BBTime 500 緒:いとぐち

BBTime 500 緒:いとぐち
「湯豆腐やいとぐち何もなかりけり」石原八束

まずは解説を・・『どうですか、湯豆腐でも。冷えてきたことでもありますし……。誘って、鍋を間にしたまでは事は首尾よく運んだのであるが、その後がどうもいけない。この人と二人きりになったら、以前から切り出そうと思っていた話題が、うまく出てこない。なんとも曖昧な会話を交わしている間に、鍋のなかはほとんどカラッぽだ。ただただ、豆腐の破片のような空しい時間が過ぎていくばかり。このとき、鍋の相手は間違いなく男だろう。湯豆腐をいっしょに食べられる女とだったら、何も話に困ることもないからである。そうですよね、みなさん。とはいっても、もしかするとこれは厄介な別れ話ということも考えられる。……と、瞬間的にいま感じた方がおられたら、隅にはおけない存在とお見受けせざるをえない。『高野谿』所収。(清水哲男)』(解説より)。今回はいとぐちについて。

このタイミング(1/13)で、新型コロナの新型が現れるとは・・(トホホ)。前回の「知るほどに」に書いたように、まさに神のみぞ知る明日、来月、今春です。さて依然として治療法のいとぐちがまだまだのようですが、感染予防の「ヒント・いとぐち」ではないかと思うことがあります。手前味噌ですが「歯科診療所でのクラスタは少ない」のです。はっきり言うと小生の知る限りでは「歯科診療所でクラスタ」はいまだゼロです(情報が少ないだけかも知れません)。訳を考えました、結論から申します。新型コロナウイルス感染症は「ウイルスを含んだ唾液沫を直接飲み込むと感染しやすい」のだと思います。

歯科治療中をイメージしてください。患者さんは口を開け、歯科医やスタッフは口の中を覗き込みます。唾液を触りますし、マスクしていない患者さんと会話します(患者さんがマスクしていると治療不可)。にもかかわらず意外と感染しないのです。従事者(歯科医師・歯科衛生士・歯科助手)は、マスク・グローブは必須で小生はメガネ(拡大鏡付き)を着用します。マスクの上からフェイスガードなどは使っていません。他の医療従事者と大きく違うのは「バキューム」だと思います。ご経験おありでしょう、口の中の唾液などを吸うバキュームで、これは究極の換気です。仮にウイルス保有者が患者さんとして口を開けていても、その方の唾液の飛散はバキュームよって阻止されるのです・・おそらく。

と言うことは・・繰り返しますが「唾液沫を直接吸い込まないこと」が緒(いとぐち)だと思います。具体策として、常時マスク着用、会話の際はマスク必須、食事時は可能な限り横並び(対面ではなく)で席につく、怪しい人(感染疑わしい人)とは会話も食事も遠慮する、など自己防衛策でしょう。先日「海鮮丼」の有名な魚屋さんで食事した際、相席のママ友と思われる二人の女性のお一人が、マスクなしで結構大声で喋り続けていたので、思わず別テーブルに移りました。美味しい海鮮丼が「感染丼」になったら洒落にもなりません。

「湯豆腐の湯気に心の帯がとけ」金原亭馬生(十代目)・・気持ちはわかりますが、帯や褌はしっかりと締めてください。以前、京都妙心寺で坐禅したことがあります。食事の際、原則無言です。無言で美味しいものを食べることほど、苦しいことはありません。美味しいものを口にすると話したくなります。しかし、今だけは・・自制するしかないでしょう。

「湯豆腐やいのちのはてのうすあかり」久保田万太郎・・久保田万太郎はこの句を詠んだ五週間後に急逝しています。「いのちのはての」ではなく「命を救う」薄明かりとは、ひとりひとりの行動です。マスクも有効です、二枚目マスクである口の免疫も有効です、そのために口の中はキレイに。今こそ定期的口腔内清掃をお忘れなく!皆さま、ご自愛の程ご歯愛の程。7010

BBTime 499 知るほどに

BBTime 499 知るほどに
「神のみぞ知ることの多すぎる春」稲畑廣太郎

「春」には、ちと早いのですが・・『平成二十二年三月、と前書きがある。この一年後の平成二十三年三月から今日までのさまざまを思うとまさに、多すぎる、が今現在の実感として伝わってくる。掲出句が生まれたきっかけは何か個人的なことだったのかもしれないが、クリスチャンである作者の神に対する思いは常日頃からきっと深く、全ては神の思し召し、と受け止めていたと思われる。それでもそれにしても、と口をついて出た言葉がそのまま一句となっている。大地が芽吹き花が咲き、多くの人生の門出が祝われるこの季節に、その人生が思いもよらない方向へ行ってしまう出来事が次々起きる昨今。五、五、五、二、の破調が、そんな不本意な春をこの先もずっと語り残す。『玉箒』(2016)所収』(解説より)。東日本大震災は2011年平成23年3月11日、阪神・淡路大震災は1995年平成7年1月17日のこと。

「神のみぞ知る」と発言してブーイングを受けた大臣もいましたが、この世はまさに「神のみぞ知る」「一寸先は闇」です。明けたばかりの2021年もこの先どうなるやら。今回は違う意味合いの「知る」について。

洋書「CHIC SIMPLE」の前書きに「The more you know, the less you need.」とあります。訳せば「知るほどに、必要なくなる」でしょうか。前回「人生の触媒」に書きましたが、まさに小生にとってのいいモノは「The more you know, the less you need.」です。ちなみにこれはアボリジニの言葉です。

学生時代に「閾値:いきち・スレスホールドthreshold」を習いました。例えば「痛い」・・人によって痛みの感じ方(痛いか、痛くないか)は異なります。痛みに対する閾値が低い人は、ほんの少しの刺激でも「痛い」と感じ、閾値の高い人は言わば「痛みに強い」「痛みに鈍感」となります。閾値とは、その人のその物事に対する物差しであり、最低限の基準と言えましょう。

話を「知るほどに」に戻します。スペシャリティ珈琲を知って外食の際、デザートと共に供される珈琲が飲めなくなりました。選択肢があれば別の飲み物にします。それまで珈琲は黒っぽく苦いもので、ミルクと時に砂糖も加えないと飲めないと思ってました。確かにコーヒーの歴史ではストレート珈琲は亜流です。今ではストレートで飲む方が小生にとっては本流です。ワイン・焼酎も同様で、小生が教授と呼ぶ方(酒店店主)に出会って以降、その店で売ってあるワイン・焼酎しか飲みません(さすがに外食時、そうはいきませんが)。

パスタやピザに関しても同様で、新店情報を得たら調査には行きますが、定番店は数店のみです。結果的にトンカツならここ、パンならあそこ、おでんなら・・と閾値となる店があります。知れば知るほどに閾値は上がり選択肢は狭まります。まさに「知るほどに悩まない」となるのです。これはモノに関しても同様!

「神のみぞ知る」・・人には知り得ないことが多々あるのも事実です。我のみぞ知る・知り得ることがあるのも事実です。ステイホームを利用して「我を知る」ことも面白いのではないでしょうか。「己を知るほどに欲少なし」。できれば「口の中も知る」・・鏡で見ることもやって頂きたいと思うのです(笑)。鏡でウイルスは見えませんが、ウイルスの棲んでいるであろう箇所(歯の汚れ)、好みそうな状況(汚れている状態)を見ることはできます。皆さま、ご自愛の程ご歯愛の程。6740

BBTime 498 人生の触媒

BBTime 498 人生の触媒
「元日の玄関にある笑ひ声」塩尻青笳

何気なく見つけた掲句の解説を読んでハタと・・『年が明けました。昨年は特別な年でした。日本の歴史の中で、大きな意味をもった年でありました。それでも年は明けました。2012年、もう特別でなくてもいい。当たり前の時間が流れて、当たり前に水道からきれいな水が出て、当たり前に家族と夕飯を食べられる年であってほしいと、願わずにはいられません。本日の句、読んでいるだけでホッとした気持ちになります。玄関にある笑い声。年始の挨拶に来た友人や親せきとの笑い声でしょうか。軽い冗談でも言いあっているのでしょうか。気の置けない間柄なのでしょう。お互いに幸せな一年でありますようにと、笑い声の間には、深い思いが包み込まれているのです』(解説より)・・文中の2012年を2021年に変えても、全く違和感がありません。お判りのように「大震災」の翌年(2012年)です。再来月11日で丸十年が経ちます。・・ちと重い枕になりました。今回は重くない軽くない「いいモノ」についてのお話。つらつらと昨年を振り返りながら、小生の感心したモノを五点ご紹介します。

第5位:グレゴリーのデイパック「カバートソリッドデイ」。いろんな場面で重宝しています。出張、買い物、ワインの買い出し等々。使用者のことをしっかり考えての造りです。買い物で少々荷物が増えてもしっかり収納できるので、常に両手が自由。これが何よりで、バスなどでの移動中、歩き中などでも自由な手ですぐさまスマホを取り出し「カシャ」・・シャッターチャンスを逃しません。両手が自由だと歩く姿勢もシャキッと背筋が伸びます。大きさがメンズ(大きめ)とレディス(やや小振り)あり。

第4位:ブラウンの電動歯ブラシ「オーラルB iO」。ブラウンの電動歯ブラシ新型です、まさに殿堂入りの電動ブラシ!2分以上磨くと「ニコニコマーク」が表示されます。この電動歯ブラシでの二分間は手動の10~15分くらいに相当するでしょう。旧型との大きな違いは二点。まず静か・・無音とはいきませんが静かです。もう一点は、磨いた後の歯の表面が違います・・ツルツル!難点がひとつありました、ひとセットで三万円超えること。

第3位:ほぼ日手帳の「オリジナル」。長年、ほぼ日手帳「weeks」でしたが、昨年(2020)久しぶりにオリジナルを使用しました。1日1頁なので、結構な空白(面積)です。使い始めてすぐに、この空白を埋めるのが楽しくなりました!

第2位:スペシャリティ珈琲。昨年前半までコーヒーに関しては、ほぼ深煎りの豆に深入りしていました。豆表面はアブラでツヤツヤしており、ふた口目からは砂糖は不要でもミルクは欲しいかも、というような味わいのコーヒーです。ところが夏から行き始めたパン屋さんで供される珈琲を飲み始めたところ・・パン屋のご主人が味わいの説明で「洋梨のような」「ベリーのような」などの表現。またホームページの説明には「テロワール」とか「マイクロクライメット」などの言葉が。珈琲なのにワインのような説明です。飲んでみてわかりました、もちろん砂糖もミルクも不要ですし、ワインのような表現がわかるような(わからないような)。珈琲と紅茶の中間的な味わいであり、美味しさのような気がします。小生にとって新たなる出会いでした。

第1位:「Apple Watch」。昨年買ったモノの中でダントツの第1位でした。ともかく歩く歩く!歩く、走る、立って仕事する・・明らかに体を動かす量が増えました。おかげで夏の検診では肝臓のデータが全て良し!さすがに体重は右肩下がりとはいきませんが。

この五点を見返してみて、これまた気がつきました。これらのものは「モノからコトへのモノ」。グレゴリーデイパックは「両手を自由にする」。ブラウン電動歯ブラシは「口の健康持続」。ほぼ日手帳は「書かせる」。スペシャリティ珈琲は「舌と頭を癒す」。アップルウオッチは「体を動かす」。

以前「所有することに価値あり」と思って購入したモノもありましたが、今ではモノは「キャタリスト:触媒」であり、触媒としての作用が大きいモノが「いいモノ」であると思います。時計とは単に「時刻を知らせる」のではなく、どう過ごすか・どのように時間を使うかを考えさせ行動させる。大袈裟に言えば「時を過ごす」ことはまさに「人生をいかに消費するか」であり、この意味で時計とは良き人生のキャタリストです。今年も「いいモノ(所有すべきモノ)」とは「人生の触媒」であるとの目線でモノと向き合っていきます。では皆さま、ご自愛の程ご歯愛の程。8610

BBTime 495 好きさ好きさ

BBTime 495 好きさ好きさ
「鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる」加藤楸邨

先日(討ち入り十四日)、鹿児島市も冷たい風が吹く寒い寒い一日でした。「冷たい」の語源は「爪痛い:つめいたい」だと聞きました。調べると『冷たいは、「爪痛し(つめいたし)」が転じ、「つめたし」となり「つめたい」になった』(引用元)とのこと。ひょっとすると「凍てて」も、爪痛しが更に「痛て:いてて、イテテテテ」が語源かも。今回はあんこう鍋大好きにちなんで「好きさ」についてのお話。次画像は大好き「いせ源」の鍋。

先日、ほぼ毎日読むほぼ日の「今日のダーリン」(12/06付)が好きな内容でした。
・「好き」について語っているとき、
 人は、みんないい人になってると思うんですよね。
 ドラマのなかの凶悪なギャングだって、
 たとえば、彼の好きな女性について語っているとき、
 とてもいい場面になってるじゃないですか。
 ラーメンの好きな人が、ラーメンについて語るとき、
 うーん、あんまりことばの数はいらないですね。
 「あれは、うまいねぇ」と、こころから言ったら、
 もうね、それはいい歌みたいに聞こえてきますよ。

情報の質量だとか、だれがいちばん詳しいかとか、
 薀蓄みたいなものは、あんまりどうでもいいんです。
 「いいよねぇ」だとか「好きなんですよぉ」とか、
 「会いたいなぁ」だとか「ああ、たまらん」だとか、
 こころがあふれ出ちゃったみたいな声って、
 聞いていて気持ちよくなります。
 たとえば、いま思ってみます。
 < カレー、うまいよねぇ >

この文字を見つめているだけなのに、
 読んでいる人の頭のなかに、カレーがあるんですよね。
 香りも感じられるし、味やら辛さやら熱さやら、
 途中で飲む水、スプーンが口に運ばれるようす。
 そこにないのだけれど、赤ん坊の「もらい泣き」みたいに
 カレーが好き、カレーがうまいということが、
 すっごい数の人たちの脳内で再現されている、きっと。

「好き」について、人がしみじみ感じていて、
 そのじぶんのこころを顔ででも、声でででも、
 文ででも、歌ででも、絵ででも表してくれたら、
 その「うれしさ」は、他の人のこころに火を灯す。
 いっぱい「好き」を持っている人、
 「好き」を表している人は、その「好き」のいい気持ちを
 知らずしらずのうちに、みんなに配っているんですよ。
 おいしそうにごはんを食べる人だとかも、
 それだけで、あなたはいいことしているんだよ。
 今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
 じぶんの「好き」が減っていたら、あらためて増やそうや。

「好きを配る」・・好きな表現です、まさにサンタクロース。日本にも「好好爺:こうこうや」という言葉があります。アンコウに限らず、スイーツもワインも小物、風景etc.好きを増やして、好きを貯めて、好きを配りたいものです。好好爺ならぬ好好人を目指しましょうかね。皆さま、ご自愛の程ご歯愛の程。5180
SweetsLove,TeethLove,BrushLove! 二曲目は何度も歌うと「スキサスキサスキサ」



追加二つ。1)インスタグラムを楽しんでます。ただの自己満足ですが、そのうちのいくつかでも「好き配り」になれば幸いです。@hideky1961
2)「好き配り」の記事発見!まいどなニュースに「老夫婦が営む定食屋で「美味しかったです」の一言…その後の展開に「大切なこと思い出した」と大反響」(引用元はこちら)。『老夫婦がやってる定食屋で、言わない方が粋かちょっと悩んだけど、「美味しかったです」って言ってお会計済ませ、外出て引き戸を閉めた。そこで「美味しかっただって、良かったね」って中でお婆さんが言ってるのが聞こえて、これからは口に出していこうと思った。』・・『自分もこういう”好き”な気持ちはしっかり伝えていこうと改めて感じました。』(抜粋)。
・・今日も好好人として「好き配り」します。

BBTime 494 ブラシラブ・丈

BBTime 494 ブラシラブ・丈(たけ)
「人参は丈をあきらめ色に出づ」藤田湘子

簡単に読み下すと「人参は長く伸びるのをあきらめた分、色がキレイだ」でしょう。解説には『季語は「人参(にんじん)」で冬。大人になっても苦手な人がいるけれど、私は子供のころから好きだった。でも、正直言って最近のものには美味くないのが多い。当時は掘りたての人参を生でも食べていたのだから、よほど甘味に飢えていたのか、あるいは本当に品質が良かったのか。それはともかく、掲句はまことに言い得て妙だ。世の中にはひょろ長い品種もあるのだそうだが、たいていの人参はゴボウなどのように「丈」長くは生長しない。ずんぐりしている。それを作者は人参が「丈をあきらめ」たせいだと言い、その代わりにあきらめた分だけ「(美しい)色に」出たのだと言っている。なるほどねえと、多くの読者は微笑するに違いない。むろん、私もその一人だ』(解説前半部)。今回はブラシラブの丈(長さ)についてのお話。

画像のブラシラブはブラシ部分(植毛部と柄)が70-75mm、グリップ部が40-45mmです。トータル約11cm-12cmで、通常の歯ブラシがおおよそ17cmですので5,6センチ短い丈となります。短い分、グリップがしっかりしています。この形が及ぼす効果は明白です。では大きく五つの効果を解説します。1)磨きやすい=細かく動かしやすい。2)過度な力(歯に対する圧)がかかりにくい。3)過度な力がかからない分、ブラシが長持ちする。4)ブラシを持つ指が痛くならない。5)ずんぐりと坐っているのでいつでも「あなたのそばに」。

1)細かく動かしやすい=まさに三次元的な動きが可能です・・爪楊枝はまさに「点」ピンスポットで仕事をします。フロスは「面」、隣接面を上下運動でキレイにします。通常の歯ブラシは、推奨されているペングリップ(鉛筆握り)で使ってもやはり「面磨き」です。手前味噌ですがブラシラブの動きは自由自在!例えれば、鉛筆で書く時は鉛筆の傾きや動きはかなり制限を受けます。まだしも筆の方が、鉛筆より書く時の自由度が高いような気がします。筆の動き以上に、自由な動きが可能なのがブラシラブなんです。

2)過度な力(歯に対する圧)がかかりにくい・・学生時代に「エアタービンはフェザータッチで」と習いました。押し付けるのではなく、軽く触れるような圧・接触がフェザータッチ。さすがに歯を磨く・歯を洗うのにフェザータッチではキレイになりませんが、過度な圧は禁物!過度な圧のブラッシングによって引き起こされるのが「楔状欠損:けつじょう欠損:くさびじょう欠損」と呼ばれる症状です。ご本人(患者さん)熱心に予防するために磨いていたのに、熱心な歯磨きが原因で結果的にムシ歯と同じ治療が必要となってしまうのです。これは患者さんにとってガックリくるのみならず大きな損失となります。繰り返しますが原因は「グー握りでのゴシゴシ横磨き」です。大きな圧で磨いてしまうのは、歯ブラシの柄が細いことも一因なんです。不思議なことにグリップ(柄)が太いと軽い握り(把持)で歯磨きが可能です。

3)ブラシが長持ちする・・昔、ボルボは長持ちする車の代名詞でした。ブラシラブは過度な圧がかかりにくい分、長持ちします。モニターの方の報告では1本のブラシで二ヶ月三ヶ月OKとのこと。今月発売の際、特典で半年保証を謳うつもりです。スターターキットには替えブラシが1本付属しています。2本で半年持たなかった方には送料のみで替えブラシをお送りする計画。

4)ブラシを持つ指が痛くならない・・画像は痛くならないペンです。患者さんに「3分は短いので、せめて5分は磨いてください」「可能なら10分くらいは」とアドバイスすることがあります。しかし歯科医師であってもなかなか5分以上磨くのは結構しんどいものです。理由は口にたまった唾液(これは飲み込むことで即解決)のこともありますが、指が痛くなります。ブラシラブのグリップは直径約3センチですので、指で包み込むようにして持ちます、指の痛みはゼロ!

5)ずんぐりと坐っているのでいつでも「あなたのそばに」・・今年の年越し蕎麦はいかになさいますか?ブラシラブは坐っていますので、デスクの上、ベッドサイド、パソコンの横など、いつでも「あなたのそばに」。手を伸ばせばすぐに歯磨き可能です。

冒頭の句の解説後半に『句では人参が擬人化されていることもあって、なかには人生訓的に読もうとする人もありそうだが、それは作者の意図に反するだろう。この句の生命は、あくまでも人参のありようをかく言い止めたウイットにあるのであって、もっともらしく教訓的にパラフレーズしてしまっては何のための句かわからなくなってしまう。「実るほど頭を垂れる稲穂かな」などの俳句もどきとは違うのである。ウイット無き俳人は問題にならないが、ウイット無き読者も同断だ。しゃかりきになってこんなことを言う必要もないのだけれど、ちょっと気になったので……。』(解説後半より)。言葉を借りるならば、歯ブラシにも歯磨きにも「ウイット」は無いより有った方がよろしいかと。ウイットのある歯ブラシと自画自賛のブラシラブでした。
SweetsLove,TeethLove,BrushLove! 3730

BBTime 493 ブラシラブ・掃除

BBTime 493 ブラシラブ・掃除
「数へ日の素うどんに身のあたたまり」能村登四郎

解説には『季語は「数へ日」で冬。日数の残りも少ない年末のこと。感覚的には、まだ少し早いかもしれない。が、あらためて壁のカレンダーをを見ると、今年もあと三週間しか残していない。これからは何かと慌ただしく、一瀉千里で今年も暮れていくのだ。忙しいということもあるが、そんな思いのなかでの独りの外食は、見た目にデコラティブな料理よりも、シンプルの極みたいなものがしっくりと来る。「素うどん」などは、その典型だ。とりあえずの「身のあたたまり」ではあるだろう。が、もう少し「素うどん」を敢えて句にした作者の実感に迫っておけば、シンプルな食べ物からしか受けることのできない恩寵に、ひとりでに感謝する響きが込められている。おかげで「身」も暖かくなった。そして、心の内もまた……。年末の多忙は、多く整理の多忙だ。来る年を迎えるために、身辺も心の内もさっぱりとしておきたい。その気持ちが、たとえば「素うどん」の「素」にすんなりとつながっていく。そういうことだと掲句を読み、今日はどこかの立ち食いの店で「素うどん」を食べたくなった。それも「七味」ではなく「一味唐辛子」を、さっと振りかけて。『人間頌歌』(1990)所収。(清水哲男)』(解説より)。年末に付き物の「掃除」についてのお話。

無印良品の本「掃除」を手にしました。2ページ目に「気持ちいいのはなぜだろう。」の一言。掃除を「掃く」SWEEP、「払う」DUST、「吹き飛ばす」BLOW、「はたく」BEAT、「洗う」WASH、「拭く」WIPE、「ならす」SMOOTH、「かく」RAKE、「ととのえる」GROOM、「清める」PURIFY、「磨く」SCRUB、「剥がす」SCRAPE、「消す」DELETE、「すくう」SCOOP、「除く」REMOVE、「片付ける」CLEAR、に分けて掃除は進みます(こちらもご参照の程)。

最後にエッセイ「気持ちいいのはなぜだろう。」が、17か国語で載せてあります。おそらく取材先が17か国に及んだのでしょう。抜粋にて紹介します・・『自然に対してヒトがなした環境を「人工」といいます。人工は心地がいいはずなのですが、プラスチックやコンクリートのように自然を侵食する素材が蔓延してくると、ヒトは自然を恋しがるようになります』・『したがって、自然をほどほどに受け入れつつ、適度に排除しながらヒトは暮らしてきたのでしょう』・『まるで、打ち寄せる波が砂浜を洗う渚のように、人為と自然がせめぎ合う「ほどほどの心地よさ」を探し当てること、それが「掃除」の極意なのかもしれません』・・『この先の未来においてどんなに技術が進んでも、ヒトは生き物。身体の奥底に響き続ける生のリズムがあります。ここに耳をすませていきたいものです』(一部抜粋)。

エッセイ文中の「人為と自然がせめぎ合う「ほどほどの心地よさ」を探し当てること、それが「掃除」の極意なのかも」・・つながりました・・「ひとつのものに流れる幾層もの時間と、機能だけでは語り尽くせない“作用”に耳を澄ますことが豊かさではないか」これは前回「ブラシラブ・作用」で紹介した文章です。

時に猫がヒトの視線も気にせずにグルーミングしています。所詮、ヒトも生き物(動物)、頭の奥底に「キレイにすることの心地良さ」がしっかり記憶されているのでしょう。歯磨きの極意もココに有り! 皆さま、ご自愛の程ご歯愛の程。
SweetsLove,TeethLove,BrushLove! 0030


追加:素うどんといえば・・素うどんのようなパスタがあります・・スフォリーノのパスタです。東京文京区鹿児島市で食べられます。詳しくは「スフォリーノ」を。@sfoglinoyoshimoto

今年の口の大掃除には「ブラシラブ」を!日頃の掃除にも!年内に発売開始します。

BBTime 488 新スタイル

BBTime 488 新スタイル
「おでん煮えさまざまの顔通りけり」波多野爽波

都城市「雨風」の黒板。この時季、好きな句です。解説には『屋台のおでん屋。あそこは一人で座ると、けっこう所在ないものだ。テレビドラマでも映画でもないのだから、人生の達人みたいな格好の良いおじさんが屋台を引いてくるわけではない。だから、おじさんと人生論などかわすでもない時が過ぎていくだけだ。したがって客としても、そんなおじさんをじろじろ眺めているわけにもいかず、必然的に、目のやり場としては、屋台の周辺を通っていく見知らぬ誰彼の方に定まるということになる。と、まさに句のように「さまざまな顔が通り」すぎていく。それがどうしたということもなく、チクワやハンペンをもそもそと食べ、なぜかアルコールの薄い感じのする酒をすすりながら、「さまざまな顔」をぼんやりと見送っているという次第。句の舞台はわからないが、爽波は京都在住だったので、勝手に見当をつければ出町柳あたりだろうか。出町柳には、私の学生時代に毎晩屋台を引いてくる「おばさん」がいた。安かったのでよく寄ったのだが、彼女は学生と知ると説教をはじめるタイプで、辟易した思い出がある。「悪い女にひっかからないように」というのが、彼女得意の説教のテーマであり、辟易はしていたが、おかげさまで今日まではひっかからないで(多分……)すんでいるようだ』(解説より)。今回は様々な食べ物のお話。

「パニス:panis」のパンです。夏以降、三つの「新スタイル」に出会いました。パニスのパン、コーヒーカウンティの豆、スフォリーノヨシモトのパスタ。パニスのパンは「食事パンと菓子パンの中間」のようなパン。コーヒーカウンティの豆は「コーヒーと紅茶の中間」の飲み物。スフォリーノヨシモトのパスタは「食事とおやつの中間」的な一皿。

サンドイッチや食パンが食事パンで、甘いパン、ドライフルーツ入りパンはお菓子パンではありません。トーストに蜂蜜つけたりジャム塗ったりしますよね。美味しいが一番の問題で、あとは中身(材料)と量でしょ。コーヒー豆も「コーヒーは苦い飲み物」ではなく、紅茶のようなフレーバーの違いを十二分に味わえるコーヒー。ミルクや砂糖はむしろ邪魔。小腹を満たすような量と内容(具)のスフォリーノのパスタ。おやつと食事の中間的一皿。

珈琲だからミルクと砂糖が必要・・なのではなく、必要なら足すというコーヒーの飲み方。一般的に緑茶には何も加えません。パイナップルが酢豚やハンバーグに加えてあることもあります。果物の柿は「柿なます」として和食に登場します。以前、記事で読んだことがあります。「日本人はカテゴライズ(分類分け)が好きな民族」・・カテゴライズが好き・・例えばその人の「血液型」を聞いて「なるほどB型だから、あの人は」と科学的根拠もなく納得したり。集団として一括りにする、従来のやり方の踏襲などは、楽かもしれませんがね。

朝日新聞11/16朝刊の「折々のことば」です。食べ物・料理も文化のひとつ、食文化の新陳代謝・多様性を味わうことは、時に新しい「美味しい」に出会えます。皆さま、ご自愛のほど、ご歯愛のほど。7180

BBTime 485 スタンド

BBTime 485 スタンド
「ヒト科ヒトふと鶏頭の脇に立つ」摂津幸彦

解説に『ホモサピエンスかホモルーデンスか。鶏頭の十四、五本を数えなくとも、ただその脇に立つだけでいい。するとどうだろう。言葉のハ行とカ行とタ行の音がおのずと遊びはじめる。巧まぬ何気なさ。ぼーっとつっ立っているのは誰。『鹿々集』(1996)所収』(解説より)。ホモサピエンスとは『ホモ・サピエンスは、リンネという学者によって定義された言葉で、英知人と訳す。人間は他の動物と違って考えることができる、ということを強調した言葉です。ホモ・サピエンスは生物学上の分類名として使われることも多く、「人間は英知人である」というニュアンスを持たない場合もあります』(出典はこちら)。かたやホモルーデンスは『ホモ・ルーデンスは、ホイジンガが定義した言葉で「遊戯人」と訳します。遊戯という言葉が表すように、ホモ・ルーデンスとしての人間は「自由に遊ぶ生き物」です』(出典)。個人的には「ルーデンス」の方がいいです。今回は「ホモ・スタンディングス」立つ人について。

先日、生活習慣病予防健診結果通知が手元に。肝臓データに嬉しい驚き!画像のように軒並み下がっていました。ここ数十年ほぼ毎年受けてますが、必ずひとつかふたつは「H」の数値。医者からは「お酒の飲み過ぎですかね」とお小言。ここ十年ほど、結構飲んだ年とほぼ飲まなかった年がありましたので、小生の場合、酒量が主因でもなさそう。運動量も年によってかなりの差があり、運動量でもなさそう。今年に限っての違いは何だろう?と自問自答するに・・・ありました。恐らくそれはスタンド:立つことです。立ち始めたのは、今年になってから。理由はシンプル・・仕事用椅子のキャスターが古くなり、滑らかさが無くなったため・・これいかに?そうだ、立って仕事しようと思い、立ち始めました。

今年正月から腕にアップルウォッチ 。三つのリング『ムーブ、エクササイズ、スタンドという3つのリング。これらを毎日完成させるという1つのゴール。いつもやりたくなるほどシンプルかつ楽しい方法で、あなたの毎日をもっと健康的にする。そんな発想から作られたのが、Apple Watchのフィットネスアプリです』(アップルサイトより)。ここにもスタンド!『座りすぎは健康問題の一因となることがあります。だからApple Watchは一日を通して、あなたのスタンドゴールに向けた進捗を記録し、立ち上がるきっかけを与えます。座っている時間を減らすことは、血圧を下げ、活力を高め、心疾患のリスクを低下させることにつながります』(アップルサイトより)。

ヒトの定義のひとつに「直立二足歩行」がありますが、直立二足歩行とは文字通り二足で歩くことのみならず「二足で立って動き回る」ことも意味するのではないでしょうか?立つことで、体内の様々な液体と重力が相まって普通(健康)を維持しているのかもしれません。

「立つことが肝臓の健康維持に関与」というのは個人的意見です。肝臓データに問題ありだけど、お酒をやめたくないと思う方、是非「立って動く」ことをお勧めします。ではでは、ご自愛の程ご歯愛の程。

蛇足ですが、冒頭の句の解説文中「鶏頭の十四、五本を数えなくとも」は・・超有名な句・・「鶏頭の十四五本もありぬべし 正岡子規」を踏まえてです。4930


 

BBTime 480 非老化

BBTime 480 非老化:ひろうか
「老人の日といふ嫌な一日過ぐ」右城暮石

この方、カルメン・デロリフィチェさんの人生には「老人」という言葉は存在しないのでしょうね。この方、来年満九十歳です。『カルメン・デロリフィチェ 1931年にニューヨーク生まれ。4カ国のヴォーグの表紙を、史上初の15歳で務めて以来、85歳になる現在まで70年のキャリアを築いてきた。最近では高齢女性の活躍を自身が体現し、今なおモデル業界のアイコンとなっている』(2017/5/8の記事より)。

冒頭の句の解説には『はじめは「としよりの日」(昭和26年制定)といった。それが「老人の日」(昭和39年)となり「敬老の日」(昭和41年)となった。しかし「敬老の日」とは、いかにも押し付けがましい。国家が音頭をとって「尊敬」などと言い出し、ロクなことがあったためしはない。景気のよい時には地方自治体がお祝い金を出していたが、いまではつまらない式典だけになった。金の切れ目が縁の切れ目で、駆り出さなければ誰も来ない。私はまだ駆り出される年齢ではないが、作者と共に余計なおせっかいは「超」不快である。もちろん、いまや老人福祉の問題は国民的な課題だ。が、世間で行われている福祉の実態には、いつも式典的要素が介在するのは何故なのか。老人ホームでみんなでお歌を歌うなんてことも一例で、私なら、ほっといてくれと言うだろう。そんなことに「敬老精神」を発揮されたのではたまらない。しかも発揮する人々の多くが善意であるだけに、いっそうたまらないのである。このような「善意の愚劣」を、先輩諸兄姉よ、ここらで勇気を持って打ち砕くべきではないでしょうか。かつてロシアの文豪が、自逆的に言いました。「私は人類はいくらでも愛するが、隣の婆アはどうにも気にくわねえ」と。「善意の愚劣」の根拠でしょう。(清水哲男)』解説より。

先日、発表されたノーベル医学・生理学賞は『▽アメリカのNIH=国立衛生研究所のハーベイ・オルター氏、▽カナダのアルバータ大学のマイケル・ホートン氏、▽アメリカ、ロックフェラー大学のチャールズ・ライス氏の合わせて3人です。3人は、C型肝炎ウイルスの発見によって多くの慢性肝炎の原因を明らかにし、輸血などの際の検査ができるようにしたほか、多くの人の命を救う治療薬の開発に道をひらいたことが評価されました』(引用元はこちら)。このC型肝炎、小生の学生時代には「非A非B:ノンエーノンビー」の肝炎として習いました。さてタイトルの「非老化」これは文字通り、老化ではない・・従来老化と考えられ、人にとって避けられないものとして捉えられていた症状に実は原因があり、それは対処できるという意味です。

先日見つけた記事は「認知症の原因物質 歯周病によって蓄積する仕組みを解明」で、記事によると「認知症の7割を占めるアルツハイマー病は、「アミロイドベータ(Aβ)」などの異常なたんぱく質が長年、少しずつ脳に蓄積し、発症や症状の進行につながるとされる」・・この蓄積を歯周病菌がアシストしているようだ、という内容でした。「チームの武洲(たけひろ)・九大准教授(脳神経科学)は「歯周病菌が、異常なたんぱく質が脳に蓄積することを加速させてしまうことが明らかになった。歯周病の治療や予防で、認知症の発症や進行を遅らせることができる可能性がある」と話す」(記事より)。

中国唐代中期を代表する文人に「韓愈:かんゆ」がいます。韓愈の漢詩「落歯:らくし」・・毎年のように抜け落ちる歯と人生を重ね憂う内容です(詳しくはこちら)。ひと昔、ふた昔前は歯周病は「老化」であり、逃れられないもの(症状)として考えられていました。今では歯周病の原因は解明され、その予防法・治療法も確立されています。先程の記事のように「認知症」も少しずつ病因が明らかになり、予防法・治療法が確立される日もそう遠くないのかも知れません。

以前、ある患者さんが「(ここにくる前に)右膝が痛いので整形外科に行ったら、医者に「痛み(原因は)は、歳のせい」と言われて頭に来た。歳のせいなら左も痛いはず」とおっしゃいました。なるほど、その通り!右だけ痛いのは何かしら「痛みの原因」が右だけにあるはずです。歯周病予防が認知症予防へつながるのであれば、予防しない手はありません。時の過ぎゆくままに老け込むのは、もったいないと切に思います。皆さま、ご自愛のほどご歯愛のほど。・・曲は昨日(10/6)亡くなったヴァン・へイレンに哀悼の意を表して。9470


https://youtu.be/1Qi7c-pcq-A

BBTime 479 二足歩行

BBTime 479 二足歩行
「薄く薄く梨の皮剥くあきらめよ」神野紗希

解説に『作者はべつに一本の皮を垂らそうとしているわけではなさそうだが、それでも「薄く薄く」剥こうと心がけている。なかなかに集中力を要する作業だ。何のためかと言えば、自分に何かを「あきらめよ」と言い聞かせるためである。自分自身に決断をうながすための、いわば手続きのような作業として可能な限り薄く薄く剥こうとしている。しかし剥きながら、なお決断することをためらっている様子もうかがえる。なんという健気な逡巡だろうか。下五にずばり「あきらめよ」と配した句柄は新鮮だが、内実は古風な抒情句と言えるだろう。好きだな、こういうの。』(解説より一部抜粋)。前回「オイシ教」に引き続き梨の句になりましたが、深い意味はナシ(笑)。今回は美味探求が人類誕生の鍵かも?について。

三井誠著「人類進化の700万年」に、直立二足歩行を人類が獲得した理由がいまだ謎であり、有力な説として「食糧提供仮説」が出てきます。その説とは・・子育て中のメスによりたくさんの食糧を運んでくるオスは気に入られて、子孫繁栄となる。たくさん運ぶために両手(前足)で食糧を持つようになり、直立二足歩行するようになったのではないか・・というものです。こちらもどうぞ

ここで注意すべきことは『人類のオスは、メスへ食糧を運ぶために二足歩行に適した体に進化し、繁殖する機会を増やした』と考えるのではなく、『二足歩行ができるように進化した人類のオスは、メスに食糧を運ぶことで繁殖の機会を増やした』の方が進化を考える上では適切であろうとのことでした。進化は「目的を持って進むのではなく」「遺伝子に起きる偶然の変異、それがもたらす体や行動の変化がそもそもの始まりだ」とのこと。キリンは高い枝の葉を食べるために長い首になったのではなく、たまたま長い首の生き物が生き残った、と考える方がベターのようです。

より多くの食糧を運ぶオスがメスに気に入られた・・一歩進んで、より美味しい食糧を運ぶオスはもっとモテた!有り得ない話ではないと思います。渋柿より甘い柿、青いバナナよりも完熟バナナ。こう考えると、人類誕生の頃から「美味探求」する人類はいた!宗教が成立する何百万年前から「美味探求」をしていたのかも知れません。美味探求は宗教よりとてつもなく古く、ヒトのDNAにインプットされているのではないでしょうか。

時に「懐かしい味」に出会い、この言葉を時に口にし、喜びや幸福を感じます。人にとって「懐かしい最古の味」とは、紛れもなく「美味しい(味)」であるとは言い過ぎでしょうか。人を好きになり恋に落ちる、美味しい物を探す。「恋愛」と「美食」は、ヒトのヒトたる所以であると思えてきました、直立二足歩行と同じように。では今宵も美味しいものを食べて、ご自愛の程ご歯愛の程。明晩は中秋の名月です!6370