追悼「かずさん」が亡くなられた

追悼「かずさん」が亡くなられた
「力ある風出てきたり鯉幟」矢島渚男
unknown-3
カープが優勝した
かずさん(山本一義氏)が先月(九月)亡くなられた
水を差したくないと今月になっての発表
かずさん・・らしい。
「実行」のひとだった
優しいを実行する人だった
練習を実行する人だった
鯉を実行した人だった

優しいを実行:現役時代広島球場での試合中、いつも同じ声のヤジが飛んでくる。若気の至りで飛んで来る方を睨み返していた。ある時、いつもの野次に笑顔で応えた。すると同じ声で「それやあ!」、それ以来その野次は来なくなった。欧米ではスポーツはエンターテイメントにカテゴライズ(分野分け)される。かずさんは1本のヒットがひとつの妙技が観客を喜ばせ元気づかせ、また球場に足を運んでくれることを知っていた。ひとを喜ばせることが優しいを実行。常に感謝し、それを体現されていた。レストランで給仕係がオードブルの説明をする、説明が終わると「ようわかった、説明ありがとう」と片手をあげ笑顔で言われてから食べ始める。次の皿も同様、最後のコーヒーでも手を抜かず謝意を声に出して伝える。必ず謝意を行動で示す、優しいの実行。
練習を実行:「プロ選手とは努力し続けるひと」と仰っていた。現役時代、一枚の色紙のサインのために習字を習い自宅で繰り返し練習する。引退後は依頼された講演のために練習を繰り返す。講演のために毎年スーツを新調されていた。
鯉を実行:真鯉(まごい)のようなぎょろっとした目。現役時代、監督、コーチ、解説者と常に滝を登る鯉のように前進しておられた。ゆえに常に人々から敬慕され教えを乞う人の輪ができた。そうして・・・先月滝を登りきって竜になられた。合掌
mono1702
拙連載記事「ものづくり名手名言 人生是今日が始まり 山本一義氏」前編
mono1701
「ものづくり名手名言 人生是今日が始まり 山本一義氏」後編
追記:かずさんの愛したカープ、さすがです。かずさんも出席されるはず。
「広島 優勝報告会へ亡くなったファンを“招待”」3070

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です