってきて、ただ飯を食うだけの束の間の時間が、世間並みの暮らしから外れてしまった男には安らぎのそれとなる。ホッとできる時間なのだ」解説より

「舌噛むなど夜食はつねにかなしくて」佐野まもる
「季語は「夜食」で秋。なぜ「かなし」なのかといえば、夜食は本来夜の労働と結びついおり、夜遊びの合間に食べるというものではないからである。夜遅くまで働かないと生活が成り立たない、できればこんな境遇から逃げ出したい。そんな暮しのなかにあっての夜食は、おのれの惨めさを味わうことでもあった。ましてや「舌噛むなど」したら、なおさらに切ない」解説より

「よくかんで食べよと母は遠かなかな」和田伊久子
「伴うのが寂寥感であれ清涼感であれ,「かなかな」の声は郷愁につながっていく。「子供にも郷愁がある」と言ったのは辻征夫だったが、ましてや掲句の作者のような大人にとっては,「かなかな」に遠い子供時代への郷愁を誘われるのは自然のことだ。遠い「かなかな」,遠い「母」……。もはや子供には戻れぬ身に、母の極めて散文的な「よく噛んで食べよ」の忠告も,いまは泣けとごとくに沁み入ってくるのだ。私たち日本人の抒情する心の一典型を、ここに見る思いがする」解説より。「遠かなかな」もしくは「母は遠」をどのように読むかは解説にはありません、どう読むのでしょうか?

「けふいちいち食べるものある、てふてふ」種田山頭火
「放浪行乞の身の上で、いちばん気がかりなのは、むろん「食べるもの」だ。それが「けふ(今日)いちにち」は保証されたので、久方ぶりに心に余裕が生まれ、「てふてふ」の舞いに心を遊ばせている。好日である」解説より

常々、食べることに関する俳句が多いなあと思っておりました。究極とも言える五七五、十七文字で共感可能な「感動」を表現するに「食」が取り上げられるのも何となく合点がいきます。食べることは生きること。「生きる」とはただ生活年齢を重ねるのではないと思います(もちろん十人十色ですが)。「食べる」と「生きる」は表裏一体なのです、きっと。食べることは生きること・・そのためには健康な口・健全な歯が必要です。7320

BBTime 272 脱プラスチック

BBTime 272 脱プラスチック
「ワタナベのジュースの素です雲の峰」三宅やよい

ジュースの素はさておき、ストローなど身近なプラスチック製品が海洋汚染、海洋生物・海洋環境の破壊の素だとしてこの夏、大問題としてクローズアップされました。主犯は「マイクロプラスチック」です。BBTime032「一粒万倍」に書いております。「マイクロプラスチックという言葉をご存じでしょうか、近頃結構ニュースに出てきます。環境中に(本来なら存在しないのに)存在する1ミリもしくは5ミリ以下の小さなプラスチック粒子のことです。問題点を簡単に言うと人間生活から排出された微小なプラスチックが回り回って、食物連鎖を経て、食べ物としてヒトの口にはいったり、野生生物にダメージを与えたり、環境破壊の一翼を担っているということです」拙ブログより。

秋の味覚代表の秋刀魚のはらわた(小生大好き)にマイクロプラスチックが詰まっていたら・・ゾッとします。ジュースの素(顆粒・粉)は水に溶けますがマイクロプラスチックは溶けません。

山の岩が川に落ちて砕かれ小石となって、最後海の砂となるが如く、日々の生活で何気なく使って捨てているレジ袋、歯ブラシ、ストローなどが海のマイクロプラスチックとなり得るのです。

今日からできること・・たくさんあります!コンビニでストローをもらわない、スクラブ入りの製品(洗顔フォーム・歯磨き粉)を買わない、もちろんペットボトルポイ捨てダメ!企業間にも動きが始まっています、プラスチックストローを使わない、製造しない、新素材の開発等々。1980年ごろから始まって1990年ごろには切り替わった缶ジュースのプルトップを思い出しました。

bytaps:バイタップスという名の歯ブラシがあります。説明に「毎日使うから、毎日使いたくなるものを 毎日必ず、何度も使用するハブラシ。だからこそBYTAPSはブラシ交換型の形状を採用し、 ハブラシを使い捨ての制約から解放。機能美を持つデザインと、日本の職人の技術力が、手にするたびに感じる歓びを生み出しました」と。歯ブラシの使い捨ても考え直すべきかも・・。手元に未使用のbytapsがあります(経緯はこちら)、使い捨て歯ブラシをやめて変えようかしら・・(この夜変えました!)

空心菜」という野菜です、先日初めて食べました。名の通り茎がストロー状になっています。ラジオ「全国食べものうまいもの」で実際ストローとして使うこともあるとの話(10/01まで聴けます)。脱プラ始めましょう!ついでに「脱ムシ歯」「脱ムシ歯治療」も!最後に冒頭の句は「雲の峰=入道雲」が夏の季語、季節外れですがご容赦を。こちらもどうぞ。0850

BBTime 271 食べるために

BBTime 271 食べるために
「九月来箸をつかんでまた生きる」橋本多佳子

解説に「多佳子は生来の病弱で、とくに夏の暑さには弱かったという。したがって、秋到来の九月は待ちかねた月であった。涼しくなれば、食欲もわいてくる。「さあ、また元気に生きぬくぞ」の気概に溢れた句だ」とあります。1950年頃の句で奈良にお住まいだったようで、扇風機しかない当時、病弱な作者にとって暑さを乗り切るのは大変だったのでしょう。

9/1の折々のことばにまたしも溜飲を下げました!
寂しくなった時、うまいもん食べたいと思うんや。嬉(うれ)しい時、おいしいもん食べよと思うんや。だから、人は食べるために生きるんや 田村隆
鷲田さんのことば
料亭「つきぢ田村」の三代目は、祖父からそう聞かされたと回想する。生きるために食うのであれば何でもいい。けれども人はものを味わい分ける。ただ受け入れるのではなく、よく調べて判断する。つまり吟味する。ちなみにホモ・サピエンスというときのサピオー(知る)も辞書によれば原義は「味わう」である。『隠し包丁』から。(鷲田清一」朝日新聞折々のことばより

カルノなりに解釈します。『寂しくなった時、うまいもん食べたいと思うんや』=寂しい時、寂しさを紛らわす・自分自身を慰める・己を癒すために「うまいもん」を食べる→「うまいもん
」は癒しです!
『嬉(うれ)しい時、おいしいもん食べよと思うんや』=嬉しさを誰かと共有したい、感謝の気持ちを共有したいから「おいしいもん」を食べる→「おいしいもん」は感謝です!
『だから、人は食べるために生きるんや』=喜怒哀楽の織りなす日々、さまざまなシーンで「食べる」ことが悲しみを半分に、喜びを倍にしてくれるのです。「生きるために食べる」やなしに「食べるために生きる」深い深い意味を持つように思えます。

「うまいもん」「おいしいもん」の基準は人それぞれですが、「あまいもん」は老若男女に共通する「美味しいもの」でしょう。ムシ歯予防のために「甘いものを制限しなさい」なんて荒唐無稽な話です。「食べるために生きる」も「ムシ歯予防」も味わい深いと思うホモ・サピエンスのカルノでした。BBTime 261「あんぱん」も是非お読みください。0230


おまけ:ブログアップ後に「ほぼ日」読んでいたら、これぞまさしく「うまいもん」を見つけました。美味なるものを「うまいもん=癒し」と「おいしいもん=感謝」に分けるとするならば「ラーメン」はまさしく「うまいもん」で、最後に出てくる「とんかつ」は「おいしいもん」かも。


BBTime 269 人生七味唐辛子

BBTime 269 人生七味唐辛子
「新涼や豆腐驚く唐辛子」前田普羅

作者は昭和29年没の高浜虚子に師事した俳人。先日、朝日新聞の「折々のことば」に「人生、七味とうがらし」を見つけました。「折々のことば」は第一面左隅、鷲田清一氏によるコラムです。
「人生、七味とうがらし ある占師
鷲田さんのことば うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ。人を翻弄(ほんろう)するこれら七つの性(さが)は、いずれも自他の比較に由来する。他人と較(くら)べる中でしか自己を見ることのできない人の宿痾(しゅくあ)であり業であるが、これと正面から向きあうことで人生の味わいもいっそう深まると、テレビ東京系の連続ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」(原作・江上剛)に登場する謎の占師は言う。(鷲田清一)」朝日新聞

*「うらみ・恨み・怨み」恨むこと(心)、恨む=ひどい仕打ちをした人に対して機会有らば仕返しをしてやろうと思う気持ちを、いつまでも忘れずに持ち続ける。(望み通りにならなくて)残念に思う。
*「つらみ・辛み」つらい気持ち。つらい=その状況に身を置くことが苦痛に感じられて、出来ることなら自分としてはその状態から離れたい(そうしないで済ませたい)感じだ。
*「ねたみ・妬み」ねたむ気持ち。ねたむ=他人の幸運・長所をうらやんで、幸福な生活のじゃまをしたいという気持ちをいだく。
*「そねみ・嫉み」そねむ気持ち。そねむ=(他人の幸運や長所を見て)自分にはそれが望み得ないことを不満に思い、相手に悪いことが起こればいいと思う。
*「いやみ・嫌み・厭味」=相手の弱みなどを衝(つ)くようなことを遠回しに言ったりしたりして、引け目を感じさせようとすること。また、その行動。
*「ひがみ・僻み」僻む気持ち。ひがむ=(自分に関係の有る物事について)曲解して、自分ばかりが損な(低い)立場に立たされていると思い込む。
*「やっかみ」(東北・関東方言)ねたむ。そねむ。
「性」=自分の力ではどうすることも出来ない、生まれつきの性質やめぐりあわせ。
「宿痾・しゅくあ」=治りにくく、一生かかっていると思われる病気。(新明解国語辞典第七版より)

七味唐辛子・七色唐辛子のレシピはいくつか有るようです。以下八幡屋礒五郎より
「七味を彩る七つの素材:七味唐辛子を構成する素材には定義がありません。「七つの素材=七味」がブレンドされた唐辛子であれば、すべて七味唐辛子と呼べます。店ごとにそれぞれの「七味」があり、その調合に工夫があり、それが味や香り、色などの特徴となって表れています。八幡屋礒五郎の七味は、辛味を出すための唐辛子、辛味と香り両方を併せ持つ山椒・生姜、風味と香りの良い麻種・胡麻・陳皮・紫蘇の七つ。辛味と香りの調和のとれた独特の味わいが特徴です」(ホームページより)
「味に歴史あり:日本に七味(七色)唐辛子の老舗は三軒あります。東京・浅草「やげん堀・中島商店」さん、京都・清水の「七味家本舗」さん、そして長野市・善光寺の「八幡屋礒五郎」です。
「やげん堀・中島商店」さんの七味唐辛子の原料は、生唐辛子、焼き唐辛子、胡麻、山椒、陳皮、ケシの実、麻の実。生唐辛子と焼き唐辛子の両方を使った辛さと胡麻の風味が特徴です。
「七味家本舗」さんの七味唐辛子の原料は唐辛子、山椒、麻の実、白胡麻、黒胡麻、青のり、青紫蘇。唐辛子以外はすべて香りを持った素材を用い、香りを立たせているところが特徴といえるでしょう。「八幡屋礒五郎」の七味唐辛子はこの二軒と比較すると、辛みも香りも両方を立たせた構成となっていますページ







画像は「八幡屋礒五郎」より拝借。順に「唐辛子・生姜・紫蘇・山椒・陳皮・胡麻・麻種」で七味。おまけは小生のインスタグラム投稿文章です。4500

曲はドナ・サマーの「Hot Stuff」!

BBTime 268 スイカット!

BBTime 268 スイカット!
「西瓜切るザックリと父がいる」西澤幸佑(中1)

今頃スイカ?と思いつつ、面白い写真を見つけたので御紹介。雑誌「エル・グルメ」のインスタグラムへの投稿です。「Instagramインスタグラム)は、無料の写真共有アプリケーション。日本では「インスタ」とも呼ばれることもある」ウイキペディアより。では早速投稿を!

*グルメといえばやはり「旬」を大切にして欲しいところですが・・

*ブロック遊びかパズルのような切り方・食べ方

*こんなアイスキャンディありそうな

*スイカのカット色々、けど食べ方は同じ(笑)カットの種明かしは・・

*ネットで見ると夏バテには効果絶大のようです!曲は「water melon man」スイカ売り 4200


ちなみにカルノのインスタグラムは hideky1961
スイカ甘いか」もどうぞ。

BBTime 265 新豆腐

BBTime 265 新豆腐
「新豆腐切る朝風も揃えて切る」村上友子

掲句で「新豆腐」が季語であることを知りました。新豆腐「秋に収穫された新大豆で作った豆腐のこと」、言われてみれば「新酒」「新蕎麦」同様、材料が農産物であれば「新」があり「旬」もあるんですよね。昔、唐津「川島豆腐店」でざる豆腐を食べた時のご主人の言葉を思い出しました。当時、主に福岡産の大豆使用で新大豆収穫後大豆(の成分)が落ち着く十月十一月頃が豆腐の「旬」ですよ!とのことでした。

ふと思い立って「米抜き晩飯」にして1ヶ月以上経ちます。体重減少を目論んだわけではないのですが、結論「いいです!」いくつかの現象を報告します。ちなみに小生「朝:丼で具沢山味噌汁、昼:パン、夜:しっかり(スイーツあり)」のスタイルでした。しっかり晩御飯からお米を抜いてまず起こった変化は1)時が来るとはっきりとお腹が空くようになった、グーッと鳴ります。2)体重はあまり変化なし。3)身軽さを感じる。4)お米の代わりの夕餉定番が「豆腐」!

1ヶ月以上経て思うに1)恐らくご飯(夕食時のお米)の分だけ食べ過ぎていた。2)ご飯(お米)はかなり腹持ちがいい。3)お米がなくても全く問題なかった、です。特に白ご飯に変わって定番になった「豆腐」には感謝、ついでに「豆腐一丁」について調べてみると数詞「丁:ちょう」の由来はイマイチはっきりしないようです。

丁とくれば半です。半は奇数、丁は偶数。ネットで検索すると「偶数と切っても切れない豆腐の数え方」などの記事を見つけましたが、釈然としません。勝手に思うに(新説)丁半賭博(ちょうはんとばく)の主役であるサイコロに豆腐が似ているからではないのかな。歴史的にはサイコロ2個分が一丁で、スーパーでよく見るパック入りは半丁です。これは半丁。

豆腐とはあまり関係はないのですが、最近気になった記事を二つ御紹介。一つ目は「砂糖税」二つ目は「透明飲料」。しつこいようですが下の画像が一丁。

一つ目「肥満と戦う最適の方法は税金かもしれませんというお話です」
「英国では砂糖を使った飲み物値段が新たに導入された砂糖税によって上がりました。砂糖税は2016年3月に交付されて2018年から適用が開始され4月に入り導入後3ヶ月を超えたタイミングです。しかし、すでに大きな変化が起きています。コカコーラのような古き良きレシピを守って値上げを甘受したブランドもあります。一方、英国で飲料を発売する企業の50%が砂糖税の対象にならないようにレシピや含有物、甘味料を変えたと報告されています。
このように税金の目的は税収の拡大ではなく、拡大を続ける肥満への国レベルでの対応を促すための施策として使われています。英国パブリックヘルスケア担当大臣は「英国の10代は1年間にバスタブ1杯分の砂糖を口にしている、ヘルスケアのシステムを守るには肥満との戦いが必要」と語っています」出典こちら

また「タバコ、酒、砂糖にもっと課税すれば死亡率は下がるー現役医師が提言」の記事では「現在、地球上の全ての人間の死亡原因の約70%は生活習慣病です。毎年、700万人以上の人々がタバコが原因となる病気で死亡しています。同じように、300万人以上の人々がアルコールが原因となる病気で亡くなっています。1970年代と比べて、2010年代では、世界中の子供たちの肥満者の割合が10倍以上に増えています。この間、砂糖の消費量が世界的に増えたことが大きく関係しています。最近1年間では、世界で少なくとも400万人以上の人々が肥満が原因となる病気で死んでいるのです。そこで注目されているのがSTAX。人類を生活習慣病による死亡から救う最強のツールです。でも、これは薬でもなければ、医療機器でもありません。STAXはSugar Tobacco Alcohol Taxの略語であり、健康に有害なものにより多くの税金をかける政策介入です。すなわち、砂糖、タバコ、そしてアルコールに課税することが人々の命を救うのです」記事はこちら。白い四角でも「豆腐」と「角砂糖」では大違い!

二つ目は又々「透明飲料」の記事で「紅茶もコーラもビールも・・増える「透明飲料」がウケる理由」記事はこちら。透明飲料の不透明さについては「不透明飲料」「透明飲料」「ミズトニック」「色気なしビール」にしつこく書いておりますのでお読みください。記事の終わりに日本とは違う理由でイギリスのことが「イギリスでは昨年、色のないコーヒーが発売された。「“歯にステインがつかない”のがウリの商品です。欧米は歯に対する意識が高いので、そういう打ち出し方をしている。日本もカフェラテ、紅茶などステインがつきやすい飲料に関しては、クリア飲料を常飲する理由になると思います」なるほど、今後もますます透明化が進みそうだ。」記事はこちら

晩御飯に「お米より豆腐を!」とは言いませんが、砂糖たっぷりの見た目透明な不透明飲料よりは、透明な水か真っ白な牛乳を勧めますけどね。8560



最後の曲は「NHKラジオフランス語講座」の開始曲です。外国語学習とムシ歯予防は日々コツコツが王道!

BBTime 263 スイカ甘いか

BBTime 263 スイカ甘いか
「風呂敷のうすくて西瓜まんまるし」右城暮石(うしろぼせき)

好きな句です。昔、子供にとってスイカは夏の果物の王様。今では「冷蔵庫で場所を取るから・・丸ごとは買いにくい・・皮の処理が面倒・・等々」でスイカ離れと聞きます。祖父の家では西瓜を作っていましたので句のようなシーンはあまり記憶になく、台所土間の片隅に鎮座していました。
「冷蔵庫西瓜もつともなまぐさし」山田みづえ

「裂ける音すこし混じりて西瓜切る」齋藤朝比古
いざ切るときは大騒動で、母を取り囲んで見守りつつ、包丁を入れた時の「音」(ピシッ・パリッ)で美味しそうだなと勝手にイメージして口の中は唾液でいっぱい!

「西瓜喰ふ欠食児童のやうに喰ふ」佐山哲郎
「どんなふうに食べようが勝手とはいうものの、西瓜を上品にスプーンですくって食べている人を見ると、鼻白む。あれで美味しいのだろうか。句のようにかぶりついたほうが、よほど美味いと思うんだけど」解説より。(「鼻白む:はなじろむ」初めて見る言葉!「興ざめする」意の)夏休み、田舎に帰省すると縁側にお盆に入った西瓜が運ばれてきて、勿論かぶりついて、種飛ばしでした!

西瓜の存在が薄くなったのは大きさや食べ方もさることながら、味だと思います。甘いスイカでもやはり「水っぽい甘さ」です。日頃からチョコやアイスクリーム、スタバの甘さに慣れてしまうと「西瓜の甘さ」は魅力薄い味に感じるのではないでしょうか?言わば「ガツン系の甘味」が普通になると、もはや甘いスイカでも敬遠されます。

子供の夏の定番「西瓜とラジオ体操」・・この夏もう一度取り戻してみてはいかがでしょう。西瓜の甘さが物足りないと思ったあなたは要注意!BBTime242 「不透明飲料」に引用した仏ジャック・ピュイゼ博士の記事に「味覚の開花」という表現が出てきます。「私は個人的には、コカコーラやケチャップ、キャンプ用の簡易食品を食べる子どもを見てもあまり憤りを感じません。私の願いは、そういう子どもたちがそういう食品しか知らないのを避けたいだけです。子どもの味覚が開花するのを助けるのは私たち、(中略)もし子どもが「偏った味覚の持ち主」になるなら、それは特別の場合をのぞき、私たちのやり方に問題があったということです」出典はこちら。味覚が開花しなかったら、偏った味覚の持ち主になったら、それは人生において多大なる損失を被るのに等しいと思います。酸いも甘いも、苦いも辛いも味わえる人生の方が楽しいに決まってます!と小生は思いますがね。5000


おまけ:夏スイーツの記事見つけました・・「ホテルメードの夏スイーツ

おまけのおまけ:今回「シーカーズ」の曲をご紹介。スイカ→スイカー→シーカー→シーカーズのダジャレ・・。ふと気がつきましたがこの曲、BBTime245「ミズトニック」の最後でも紹介してました、なぜかタイトル違いますけど。

さらにおまけ:スイカスムージーの記事をインスタに見つけました。詳しくはこちら

BBTime 262 もも

BBTime 262 もも
「桃食うて煙草を喫うて一人旅」星野立子

解説に「車中吟だろう。車内はすいている。おまけに、一人旅だ。誰に遠慮がいるものか。がぶりと大きな桃にかぶりつき、スパーッと煙草をふかしたりもして、作者はすこぶる機嫌がよろしい。「旅の恥はかきすて」というが、可愛い「恥」のかきすてである。昔(1936年の作)のことだから、男よりも女の一人旅のほうが、解放感が倍したという事情もあるだろう。私は基本的に寂しがり屋なので、望んで一人旅に出かけたこと」とのこと。国鉄からJR へと乗り継いだ小生も一人旅は好きでした(多かった)。小生ならさしずめ「桃食うてシャンパン飲んで一人旅」即席ベリーニを楽しみましょか。

さて桃は「不老長寿の果物」と言われますが、先日(7/21)平均寿命の記事を目にしました。「2017年の日本人の平均寿命は女性が87・26歳、男性が81・09歳で、いずれも過去最高を更新した。20日に厚生労働省が発表した「簡易生命表」で明らかになった」朝日新聞記事より
平均寿命の上位5カ国・地域
〈女性〉香港87・66歳 日本87・26歳 スペイン85・84歳 韓国85・4歳 フランススイス85・3歳
〈男性〉香港81・70歳 スイス81・5歳 日本81・09歳 ノルウェー  80・91歳 スウェーデン80・72歳

前回「あんぱん」で「人は甘いものが好き」ではなく、進化論的には「人が好いたものが甘かった」と書きましたが、先日JR 車内でひとり考えておりました。甘いもの、果物でもお菓子でも食べた時に感じる安堵感・幸福感もこれと関係しているのではないか?と。その昔、笑い療法士の講習会で「笑い」の原点は「嘔吐」であろうと習いました。歩いていたヒトが何か見つけた→「食べ物だろうか?」→匂いを嗅いで、ちょっと舐めて→「大丈夫そう」→ガブリ!・・ありゃりゃ中が腐っていた→ゲっと吐き出す(嘔吐)→「ああ、助かった(病気にならずに済んだ)」→安堵で笑顔(笑い)

人が甘さを感じた時の「幸福感」はダイレクトに長寿に繋がったことへの幸福感なのでは?「BBTime 038 無事の人その参」に「あんパンとクリームパンが和らげた被災者の不安」の記事を紹介しました。これぞまさに「あんパンの甘味が無事を実感させる」です。やはり桃は長寿の食べ物のようです。あんパンも!

ベリーニといえば銀座の「オーパ」、一人旅でぶらりと行きますかね。3000
そうそう冒頭の「星野立子さん」にはこんな句も!
「美しき緑走れり夏料理」星野立子


追記:「頑張りんしゃい・・国内最高齢115歳」の記事が出てました。「甘い物が好きで、缶コーヒーや栄養ドリンク、炭酸飲料をあわせて毎日3本は飲む。27日の昼食。「おいしい、おいしい」とにこにこしながら、ご飯やおかずを自分でもりもりと食べた」記事より。この方にとって、甘い物は間違いなく「不老長寿の薬」のようです。

BBTime 261 あんぱん

BBTime 261 あんぱん
「厚餡割ればシクと音して雲の峰」中村草田男

今回、句の解説を読み返して「厚餡:あつあん」=「あんぱん」ではなく、薄皮饅頭やあんぱんのことと知りました。「薄皮の饅頭(まんじゅう)でしょうか。特に冷やしてあるわけでもないのに、手にする「厚餡」入りの菓子はどこか冷たく重く感じられます」解説より

ところで、TED=テドをご存じでしょうか?Technology Entertainment Design でTED 。最近観た「ダニエル・デネット:かわいさ、セクシーさ、甘さ、おかしさ」面白かったので御紹介。簡単に言うと「あんぱん→甘い→人が好む」あんぱんは甘いから人が好んで食べる・・ではなく「人が好んで食べるものが、たまたま甘かった(少なくともヒトは甘いと認識している)」が進化論的には正しいのだそうです。
「さて 今日はダーウィンの逆転した奇妙な推論の他の例を話します 始めは混乱しますがこちらも同じように重要なことです チョコレートケーキは甘いから好きというのはもっともです 男性がこういう女性を好むのはセクシーだから 赤ちゃんを溺愛するのはかわいいから そして ジョークが楽しいのはおかしいから」TEDより

「これらは全て反対です なぜなのかダーウィンが示してくれます まずは甘さですが 私達が甘味が好きなのは糖分探知機として進化したからです 大雑把に言えば 糖分は高エネルギーなので それを好む様に 脳の配線が組まれたのです 私達が好きだからハチミツは甘いのです 「甘いから 私達はハチミツを好む」ではないです 本質的にハチミツに甘さがあるわけではありません ブドウ糖分子を凝視しても それがなぜ甘いのかはわからないでしょう なぜ甘いのかを知るには脳の中を見なければいけません ですから始めに甘さがあり 私達が甘さを好むように進化したと考えるのは 順番が違っています 本当はその反対です 甘さは進化上の関係付けの中で生まれました」TEDより

分かるような分からないような話ですが、おそらく「いつ食べられるか分からない時代に、生き延びるためには高エネルギー食物の方が良い」と経験的に知り、進化の中で「高エネルギー=糖分多し=甘いもの」を選ぶ(好む)ようになったのでは?

世の中には辛党(酒好き)の方もいらっしゃいますが、多くの人は「美味しいお菓子」を口にします。昔の小生、甘いお菓子=ムシ歯の原因=ムシ歯予防の敵・歯医者の敵と思っていましたが今は違います(苦笑)。永い長い進化の中で結果的にヒトは「甘み」を選ぶようになったのです。

砂糖は安価に容易に手に入ります。砂糖の使用を控えましょうと言っても説得力は無いと思います。砂糖の体への弊害はムシ歯以外にも多々ありますが、ゼロにすることは不可能でしょう。要は甘さ・甘みといかに賢く付き合うかでしょうね。1600

BBTime 259 嘘か誠か

BBTime 259 嘘か誠か
「紫陽花やきのふの誠けふの嘘」正岡子規

リトマス試験紙は紫陽花から作られるとはウソですが・・嘘か誠か?を三つ四つ。
1)子どものムシ歯予防に最も効果的なことは?
2)歯磨き粉は使うの?
3)就寝中は入れ歯は外すの?
4)キシリトールはムシ歯菌を減らすの?

1)小学校卒業の日にムシ歯が一本もないために最も効果的な予防法は・・実は第三者による歯磨きです。多くの場合は母親・父親による仕上げ磨きになりますが、この仕上げ磨きが最も確実なムシ歯予防方法です。それは大変!と思われる親御さんには定期的(1〜2ヶ月に1回)な歯科医院でのチェック・歯磨き・フッ化物応用が手軽な方法です。できれば中学校卒業式まで仕上げ磨きをして欲しいところです。

2)歯磨き粉不要とは言いませんが、使うタイミングがポイント!食後でも就寝前でも磨き始めは「唾液磨き」をオススメします。利点沢山!歯ブラシさえあれば場所を選ばない、長時間(5分以上)磨ける、コストゼロ、唾液の免疫能を利用できるなど利点多し。抵抗ある方には「フリスク磨き」「ミンティア磨き」を勧めます。噛まなければ3分ほどで溶けます、2個で6分間(1個目が溶けてから2個目を口へ)。

3)「イビキがテビキ」「不顕性誤嚥」で書きましたが、イビキによる唾液の吸い込み、すなわち不顕性誤嚥は誤嚥性肺炎の原因のひとつです。口の中の高さ、ベロの表面から上顎の距離が狭くなると気動(空気の通り道)が狭まってイビキをかきやすくなります。入れ歯を外したままお休みになると、特に総入れ歯の方は非常に狭くなります。お休み前に入れ歯をキレイにした後は是非口の中に入れてお休みください。入れ歯を入れると歯茎が痛い方はまずは痛くないように入れ歯の調整を受けられることをオススメします。

4)キシリトールによってムシ歯菌が減り予防効果ありは誠ですが・・。「キクシル・トーク」の中に見つけてしまいました。キシリトールガム・タブレットは「あ、そうだキシリトールガムを噛もう」程度では予防効果は期待できません!以下引用
「出産を控えた妊婦さんからお年寄りまで、ほとんどの人がむし歯の原因菌であるミュータンス菌を持っています。キシリトールは砂糖と同じくらいの甘みがある成分で、ミュータンス菌を減らす機能があります。日常的に摂取することにより、むし歯のリスクを減らします。小さいお子さんがいるご家庭では、周りの大人の方が摂取することでお子さんへのミュータンス菌の伝播を防ぎ、むし歯のリスクを減らすことができます。
むし歯予防のポイントは ①歯みがきをきちんとする ②フッ素入りの歯みがき剤を使う ③正しい食生活 ④年2回の歯の定期健診 の4つ。私たちはこれを「むし歯予防の四つ葉のクローバー」と呼んでいます。そして、クローバーの芯の部分に位置づけられるのがキシリトールです。

日本フィンランドむし歯予防研究会ホームページより
キシリトールを摂取するたびに、この4つを思い出してください。
歯の健康の貯金は、全身の健康の貯金になります。将来後悔しないために、若いうちからむし歯予防に努めたいですね。」キクシル・トークより引用

この図表の下の部分の文章をお読みください。
「むし歯リスクの高い成人が無作為に2群に割り付けられ、キシリトール群はキシリトール(2.5g/day)という成分の入ったガムを、対照群はコントロールガムを1回5分間、1日6粒、1年間咀嚼しました。その結果唾液中のミュータンス菌がキシリトール群(64名)は有意に減少しました。」キクシル・トークより引用
まず、キシリトールの量が重要で1日あたり2.5g必要です。そのガムを1日6粒、1回5分間。すなわち1日30分間、1年間ガムを噛んでの結果です。相当高いハードルだと思いませんか?昨日ひと粒、今日ふた粒噛んだ程度では全く予防効果は期待できないと言えるでしょう。

別サイト「日本フィンランドむし歯予防研究会」に載っている表です。ここでは3ヶ月以上の摂取を勧めています。毎日続けないとすぐさまムシ歯菌のレベルが元に戻る(元の木阿弥)ということです。

昨日の誠が今日の嘘に、今日の嘘が明日の誠に・・?ムシ歯予防には王道(近道)なしでしょうか。ネットやCMを鵜呑みにせず、かかりつけ歯医者を上手に利用されることをオススメします。5650