BBTime 517 本気度ゼロ?

BBTime 517 本気度ゼロ?
「用もなき母の電話や柿の花」荻原正三

季語は「柿の花」で初夏。『梅雨のころ、柿は黄色をおびた白色の花をつける。若葉と一緒に咲くためあまり目立たない。落ちやすい花で、地面などに散らばっているのを目にすることもある』(引用元)。昨日(5/11)鹿児島は梅雨入りしました。過去二番目65年振りの早さとのこと、やはり温暖化の影響でしょうか。さて句の解説は『掲句は作者六十歳前後の作品で、切れ字の「や」には軽い嘆きがあり、共感します。おおむね母親は用もない電話をする存在で、こ ちらが忙しいときは甚だ迷惑です。母親がもっている息子像は、胎児であったときの記憶をふくんで理想化されているのに対し、息子がもつ母親像は、理想から出発しているゆえにしぼんでいくしかない面があります。だから、息子が齢を重ねるほどに、反りが合わなくなる場合もでてくるのでしょう。(中略)ところで、下五を「柿の花」で終えているのも侘しい気がします。柿の花は黄白色の壺型で、葉の陰から地面に向けてうつむくように咲きます。俳人でもなければ、この花に心を寄せる人は少ないでしょう。しかし、この花があればこそ秋には柿が実ります。そう 考えると母の日の今日、おふくろさんありがとう』(引用元)。今回はワクチン接種における日米の本気度の差について。

先日来、接種に関するニュースを聞き驚くやら呆れるやら。アメリカではプロバスケットや大リーグの試合会場で希望者に接種可能だそうです。5/3記事「NBA観戦のファンに予約なしでワクチン接種 米ウィスコンシン州」・・内容は『NBA=アメリカプロバスケットボールの観戦に訪れたファンが、新型コロナウイルスのワクチンを予約なしで接種できる珍しい取り組みが2日、ウィスコンシン州で行われました。この取り組みは、中西部のウィスコンシン州・ミルウォーキーに本拠地を置くNBAのバックスが2日、初めて実施しました』(引用元)。

『バックスの本拠地のアリーナ内に設けられた接種会場には、試合開始の1時間ほど前から観客が次々と訪れ、受付から15分ほどで1回目の接種を終えていました。この日はイースタンカンファレンス3位のバックスと1位のネッツが対戦する好カードということもあって、観客は上限いっぱいの3280人が集まり、会場のスタッフも含めおよそ200人がワクチン接種を受けたということです。ワクチンを接種した人は「驚くほどスムーズだった。とても便利だし、理にかなっている」とか「去年10月に1度感染した経験があるので、再び感染しないためにワクチンを接種しに来た。誰にでも開かれていて、とてもいいアイデアだ」などと話していました』(引用元)。

『ウィスコンシン州の保健当局の担当者は「まだ接種できていない人たちは仕事で時間がないとか週末は接種できないなど、いろいろな理由がある。そういう人たちにも便利で簡単に接種できる機会を作っていきたい」と話していました』(引用元)。プロバスケットだけではありません、大リーグも!

かつてイチロー選手が所属したシアトル・マリナーズの球場でも。5/5記事「これがアメリカのすごさ… 茂木健一郎さん、マリナーズのワクチン無料接種を称賛 「日本の行政とは月とすっぽん」・・内容は『大リーグマリナーズが4日、米シアトルの本拠地Tモバイル・パークで来場者への新型コロナウイルスワクチンの無料接種を開始した。大リーグ球団では初めて。脳科学者の茂木健一郎さん(58)は5日、自身のツイッターで「こういうところが、アメリカはさすが」とワクチンを球団が独自で確保できる調達能力に驚くとともに「公平一律とかバカなことを言って結局破綻している日本の行政とは月とすっぽん」と日本政府の対応の鈍さを痛烈に批判した』(出典はこちら)。流石!アメリカ、ビバ!アメリカですよ。ところが、かたや日本では・・

5/10記事「ワクチン予約電話で発着信制限 NTTと携帯大手」・・内容は『NTTと携帯大手各社は、新型コロナウイルスのワクチン接種の予約で、10日朝から、電話が集中した場合、発信や着信を制限する対応をとっています。消防や警察などへの通報を含む、ほかの電話がつながりにくくなるのを避けるためだとしています。10日から多くの自治体がワクチン接種の電話予約を始めますが、NTT東日本と西日本は10日朝から、全国およそ200の自治体が予約を受け付ける電話番号への通信量が増えた場合、着信を制限する対応を取っています』(引用元)。あまりにも情けない!これで本気なのでしょうか。

テレビCMなどで「これから30分はオペレータを増員して対応します」と流れることがあります。増員の真偽はさておき民間の姿勢はこうです。それに引き換え、国や行政は・・本当に情けなく思います。政治家は口では「有事である」と言いますが口先だけなんでしょう。有事において「通信制限」するとは真逆の対応でしょ。有事の時に実力が露呈すると言われます、日本の力はこの程度なのでしょうか?・・ご自愛の程ご歯愛の程。3590


BBTime 516 明珍家の音

BBTime 516 明珍家の音
「厚餡割ればシクと音して雲の峰」中村草田男

厚餡:あつあん「薄皮の饅頭でしょう」と解説にありますが、歳時記によっては「あんパン」とも。ちと早いのですが・・『季語は「雲の峰」で夏。もこもこと大きく盛り上がった入道雲を意識しながら、何も暑い季節に「厚餡(あつあん)」を「割る」こともあるまいに、と……。要するに、飲み助は甘いものを暑苦しいと思い込んでしまっているのです、たぶんね。でも、最近酒量の落ちてきた私にはよくわかるようなつもりになっているのですが、そんなことはないようです。薄皮の饅頭(まんじゅう)でしょうか。特に冷やしてあるわけでもないのに、手にする「厚餡」入りの菓子はどこか冷たく重く感じられます。作者が言いたいのは、この「厚餡」と「雲の峰」との質感の相似性でしょう。あの「雲の峰」も、いま手にしている饅頭と同じように、そおっと丁寧に「割ればシクと音して」割れるようだ。「シク」が眼目。「パクッ」でもなければ、ましてや「バカッ」でもない。あくまでも大切に割るのですから、無音に等しい「シク」と鳴るわけですね。日本のどこかで、今日もこんなふうに「雲の峰」を眺めている人がいるのかと思うと、それだけでも心が安らぎます』(解説より抜粋)。今回は前回「変異人」を踏まえて「変異しない」についてのお話。

画像は姫路の明珍火箸風鈴、まさに明珍さんは「変異人」・・時代の流れに形は変われど、唯一変異しなかったものは「音」なんです。以前、拙連載「ものづくり名手名言」で取材させていただきました。以下、抜粋引用します。
『まずはいただいた資料を元に、明珍家の歴史を少し紹介します。・・・“明珍”の名の由来は、平安の頃、京都九条で甲冑師をしていた宗介紀ノ太郎が、近衛天皇に鎧、轡を献上したところ「触れあう音が朗々とし、明白にして、たぐいまれな珍器である」とお気に召され、明珍の姓を賜ったとのことである。江戸時代になると、明珍宗信が江戸に居を構え、17世紀半ば以降、系図や家伝書を整備するなどして自家の宣伝に努めた。また、鍛造技術を顕示した作品を残すとともに、古甲冑を自家先祖製作とする極書(きわめがき;鑑定書)を発行している。特に、明珍家の特徴としては家元制度を整えたことであり、江戸時代の明珍本家には諸国から門人が集まった。その後、徳川譜代の大名で姫路城主となった酒井公に従って姫路に移り住み、代々が歴々の藩主に仕えた藩お抱えの甲冑師で、千利休の注文によって茶室用の火箸を作ったことが語り継がれている。』(引用元

「52代目として当然のことのように、家業を継がれたのですか?」・・とんでもありません、そりゃあもう大変でしたわ(笑)。江戸の終わりまでは酒井の殿様から禄貰うて仕事してたわけです。そやから、贅沢はできませんけど、衣食住には困らしません。そら、ええ仕事できますわ。それが、明治になって禄がのうなりました。作るもんも甲冑から、それまでは副業やった火箸が専業になってきたんですわ。大正時代ですか? 志賀直哉の「暗夜行路」は。あの本のなかにも「明珍火箸」がでてきます。まあ当時は必ず、家に一つは火箸があったもんです。加えて御 先祖さんから受け継いできたうち独特の鍛え方によって、ええ音がする。そういうわけで、そこそこ需要はあったんです。昭和になって、太平洋戦争が本格化した頃に私は生まれました。そりゃもう深刻な鉄不足で、軍が来て鍛冶道具まで供出させられて、親父は少しばかりの財産を切り売りしながら食いつないどったんですわ。・・・終戦後の昭和27年から、地元の名士のかたのお口添えもあって仕事を再開するんですけど、どうにか軌道に乗り始めたと思うたら、今度は昭和35年頃からの高度経済成長による燃料革命ですわ。それまでは、夏場はともかく冬場はまだ注文がありよりました。それが、石油ストーブがでて、ガスコンロに電気コンロと・・・。もうお手上げですわ、注文なんてありゃしません。・・・当時、一番上の兄が親父とやっとったんですけど、そんな状況やさかい、もひとつ身がはいらん。他の兄たち(次男,三男)は、すでに別の仕事に就いていました。さらに私らの生まれた家まで人手に渡る。そんなときに高校卒業。食っていけるめどもありませんけど、今まで何十代と続いた技を「絶やすわけいかんと違うか」という使命感だけで、「何とかやってみよう」「何とかやりたい」という気持ちだけで、家業に就きました。三度の飯食うにも借金せなあかんというときの出発でしたわ。』(引用元)。

「では、そのあとに「火箸風鈴」を考案されたのですか?」・・・そうです。今だに風鈴を考えつかなんだらと思うと、ゾーッとしますわ。さっきも言いましたように、夏場はほとんど注文がありません。代々伝わってきた鍛え方によって、火箸が触れ合うときにええ音がする。ほな、この音を何とか使えんやろかと思うたわけです。そりゃあ、もう生きんがため、この技を伝えんがため、それだけのことですわ。何もきれいごとありゃしません。・・・いろいろ考えて、あれやこれや作ってみましたが、どうにか形になったのが昭和40年頃です。不安いっぱい抱えて店に持っていきよりましたところ、2、3日して店から「売れた。あれは売れるで、はよ作れ」との返事。ということで、少しずつ世間様に知れるようになってきたわけです。(引用元

「その音については?本来、副産物のように思えるのですが・・・。」・・・確かに、鉄に音は必要ないかもしれません。けれども、明珍の姓をいただいたのもこの音のお陰ですし、何十代と続いてきたのもきっとこの音あってのことでしょう。近くの大学で調べてもらったところ、鉄そのものやなくて、鉄の鍛え方にこの音をだす秘訣がある、いうことらしいですわ。その後、音色と余韻が優れていて、しかも音源として安定しているということで、ソニーのマイクロフォンのサウンドチェックに使われるようにもなりました。さらに、冨田 勲先生との出会いによって、この音がクローズアップされるようになり、平成9年からは、NHK「街道をゆく」のテーマ音楽に使うていただきました。また、その年の冬には「伝統工芸を守り,暮らしと心に潤いを与えてくれる音」として「音の匠」(日本オーディオ協会主催)にも選定されました。デジタル技術の発達によって、この音のほぼ完全な再現が可能になったらしく、冨田先生の昨年のロンドン公演「源氏物語交響絵巻」のCD化に際し、この火箸の音を加えたいとのことで、この2月に火箸の音色の録音がありました。何かしら、「源氏物語交響絵巻」のなかの「宇治十帖」で、浮舟が雪の降りしきる宇治川に身投げするシーンに合うらしいですわ。(引用元

「この仕事、槌を握って間もなく40年、鉄に苦しめられ、鉄に楽しませてもらいましたわ」とお話されていました。お話を伺っていて、まさしく鉄のような生き方をしてこられたのだなと思いました。鉄はさまざまな形に姿を変えます。たとえ形は変わっても、鉄は鉄。しなやかさ、強さ、時代に翻弄されるなどの脆さ、加えてこの音。時代に合わせて自由自在に形を変化させながらも、普遍のものをしっかりとなかに秘めている、継承してきている。  この「明珍火箸風鈴」の音はまさしく諸行無常の響き、不立文字の音。音を聞くと、思わず手を合わせて拝んでしまいます。この音色の何ともいえない余韻の底には、脈々と続いてきた明珍家の魂、すなわち伝統が聞こえるような気がしました。(平成12年2000年当時。出典はこちら

抜粋ゆえ話が飛んでおります。是非引用元をお読みください。現在(令和三年五月)、明珍宗敬(むねたか)氏が第五十三代として明珍家を継承されております。平安の世から兜甲冑、火箸、風鈴と形を変えつつも、変わることなく脈々連綿と受け継いでこられたものが「音」。令和はまさに「歳歳年年世不同:歳歳年年(さいさいねんねん)世同じからず」・・あなたの「音」その仕事の「音」・・耳を澄ませれば聞こえてくるはずです。ご自愛の程ご歯愛の程。3310

BBTime 515 変異人

BBTime 515 変異人:へんいびと
「目には青葉山時鳥初鰹」山口素堂

掲句にはこの時期よく出会います。目で青葉、耳でホトトギス、舌で鰹と視覚聴覚味覚および触覚を見事にカバーしており、本歌(ほんか、オリジナル)には「は」が入っています。チラシなどで目にする「目に青葉山ほととぎす初鰹」は正確には単にコピー(言葉)、「目に青葉」の方が平仮名五文字となり言いやすいのでしょう。変異しています。

「目には青葉尾張きしめん鰹だし」三宅やよい・・・句の解説に『思わず破顔した読者も多いだろう。もちろん「目には青葉山時鳥初鰹」(山口素堂)のもじりだ。たしかに、尾張の名物は「きしめん」に「鰹だし」』(解説より)。かなりの変異です。

「味噌・醤油・塩・酢・浅葱・初鰹」瀬戸正洋(せいよう)・・・解説に『調味料、そして薬味、初鰹。単語の羅列だけでできた句。たとえば映画のカメラが台所を撮影しているような感覚がある。味噌を映し、醤油を映し・・と来て、最後は初鰹をクローズアップ』(「食の一句」櫂未知子著82頁より)。この句が冒頭の句を本歌としているか否かは分かりません。踏まえているならば相当の変異です。ちなみに「浅葱」は「あさつき」。

ニュースでインド変異株が連日のように伝えられます。記事に『L452R変異はアジア人の免疫から逃れるために発現したとも仮定できる」と指摘する』(出典はこちら)とあります。地球上の動植物はもちろんのこと、細菌やウイルスにおいても「生き延びるために変わる」ことは共通しています。正確に言うならば「ウイルスは始終変異しており、その時々の環境や条件に合った変異株が生き残る」のです。ウイルスであっても生き延びたいのです。結果的に生き延びるための変異なのです。

次のような記事も目にしました。「なんでんかんでん 川原ひろし社長はコロナ直撃も悲壮感なし、アフターコロナの飲食店のあり方も語る」(出典はこちら)内容は『オープン直後は好調でしたが、3月から怪しい雰囲気になり、緊急事態宣言が出た4、5月は入居していたビルが閉鎖。たくさん入居していた居酒屋がみんな撤退するありさまです。その後やることがなくて。寝るのが好きなので、働きづめだった35年分寝ようと開き直りました』『この1年、家に籠りっきりであまりにも暇なので、ペペロンチーノやバーニャカウダーといった料理を基本から勉強して、かなり料理が好きになりましたね。こんな生活を送っていると、ますます店をやりたい気持ちが強くなって、なんでんかんでんを再始動させるとともに、ラーメン以外のメニューにもチャレンジしたいと意欲が湧いているところです』(記事より抜粋)。見方によってはこの方も変異されています。そうです!コロナウイルスが変異するのであれば、我々人類も変異せねば生き残れない(仕事・収入が続かない)のではないでしょうか。

これは「明鏡志水」特製淡麗塩らぁ麺・・『JR博多駅5、6番ホームにあるラーメン店「明鏡志水」が人気だ。600~1100円と立ち食い店にしては高級だが、限定100食が連日売り切れ、食べるためだけにホームに来る人もいるという』(記事はこちら)。この方(秋吉氏)も変異人(へんいびと)です。六月末までの営業、チャンスある方は是非食べてみてください。スープをひと口飲んだだけで元気百倍食欲千倍!

仕事のみならず、マスク常用、小声での会話、ソーシャルディスタンスなど自分のみならず人(他人)も守る心遣いを踏まえたライフスタイルの実践も変異人です。最後にダーウインの言葉からふたつ。「有利な個々の変異を保存し、不利な変異を絶滅すること。・・・これが自然淘汰である」「生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである」(引用元)。皆さま、ご自愛の程ご歯愛の程。9420

BBTime 514 舌は強か!

BBTime 514 舌は強か!
「蠅の舌強くしてわが牛乳を舐む」山口誓子

「強か:したたか」辞書には『逆境に立たされてもくじけることなく、いかなる手段や奇計とも思える策を弄してでも危機や困難を乗り越えよう(非難や世間の思惑などを気にせず、自己の利益や立場を守ろう)とする強い生命力・精神力をそなえているととらえられる様子だ』(新明解国語辞典より)とあります。今回「舌は強か!」言い換えれば「舌(美味しい)は頭(健康維持)に勝つ」「砂糖や脂肪分の量よりもオイシイが勝つ」のお話。掲句は季語「蠅」で夏です、あしからず。

巷で話題の「マリトッツォ:Maritozzo 伊語」の記事を目にしました。「伊菓子「マリトッツォ」、持ち帰りで高まる人気」(朝日新聞4/24付)・・・『ブリオッシュ生地などの円いパンに生クリームをたっぷり挟んだお菓子「マリトッツォ」が売れている。イタリア・ローマ発祥で、現地では朝食として食べられることが多いという。口をあけたような形が愛らしく、オレンジピールなどで香りづけしたり、果物を挟んだりと、バリエーションも豊かだ。手頃な大きさで持ち運びしやすく、コロナ禍で高まった巣ごもり需要にフィットしたことも人気の一因のようだ。』(記事より)。

翌日(4/25)の天声人語にも登場!『ぽっかりと口をあけたように切れ目が入り、生クリームが大量に詰まった丸いパン。週末の朝、散歩中にのぞいた菓子店で思わず声が出た。これは、ローマ名物のマリトッツォではないか▼現地で特派員をしていたころ、カプチーノと一緒に立ち飲みの喫茶店でよく食べた。手づかみで食べやすく、忙しい日の朝食にぴったりだ。最近、日本でも人気だという▼名の由来はイタリア語の「夫(マリート)」。古代ローマ時代、羊飼いの夫に妻が持たせた腹持ちのよいパンが起源だという説がある。近代にはクリームの中に指輪を隠し、プロポーズに使われたとも。最古とみられる記録は19世紀前半で、ローマの詩人が明るくうたった。〈私は毎日、聖なるマリトッツォを買いに行く……〉▼』(前半のみ)

幾つかのマリトッツォを食べました。店の違いはあれど、思ったより甘くなく美味しい!。イタリア語で「Marito:マリート」は「夫」の意。マリトッツォは日本語なら夫やウチの旦那の愛称で「ダンナちゃん」でしょうか。本「フェラーリと鉄瓶」(奥山清行著)に「朝から滅茶苦茶テンション上げないと、イタリア人とは渡り合えない」のような下りがあります。朝出勤途中のカフェでマリトッツォとエスプレッソでバチッと目を覚ますのでしょう。

人は何のために食べるのか?決して健康維持のためだけではなく、生きる糧(かて)としての食事、生きる糧である気力をチャージするためでもあるでしょう。食べることは「生きる」こと、健康維持のためだけではないと思います。マリトッツォ人気は心のチャージなのでしょうね。蛇足ですが・・歯磨きお忘れなく(笑)。福岡市なら、もちろん「アマム ダコタン」!

最後に句の解説より『誓子作品についてよく言われる即物非情の非情とは、これまで「もの」が負ってきたロマンを一度元に戻すことだ。蝶は美しい。蛾は汚い。黒揚羽は不吉。ぼうふらは汚い。蠅は汚い。みんな一度リセットできるか。それが写生ということだと誓子は言っている。子規が言い出して茂吉もそう実践している。生きとし生けるものすべてに優しさをとかそんなことじゃない。「もの」をまだ名付けられる前の姿に戻してまっさらな目でみられるか。この「強くして」がいいなあ。「生」そのものだ』(解説より抜粋)・・・まさにマリトッツォ人気も生(なま)の生(せい)。菓子パンは太る、甘いものはムシ歯になる・・ではなく、リセットしてみるとただ単に「美味しいものはオイシイ」なのでしょう、きっと。皆さま、ご自愛の程ご歯愛の程。8010

BBTime 513 理不尽

BBTime 513 理不尽
「行春や鳥啼き魚の目は泪」松尾芭蕉

ひと雨ごとに「行く春」を感じます。この句が詠まれたのは332年前の五月十六日。解説に『芭蕉が「おくのほそ道」の旅に出発したのは、元禄二年(1689年)の「弥生も末の七日(三月二十七日)」のこと。この日付をヒマな人(でも、相当にアタマのよい人)が陽暦に換算してみたところ、五月十六日であることがわかったという。すなわち、三百十一年前の今日のことだった』(2000/5/16の解説より)。「魚の目は泪」の解釈にも諸説あるようです。今回は昨春からのことを念頭においての「理不尽」。

画像は三年前(2018/5/14付)朝日新聞「折々のことば」。読み返してまさに「今でしょ!」と思います。死亡、会社の倒産、店の閉鎖、減収などを「理不尽」の一言で済ますことはできません。が、しかし未だ先が見えず、まだまだ続くであろう現状を思うに、こうでもとらえなければ「忿懣やるかたない」のです。

学生時代、ラグビーやってました。「理不尽」なスポーツです。ボールを前に投げる「スローフォワード」は禁止、スクラムやラインアウトも基本的には同等な条件です。加えてボールがご存じのように楕円球、着地後どちらにバウンドするかは球次第!・・まさに人生。ひとたび試合が開始されると「楕円形が悪い」「スローフォワードのルールが悪い」「・・が悪い」などと言っている暇はありません。

『食事は独りでとるより誰かとお喋りしながらするほうが旨い』・・これも真実。人(他人)に会いたい、集いたい、触れたい・・など、人としての根本的な行為が禁止・制限されるから「忿懣やるかたない」のです。

変異株について次のようなことを耳にしました。『ウイルスは宿主が居ないと生存できないので宿主が全滅してしまうと自分たちも全滅してしまいます。宿主が免疫を付けても繁殖しにくくなり死活問題になりますので変異して生存し続けようとしますが、感染力は上がるかもしれませんが宿主を全滅させないように基本的には弱毒化します』(出典はこちら)。だからと言って感染予防策を怠って良いということではありませんが、永遠に今と同じではないであろうということは想像に難くありません。

ノーサイドの笛が、いつ吹かれるかは神のみぞ知る。その時まで「日常は理不尽」として日々過ごすほうが、賢いでしょう楽しいでしょう。呉々もご自愛の程ご歯愛の程。6060

BBTime 512 ドロプレット

BBTime 512 ドロプレット
「晩春をヌード気分のマヨネーズ」小枝恵美子

今年は開花が例年以上に早く、しかも咲いたと思ったら瞬く間に満開となり、散り始めました。ところが散り始めてから鹿児島は花冷えです。さて晩春と呼ぶには早い気がしますが、掲句の「ヌード気分」はさておき、昨今首から下のみならず、首から上もヌードはNGの日々です。そうです!マスクが外出時のマストアイテム。今回は「マスクが極めて有効である」についてのお話。

よく聴くラジオNHK第二「カルチャーラジオ科学と人間 老化を防ぐ最新医学」第2回にマスクの話が出てきます。6/4まで聴くことが出来ますので是非!(こちら)。結論「マスク着用は極めて効果あり」!

コロナウイルスへの感染経路には「接触」「エアロゾル」「飛沫:ひまつ」などが指摘されて来ましたが、ラジオによると主犯は「ドロプレット:droplet」と呼ばれる「小滴:しょうてき」とのこと。ドロプレットとは目に見える程度の大きさの飛沫のことで、エアロゾルに比べるとかなり大きな粒子です。ましてやウイルスとは比較にならない程大きなものです。だからこそ「マスクは有効」なのです。

「会食」「大声での会話」「カラオケ」などで感染が拡大した事例から、マスクをやすやすと通過するウイルスよりもウイルスを含んだ小滴(しょうてき・ドロプレット)が主犯であるということがはっきりしてきました。もしエアロゾルが犯人だとすると満員電車でクラスターが生じるはずです。空中に浮遊しているエアロゾルよりも悪いのはドロプレットなんです。

主犯がドロプレットであるため、空中に浮遊せず下(床や地面)に落ちます。ダイヤモンドプリンセス船内において、ウイルスが多く検出されたのはトイレの床が最も多く、次いで枕や電話器、机やテレビのリモコンだったそうです。イギリスの論文では「1メートルから2メートル離れると感染力はかなり減る」とのことで、1メートル離れればかなりリスクは減り、2メートルだとほぼ大丈夫とのこと(ソーシャルディスタンス)。空中に浮遊しないので、下に落ちる、よって離れれば予防効果ありなのです。

加えて留意して欲しいのは「不顕生感染者からうつる」こと。不顕生感染者とは無症状感染者のこと。すなわちコロナ感染者からよりも「不顕生感染者」からの方が格段にうつる可能性が多いのです。具体的には症状の出ていない若い人(20歳以下)から高齢者への感染が最も危険。まとめますと最も有効なのは「ソーシャルディスタンスの確保(2メートル)」「マスク着用」「手洗い」の三つです。若い人には失礼な話かもしれませんが・・「マスク非着用の若人」が2メートル以内に接近してきたら要注意。一にも二にも「2メートル」「マスク着用」「手洗い励行」この三つです!皆さま、ご自愛の程ご歯愛の程。5120


BBTime 511 習慣の盲点

BBTime 511 習慣の盲点
「ンの字もソの字も同じ入学す」中野寿郎

入学式の季節です。句の解説には『季語は「入学」で春。ははは。「ン」と「ソ」は確かに似ているし、書き順を同じにすると、どっちがどっちなのか区別がつかない。まごまごしているうちに、晴れて小学校入学ということになってしまった。そんな幼いころを、自嘲というほどではないけれど、微苦笑しながら振り返っている。入学の句というと、圧倒的に我が子のそれを詠んだものが多いなかで、掲句は自分の入学を詠んでいて珍しい。一見我が子の句としても通用しそうだが、戦後の小学国語では平仮名表記から教えるから、これは片仮名を先に教えた敗戦以前に入学した人の句と解釈すべきなのだ。他ならぬ私の入学も、敗戦の一年前だった。「ン」と「ソ」の区別に悩まされたクチである。だから、作者の気持ちはよくわかる。「エ」と「ヱ」の書き分けにも戸惑ったし、「イ」と「ヰ」の使い分け方なんてさっぱり理解できなかった。おまけに「清水」という苗字の仮名表記が、なぜ「シミズ」ではなくて「シミヅ」なのであるか。それがまた戦後になると、ころりと逆転して「シミズ」と書けと言われては、何がなんだか……と、かなり目の前が暗くなった。いまひとつ国語になじめなかったのは、案外こんなところに原因があったのかもしれないと思う。全国的に、昨日今日あたりが入学式のピークだろう。いまの子供たちは、どんなことにまごつきながら入学するのだろうか。江國滋『微苦笑俳句コレクション』(1994)所載。(清水哲男)』(解説より)。今回は習慣の落し穴、習慣の盲点についてのお話。

習慣を辞書で引くと『いつもそうする事がその人の決まりになっていること』(新明解国語辞典より)とあります。皆さんの歯磨きの習慣は何歳頃のことでしょう?おおかた物心ついた時分でしょう。三歳、四歳、五歳では。冒頭の句同様に、小学校入学前には歯磨きの習慣が身に付いていたのでは。「ン」と「ソ」については入学後にしっかり習いますので書き分けができるようになると思います。しかし歯磨きはどうでしょう。おそらく四、五歳頃から親御さんに「歯は磨いたの?」「歯を磨きなさい」「ちゃんと磨きなさい」と言われて板のでは。文字は学校で教えてくれますが、誰もしっかりと教えてくれないにもかかわらず「磨け」と言われ、本人においても「磨けているのかどうか」判断つかぬまま、言わば一方的に「磨け」と言われてもなあと思いつつ・・、何の為に歯を磨くのかわからぬままに・・。

習慣とは先に書いたように「その人の決まりになっていること」であって、正しい(適切である)正しくないとは無関係です。歯磨き以外にも「顔を洗う」「体を洗う」などもありますが、根本的に違うのは歯だけが新陳代謝しない事です。顔や体は、洗い残した部分(汚れが残った部位)があっても、いずれ皮膚は汚れとともに剥がれ落ちます。しかし歯の表面は新陳代謝しないので汚れ(バイオフィルム)とともに剥がれ落ちることは決してありません。

加えて髪の毛(頭髪)であれば、周りの人はもちろん本人も鏡を使えばすぐに現状を知る事ができます。口の中(歯)はどうでしょう。たとえ鏡を使ってもなかなか見えませんよね。あなたの歯の汚れをご自分で可視化する方法はただひとつ「染め出す」事です。新学年、新生活になって気分一新の今、習慣の見直しをオススメします。日々の歯磨きに「染め出し」を是非加えてください。週に一度で結構です、是非!さらに月に一度、歯科医院でPMTC(歯のクリーニング)を受ければ言うことなしです。皆さま、ご自愛の程ご歯愛の程。2800


追加:「ン」と「ソ」のもとになった漢字を調べました。「ン」が尓(なんじ)で「ソ」は曽とのこと。ややこしいのは「尓」の訓読みは「そ」なんです。
おまけ:先日小通りを自転車走行中に、看板「パソコン教室」が目に留まりました。「ン」と「ソ」を取り違えたら・・「パンコソ教室」・・パンこそ命!のパン大好き人が通う教室みたい(笑)。

BBTime 510 納豆納得

BBTime 510 納豆納得
「三月の甘納豆のうふふふふ」坪内稔典

甘納豆と聞いただけでジワッと唾液がふえます。句の解説には『この句を有名にした理由は、なんといっても「うふふふふ」という音声を活字化した作者の度胸のよさにあるだろう。EPOのかつてのヒット曲に『うふふふ』があるが、彼女の場合には「うふふふ」を音声で(歌って)表現しているわけだから、度胸という点では稔典には及ばない。いずれも春の歌であり、春の喜びを歌っていて、両方とも私は好きだ。(後略)』(解説より)。今回は甘くはない納豆・・普通の納豆がコロナ防御に一役買うお話。

3/28のネット(PRESIDENT Online)の記事を読んで納得し、さらに納豆食う!と強く思いました。タイトルは『コロナ感染でも無症状で済むように「一日一食」は食べるべき”あるもの”』(記事はこちら)。記事ではまず「付着」「感染」「発症」について:「ウイルスが皮膚や粘膜に付着しただけの状態は「感染」ではありません。細胞に侵入し、分身をたくさん作りだした状態、これが「感染」。(中略)感染し私たちのカラダの細胞に入り込んだ侵入者(ウイルス)の分身がふえていくと、カラダの細胞の構造物の一部が壊れてきます。つまり、私たちのカラダの組織が炎症を起こします。そうすると、痛みや発熱、下痢、セキなどの症状があらわれます。これが「発症」です。」(記事より抜粋)

記事は続きます「マスク、うがい、手洗いは、感染を防ぐためのゲートキーパーです。とはいえ、ご存じのとおり、これらも万能ではありません。うがい、手洗いも同様に100%シャットアウトできるものではないでしょう。手洗いは一定の効果があるとはされていますが、うがいに至ってはその効果は明確なエビデンスがありません。多人数が集まらない、距離をあける、換気をするなど、三密を避け、なおかつマスクをし、うがい手洗いを徹底しても、感染自体を100%防げるものではないのです。」(記事より抜粋)

「前述のように「感染」と「発症」とは違います。たとえ感染しても、「発症」しないようなカラダであればいいのです。そこで出てくるのが、「免疫力」です。感染予防の実際の取り組みはたったの3つです。・粘膜のバリアの機能強化 ・自然免疫のパワーアップ ・腸内環境の改善 これができれば、感染しにくいカラダ、さらには感染しても発症しにくいカラダにすることができます。」(抜粋)。

記事ではさらに「なぜ免疫力を上げるとウイルスに勝てるのか・・1)粘膜はウイルスなどの外敵が入り込もうとするのを阻止する“バリア”の役割を果たしていますが、これを強化することがウイルスに打ち勝つカラダづくりの一つ目のポイントです。この粘膜バリアに不具合があると、ウイルスが細胞の中に入り込んでしまうのですが、次の防御として、私たちのカラダのなかにはカラダの細胞の周辺をパトロールしている“おまわりさん”のような存在がいて、侵入者が体内に入ると速攻でやっつけてくれるのです。2)NK細胞やマクロファージと呼ばれるもので、これが自然免疫です。これにしっかりと働いてもらうようにするのが二つ目のポイント。3)そして、三つ目が腸内環境をよくすること。これで粘膜はもちろん、ウイルスに対する初動捜査を担当するおまわりさん役の細胞たちや、このおまわりさんを元気にするミトコンドリアを元気にしてくれます。さらには、腸内環境がよくなると、ウイルスなどの外敵を排除する物質を腸内細菌たちがよく出してくれるようにもなるのです。」とのことでした(記事を一部編集)。

では実際に何をすればいいのか?記事では「発酵食には、味噌や醤油、お酢、漬物、納豆など、いろいろな食品がありますが、この発酵食品がウイルスに負けないカラダをつくるうえでも心強い味方になってくれるのです。」との答えでした(記事より)。

わかりやすく言い換えると・・1)ウイルスが付着しない(しにくい)ように→換気する・マスク、手袋、ゴーグルなどを着用・距離を保つ。2)付着後感染に至らないように→手洗い・うがい(科学的根拠は乏しいようですが)の励行・自然免疫の強化。3)万が一感染しても発症しないように→腸内環境(腸内細菌)を整える・強化する。・・と言うことは結局「マスク着用し、距離を保ち、納豆味噌汁(発酵食品)を毎日食べる」のようです。ヨーグルト、チーズ、漬物などでも良いでしょう。これならできる!今を乗り切るために「毎日納豆食う」と納得して今日から納豆いただきます!皆さま、ご自愛の程ご歯愛の程。2000



BBTime 509 勝者の歯磨き

BBTime 509 勝者の歯磨き
「菜の花や月は東に日は西に」与謝蕪村

音のリズムに加え、漢字と平仮名が交互に出てくる見た目のリズムも好きな句です。解説によると今から約二百五十年前、三月二十三日作とのこと(1774年、247年前)。今回は前回「ハイシャのハミガキ」を受けて「勝者の歯磨き」です。

では小生が勝手に考えた「勝者の歯磨き」を述べていきます、順不同。
1)歯磨きの場所は洗面にこだわらない。同居の方との擦り合わせも必要ですが、洗面所に固執する必要もなければ、意味もありません。どこでも歯磨きオススメです。2)歯磨きに必要なモノ:結論から言います。歯磨き粉は必須ではありません。必須なものは「歯ブラシ・フロス・舌・水」。歯ブラシとフロスはお使いでしょう。舌は?舌で歯磨き、磨き残し部位の発見に使います(「猫の舌」参照)。水はうがいです。歯磨きできない時のウガイは有効です。3)歯磨きは食後のみにあらず。食後の歯磨きは、食後の皿洗いと同様です。もちろん食事直後が最も汚れているのですが、食器に着いた汚れ・歯の汚れは基本的には食物であって、腐敗物でもなくバイキンの塊でもないのです。歯の表面についた糖分を餌に、時間が経つとバイキンが酸を作ることが問題なんです。4)あえて言うと、キレイでない、汚れている皿やお箸であなたは食べているかもしれません。そうであれば、食前に歯を磨くことも意味があるのです。と言うことは、歯磨きはいつでもOKだとも言えます。

5)では、いつ磨くのが良いのか?オススメは時間が取れる時に、が答えです。シンプルに言えば「いつでもどこでも磨ける時にミガク」がよろしいかと。イチオシは入浴時の湯船磨きです。ウルトラマンとカップラーメンは3分ですが、やってみると歯磨きの3分はかなり長く感じます。是非、湯船磨きで3分から5分間を目標に。6)さらに、こんなことを言うと「エッ?」と思われるかも知れませんが自分磨きには限度があります。そこでズバリ「歯は磨いても、もらうもの」!歯科医院での定期的なメンテナンスは必須です。

7)食べ物やメニューによって歯磨きを変えることは意味のあることですが、日常では困難。現実的に可能なことは、磨けない時の「コップ一杯の水」で水ウガイです。レストランでデザート直後に「お水ください」で、こそっとグジュグジュゴックン。デザート直後の皿の水洗いとイメージしてください。8)日々日常で携帯するのはケータイのみならず是非フロスも。周りから見えない場面で爪楊枝同じく使います。フロスも携帯してください。9)余計なお節介ですが・・「ハイチュウ」はダメです!もし食べたら、水ウガイか歯磨きを!

10)スプーンではなく鏡でご自分の歯を見てください。素顔のみならず、髪型だけでなく、歯も見てください。11)最後に再度申しますが、歯磨き粉はさほどムシ歯予防に効果を発揮しません。唾液磨きの方が効果ありです。唾液磨きであれば、洗面に立つ必要も無く(歯ブラシが手元にあれば)、ご自分の唾液ですので吐き出す必要もなく、長い時間磨けます。12)それでも歯磨き粉を必要とされるのならば、大人の方ならばフッ化物濃度1450ppmFのモノをオススメします。使用タイミングは歯磨きの最後に、しかもラストのうがいは無しで歯磨き粉を吐き出すだけ。うがいしてしまうと折角歯の表面に塗られたフッ化物を洗い流してしまうので効果減です。

人は生きるために食べます。味わうために健康な歯が必要です。ご自身での切磋琢磨は困難です。セルフケアが基本ですが「歯は磨いてももらうもの」。ご自愛の程ご歯愛の程。今回ご紹介する曲は「三月の水」です。ではまた 0530


BBTime 508 ハイシャのハミガキ

BBTime 508 ハイシャのハミガキ
「朝寝して敗者に似たる思ひあり」菅原けい

句の解説より『季語は「朝寝」で「春眠」に分類。父が早起きの性だったことと農家だったことで、子供の頃から早起きだった。起床は遅くとも午前六時。それ以上寝ていると、父に容赦なく布団をひっぺがされた。それが性癖となってしまい、夜明け前に起きるのはへっちゃら。と言うよりも、太陽が顔を出す前に自然に目がさめてしまうようになったのである。おかげで、後年ラジオの朝番組のときには大いに役立った。しかし、何かの拍子に、起きると外が少し明るい朝もある。そんなときは、この句の作者のようにみじめな気分になってしまう。「ああ、シッパイした」などとつぶやいたりする。なんとなく損したような気分なのだ。この句はたぶんそんな早起き人間にしかわからないだろうが、少しくらい朝寝したからといって、別に生活に支障があるわけじゃなし、どうしてみじめな気持ちになってしまうのか。自分の意思とかかわりないところで、性癖が崩れることに漠然とした不安を覚えるからなのだろうか』(解説より抜粋)。今回は敗者ならぬ「歯医者の歯磨き」について。

学生時代(歯学部)に「歯科医療従事者の中で、歯磨きが一番上手いのは誰か?」との問いがあり、答えは「歯科医師」。理由は「歯牙の解剖を一番知っている(はず)から」とのこと。歯の形・形状を熟知していると言うことは・・1)歯の汚れやすい箇所・汚れが残りやすい部位を知っている。2)歯の形を熟知しているので、適切な磨き方もわかる。3)食べ物のリスク(糖分など)も知っている。4)ひとたび歯を削ったら「終わり」であることを知っている(オワリとは言い過ぎかも知れませんが、これが一番の真実です)。

5)ブラック・ジャックは自分自身で手術をしますが、歯科医はほぼ無理です。以上5つの理由で歯科医師は自分の歯をしっかり守ります。さらに自分の子供の歯については、プロとして守ります。そこでタイトル「歯医者の歯磨き」・・とはいかなる歯磨きでしょうか?

1)よく歯を磨く、すぐ磨く、じっくり磨く。2)リスキーな食べ物・食べ方を避ける(傾向にある)。3)信頼のおける、自分より上手な歯科医師をかかりつけとする。ここでは小生の歯磨きを例に「ハイシャのハミガキ」をご紹介します。

メインはブラウンの最新電動歯ブラシ「iOシリーズ」です。これはオススメです。BBTime498「人生の触媒」に『ブラウンの電動歯ブラシ「オーラルB iO」。ブラウンの電動歯ブラシ新型です、まさに殿堂入りの電動ブラシ!2分以上磨くと「ニコニコマーク」が表示されます。この電動歯ブラシでの二分間は手動の10~15分くらいに相当するでしょう。旧型との大きな違いは二点。まず静か・・無音とはいきませんが静かです。もう一点は、磨いた後の歯の表面が違います・・ツルツル!難点がひとつありました、ひとセットで三万円超えること』と書いております。

サブは画像:ウルトラフロスのSサイズ。常時携帯して爪楊枝のように使います。歯ブラシで汚れが落ちる部位と、フロスがキレイにする部位は異なります。歯ブラシだけでは不十分です!フロス・・特にこのY字型のホルダー付きフロスは必須です。

もうひとつオススメしたいのが、この歯ブラシ。小生考案の坐る歯ブラシです。グリップが太く、背丈が低いので長時間磨けます(不思議なくらい長く磨けます)。この歯ブラシを歯磨き粉無しで使います。唾液磨きです。唾液で磨くので、場所を問いません(あくまでもプライベートな空間や仕事場のご自分のスペース)。坐るのでどこにでも置くことができます。手を伸ばせば、すぐ手に取れます。興味のある方はminneもしくはcreemaに出品しています。この歯ブラシの使い方はBBTime461「耳寄な話」を。

一日の歯磨きは1)朝ジョギングの後、お風呂で電動歯ブラシ。2)ランチ後フロスと歯ブラシ(手動)。3)就寝前に電動歯ブラシです。ちなみにメンテナンス(PMTC)は月に一回。以上が小生のハイシャのハミガキであります。

ムシ歯になってない歯を「天然歯:てんねんし」と言います。基本的に、生まれながら(生えた時に)ムシ歯の人はいません。生まれ持った天然歯を守らないのは「モッタイナイ」話です。ということで今回の曲は「君は天然色」!皆さま、ご自愛の程ご歯愛の程。8610

句の解説の後半です。『三十代でやむをえずフリーという名の失業者になったときには、早起きの自分にいささか辟易させられた。早く起きたってすることもないので、それまでなら出勤する時間まで何もせずに過ごしていたのだが、これがなかなかに辛かった。早起きは習い性だったけれど、朝の時間に読書とか何かをする習慣はなかったからだ。たまらなくなったので、机の前に次の江戸狂歌を大きく書いて貼っていた時期がある。「世の中に寝るほど楽はなかりけり 浮世の馬鹿は起きてはたらく」。座右の銘のつもりであった。』(解説より抜粋)。