インギー鍋:朝の海

インギー鍋:朝の海(鹿児島市)

美味い料理とは「いつ食べても美味しく、
誰と食べても美味しく、
また、食べたくなる料理」のような気がする。
そのような料理の多くは、
きわめてシンプルな調理である。
焼くだけ、煮るのみ。
焼き物であったり、鍋であったり。
この「インギー鍋」はシンプルな塩味。
素材が「インギー鶏」とネギ。
インギー鶏について、詳しくはこちら
簡単には、イギリスの船が明治27年に種子島に漂着し、
その際、島民が手厚く船員を介抱し、それに感激した船員が、
船に乗せていた鶏をお礼として島民へ。
イギリスがなまってインギー、
現在、イギリス本国にはこの鶏は生存せず、
貴重な種として種子島のみに存在。

お店「朝の海」はちゃんこ屋さん。
若旦那いはく「どうしてもちゃんこのイメージは冬なので、
ちゃんこ屋の夏メニューとしてつくりました!」
まずは小振りの椀でスープが出ます。
これを一口飲んだ途端「恐れ入谷の鬼子母神」。
肉自体はおまけのようなモンで、やはりスープがメイン。
ネギや肉に舌鼓を打つうちに、鍋は空に。
〆は鶏飯(けいはん)、これがまた美味。
塩ベースの鶏の鍋、どこにでもあるような料理ですが、
ここにしかない鍋料理。
福岡から新幹線で来る価値あり!
ちなみに若旦那はソムリエ資格保持者、
泡・白・赤と料理と相性の良いワインをセレクト可、
これも、また楽しみのひとつ。
要予約。
なぜ、鍋が空っぽかって、
あまりに美味すぎて、撮るのを忘れ、
気がついたら、時既に遅し。

朝の海」鹿児島市樋之口町(てのくちちょう)10-7
電話099-239-3333

インギー鍋:朝の海” への1件のコメント

  1. ピンバック: やはりシンプル!インギー鍋 | CONNOTE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です