口の中も大掃除ーミテンの本棚より

口の中も大掃除-バイオフィルムの掃除! ミテンの本棚より

早いもので、残すところ一週間余りとなりました。
昔ほど、年末らしさが感じられない昨今ですが、
年賀状、大掃除など「やらねば」が・・(汗)。
今回は口の中の大掃除のお話し。

皆様は「バイオフィルム」という言葉を
聞かれたことがありますか?

このバイオフィルム、結構、歯科で話題になっています。
名前だけ聞くと、何かしらやわらかそうで、
体に優しそうな、オブラートのようなイメージですが、
実際は全くその反対で、かなり体にとっては危険で、
手強いものなのです。
歯の表面はエナメル質といって
ツルツルしているように見えますが、
顕微鏡的には細かい溝があり、
わりとザラザラしています。
その溝やでこぼこに細菌や食べ物がくっつくわけです。
ムシ歯菌といわれるミュータンス菌は砂糖をえさとして、
ネバネバとしたものを作って歯の表面にへばりつきます。
このネバネバの中でミュータンス菌は増え続け、
しだいに歯の表面に分厚いバイ菌の膜を作っていきます。
この膜を「バイオフィルム」といいます。
このバイオフィルムの下では、
作られた酸によって脱灰がおこり、
ムシ歯が作られていくわけです。
さらに怖いことには、
このバイオフィルム1グラムあたり
1000億個ものバイ菌がすんでいます。
その中には、もちろんミュータンス
(ムシ歯菌)以外のいろいろなバイ菌もすんでいます。
これらのバイ菌はバイオフィルムの存在によって、
抗生物質や薬液からガードされ、生きて増え続けます。
さらに厄介なことに、そのバイオフィルムの中で、
いろいろな突然変異のバイ菌が生まれてきます。
言うなれば「突然変異実験工場」!
そうして、突然変異したバイ菌が何かの拍子に、
巣窟であるバイオフィルムから飛び出て、
肺や胃の中へ入っていきます。
そうなると、
それらのバイ菌が肺炎やそのほかの病気を
引き起こしかねないことは想像に難くありません。
さらにさらに面倒なことに、
バイオフィルムができてしまったら、
いくら歯ブラシでゴシゴシこすっても取れないということです。
もちろん鏡で見ても分かりません。
今のところ、そのバイオフィルムを剥がす方法は
歯科医院でのPMTC(専門家による歯のクリーニング)のみです。
いまハッと、口に手を当てられた方、
どうぞ、ご相談ください。
私たちが、バイオフィルムを除去してさしあげます!

参考文献 「もう虫歯にならない!」花田信弘
(大学の先輩です)新潮OH!文庫

PMTC=専門的器具使用歯牙清掃

天然歯を思う存分使うこと
(食べる、飲む、話す、唄う、笑う、ほほえむ、
噛む、食いしばる、歩く、スポーツする、etc.)
が患者さんの仕事なら、
その歯を守り維持することが歯医者の仕事です。
そこでPMTC。
なにやらムズカシソウな言葉ですが、
簡単に言えば、茶シブ取り、ヤニ取り、
オーラルエステ、歯のクリーニングです。
北欧で開発された今までにない新しいステイン除去法で、
痛くなく(キキキ・・・ともひびかず)、
歯の表面をキズつけることもなく
ステインやバイオフィルムを取り除き、
表面をツルツルにします。
同時にフッソ塗布も行いますので続けることにより、
ムシバ予防、ひいては歯ソーノーロー予防の効果もあります。
(ステイン=ヤニ、茶シブ、コーヒーシブなどの外来性の付着物)

歯は白く ハグキピンクに 吐息は甘く

本年最後のサプリ

本年最後のサプリメールです。
「ともかくもあなた任せのとしの暮」小林一茶
*これは他力本願ではなく諦観の句のようです。
「年の瀬のうららかなれば何もせず」細見綾子
*と行きたいところですが、ままならず(苦笑)。
「数へ日のどこに床屋を入れようか」仁平 勝
*確かに昔はそうでした。皆様、佳いお歳を!

You’re one smart cookie.
頭脳明晰ですよ!

ニコリの俳句

ニコリの俳句
「あかんべえのように師走のファクシミリ」小沢信男
「福助の頭は空つぽや十二月」小泉八重子
「女を見連れの男を見て師走」高浜虚子
*何かと気忙しい師走だけに、ホッとする瞬間が必要。

I’m positive. 自信があるよ。

クリスマスの俳句

クリスマスの俳句
「へろへろとワンタンすするクリスマス」秋元不死男
「美容室せまくてクリスマスツリー」下田實花
「聖菓切るためにサンタつまみ出す」松浦敬親
*皆様、それぞれのクリスマスを!
サンタ様お疲れさまです!

I’m on top of the world!
天にも昇る気持ちです!

冬至の俳句

冬至の俳句:新・増殖する俳句歳時記より
「定年の人に会ひたる冬至かな:高橋順子」
一年を一日に例えるならば、冬至はたそがれ時ということになる。
そんな日に偶然にも、定年を迎えた人に会った。
定年もまた、人生のたそがれ時には違いない。(解説より)
「立ちどまり顔を上げたる冬至かな:草間時彦」
「冬至」は、北半球での太陽の高度がもっとも低くなるので、
眩しさも最高となる。
「日は午後に冬至の空のさゝ濁り:石塚友二」
今日も良く晴れてはいるが、午後になってきて見上げると、
少し曇ってきたような……と言うのである。

Let’s take some wine to the party.
パーティにワインを持っていこう。

マスクの俳句

本日は「マスク」の俳句を三つ
「腹の立つ人にはマスクかけて逢ふ」岡本眸
「純白のマスクを楯として会へり」野見山ひふみ
「マスクして人の怒りのおもしろき」上野さち子
*年中、仕事中はマスクしてますので、なるほどなるほど。

I’m a people person.
私は人と上手く付き合える人間です。

創作四字熟語:天声人語その3

創作四字熟語天声人語その3
空腹野生動物街徘徊「群熊闊歩:ぐんゆうかっぽ」
(群雄割拠:ぐんゆうかっきょ)
W杯は盛り上がり「芝生団結:ピッチ団結」
(一致団結:いっちだんけつ)
日本代表の活躍に「不眠蹴球:ふみんしゅうきゅう」
(不眠不休:ふみんふきゅう)
蛸のパウル君 「百発蛸中:ひゃぱつたこちゅう」
(百発百中)

Octopus and Tomato Salad
タコとトマトのサラダ
It’s simply divine!
ただただ、すばらしい!

天声人語 12月10日

ウィキリークスにやられた米政府が「公電泥棒」と叫んだかどうかはさておき、たいていのことは漢字四つで表せる。海老蔵さんの一件は「殴顔無値(おうがんむち)」か「親系酔弱(しんけいすいじゃく)」か。以下、住友生命が募った年末恒例の「創作四字熟語」で今年を顧みる▼まずは森羅万象のはやり物。「辛辣万食(しんらーばんしょく)」とばかりに食卓を席巻したのは食べるラー油。見渡すかぎり萌(も)え萌えの秋葉原で輝いた「四萌八萌(しほうはっぽう)」はAKB48。呟(つぶや)きを飛ばすツイッターは「流呟飛語(りゅうげんひご)」とまとめられた▼龍馬ブームは紀貫之にあやかって「土佐人気」。500メートルを超えた東京スカイツリーは、早くも「全人見塔(みとう)」の観光地になった。映像の奥行き、飛び出し、臨場感の三位一体で売る「三見(さんみ)立体」の3Dテレビも評判に▼グアム行きの構想は奇想天外だったのか。普天間放置の「棄想県外」に沖縄県民の怒りは募る。中国漁船が体当たりしてくる「船嚇(せんかく)諸島」の事件は検察も巻き込んだ。特捜には期待したいが、事件を作る「独創検事」は困る▼畜産宮崎を襲った口蹄疫(こうていえき)で29万頭の牛豚が処分された、ああ「諸牛(しょぎゅう)無情」。古色蒼然(そうぜん)のお役所仕事で「戸籍騒然」、所在不明の超高齢者が後を絶たない。花鳥風月も泣く「夏長秋欠(かちょうしゅうけつ)」の猛暑に、八百屋の店頭は「市場菜高(さいこう)」。腹ぺこの野生動物が街をうろつく「群熊闊歩(ぐんゆうかっぽ)」も▼バンクーバーは「遠金(とおきん)五輪」だったが、南アフリカのW杯は盛り上がった。「芝地(ピッチ)団結」の日本代表に、われら「不眠蹴球」。過労か寿命か、勝敗を当てまくって昇天した「百発蛸中(たこちゅう)」のパウル君も忘れがたし。

「創作四字熟語」天声人語その2

「創作四字熟語」天声人語12/10付けより、その2
3Dテレビも評判の「三見さんみ立体」
(三位一体:さんみいったい)
口蹄疫で牛豚が処分されて「諸牛しょぎゅう無情」
(諸行無常:しょぎょうむじょう)
お役所仕事は「戸籍騒然」
(古色蒼然:こしょくそうぜん)
記録的な猛暑は「夏長秋欠」
(花鳥風月:かちょうふうげつ)

Keep your head low and your antenna high.
アタマは低く、アンテナは高く。

「創作四字熟語」天声人語よりその1

「創作四字熟語」天声人語12/10付けより
海老蔵さんの一件は
「殴顔無値:おうがんむち」(厚顔無恥:こうがんむち)
食卓を席巻(せっけん)したのは食べるラー油
「辛辣万食:しんらーばんしょく」(森羅万象)
呟(つぶや)きを飛ばすツイッターは
「流呟飛語:りゅうげんひご」(流言蜚語:りゅうげんひご)
東京スカイツリーは早くも「全人見塔:ぜんじんみとう」
(前人未到:ぜんじんみとう:前人未踏)
*早いもので今年もあと二週間余り!

I have a different take on it.
私の見方は違います。