BBtime 057 予防カフェ:ジュースを甘く見ないで!

BBtime 057 予防カフェ:ジュースを甘く見ないで!
「ワタナベのジュースの素です雲の峰」三宅やよい
images
「雲の峰」で夏の句です、ここ数日また暑いのでご容赦ください。ワタナベは記憶にありませんが「ジュースの素」にはお世話になりました。辞書を引くとジュース(juice)とは本来、果物や野菜の汁のこと。確かに昔はジュースと清涼飲料水は別物でした。「清涼飲用水:アルコール分を含まない(アルコール分1%未満)飲用の液体物で、味や香りがある飲料水のことである」だそうです。店の軒先に書いてある「清涼飲用水」の文字を見て「なんのこと?」と思った記憶があります。
20131111154317
それゆえカルノ世代や親の世代は「ジュース=体に良い」の幻想が頭の何処かにあるのかも知れません。仕事でムシ歯高リスクの中高生(特に男子)に出会うことがあります、すかさず「原因は何?」と聞きます。返ってくる答えの多くは「ジュース飲みます」です!ジュースを甘く見ると危険です。ジュースは甘く飲むモノなんですが・・。理由はだたひとつ、高濃度の砂糖です。しかも巧みに甘さを露骨に感じさせないために酸を使って絶妙な味に仕上げられています。高濃度砂糖+酸→ムシ歯のリスク超高し!!ひと頃攻撃の矢面に立たされたのがコカ・コーラ、勿論コーラはリスク高しですが、今はコーラ以上に危険なジュースが目白押しです。スポーツドリンクも同じです。コーラに感心することがひとつあります、CMのセンスの良さです。
images
罪滅ぼしのための秀逸なCM作成なのでしょうか(笑)。さて辞書でジュースを引くともうひとつ出てきます、「deuce=ジュース:テニス・卓球・バレーボールで、1セットの勝負が決まる直前に同点になること。以後は一方が続けて2点取るまでジュースを繰り返す(広辞苑より)」そこでdeuceのオススメ、juiceを飲んだらジュースで終わらずにもう1点!ジュースに持ち込む、そのもう1点とは漱(うがい)です。ジュースを飲んだらお茶か水で漱を!ジュースを飲んだらジュースに持ち込む。白い歯をキープするための漱のジュース、甘くはないけどオススメです!今回のBBTimeは勿論コーラのCM、単身赴任労働者の方がコーラのキャップで家族に電話をかけられる、このセンスまさしく清涼飲料水。59690



補足:今日、電車内でジュースのボトルを両手にした3歳位の男の子を見ました。この子の将来を思うと・・。閃きました!飲み終わったボトルに水を入れて漱するのはいかがでしょうか。分別前にボトルも奇麗になるし、漱でムシ歯のリスクも減るし、できればどちらか1本はお茶にして欲しいところです。0020
unknown

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です