BBTime 028 ハイチュウ 中毒 ハイ注意!

BBTime 028 ハイチュウ 中毒 ハイ注意!

「将来よグリコのおまけ赤い帆の」清水哲男
グリコと言えば「おまけ」です。
images
グリコはご存じグリコーゲン入りのキャラメルです。幼い頃お世話になりました。美味しいお菓子、甘いキャラメルを食べると「スマイル」になります。しあわせです!ただし要注意「綺麗な薔薇には棘がある」「美味しいモノには毒がある」「甘いお菓子は酸つくる」「ハイチュウ中毒ハイ!注意」
images-1
先日、男の子のお母さんが「仕上げ磨きをしているのにムシ歯が大きくなったようで・・」とのこと。よくよく聞いてみるとパパがハイチュウ大好きで自宅に常備、子どもさんは帰宅後当たり前のように「ハイチュウ、頂戴」でクチャクチャ。これではお母さんが一生懸命仕上げ磨きしても追いつきません。ハイチュウで歯を砂糖漬けしているようなものです。早速「ハイチュウ中毒!ハイ注意」で他のお菓子への変更をお願いしました。
「齲蝕誘発能:うしょくゆうはつのう」という言葉があります。ムシ歯になりやすいことです。ハイチュウは誘発能大です!では低いもの(お菓子)にはどんなものがあるのでしょうか?砂糖ゼロであればムシ歯はできませんが、人生において「甘いものゼロ」では「辛い(からい、いえいえ、つらい)人生」です(笑)そこで賢く甘いものを楽しみましょうよ。
IMG_1741
表にあるように、アイスクリームは誘発能が低い食べ物です。表の中の因子は①=プラークをつくる力、②=酸をつくる力の強さ、③=食べている時間(飲み込むまでの時間)、④=食べ終わっても口に残って作用する時間、です。ハイチュウより、アイスクリームやプリンの方がムシ歯にはなりにくいのです。この表の出典はこちらの109ページです。次のようなグラフも見つけました。
IMG_1743
このグラフだと、菓子パンはリンゴの約100倍なりやすく、キャラメル入りチョコは150倍の誘発能です。出典はこちらの49ページです。「飲み込むまでの時間」をお菓子選びのポイントに加えて下さい。ハイチュウよりプッチンプリンを!今回のEBLife009は「ハイチュウよりプリン」です。潔くお菓子を絶ったユーチューバーもいます。では今回の歯磨き曲のご紹介。お菓子を食べるとハッピー!食べてムシ歯にならなければさらにハッピー!というわけで「Happy Talk」ハッピートークです。コンビニのCMにも使われていたようです。この曲をドリス・デイも唄ってました。こちらはおまけ
images
7252

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です