泣くのはいやだ 笑っちゃおう

「ひょっこりひょうたん島」
井上ひさしほか作詞・宇野誠一郎作曲

波を ちゃぷちゃぷ
ちゃぷちゃぷ かきわけて
(ちゃぷ ちゃぷ ちゃぷ)
雲を すいすい
すいすい 追い抜いて
(すい すい すい)
ひょうたん島は どこへ行く
ぼくらを乗せて どこへ行く
ウーー ウーー
丸い地球の 水平線に
何かがきっと 待っている
苦しいことも あるだろさ
悲しいことも あるだろさ
だけど ぼくらは くじけない
泣くのはいやだ 笑っちゃおう
進め
ひょっこりひょうたん島
ひょっこりひょうたん島
ひょっこりひょうたん島

大槌湾沖の小さな島、蓬莱(ほうらい)島には、
大小二つの丘があり、
島影はひょうたんの形をしていた。
小さい方の丘に灯台があった。
NHKの人形劇「ひょっこりひょうたん島」の
モデルの一つとされ町の自慢だった。
*今回、ネット記事に見つけました。

It’s a big headache.
頭を抱えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です