BBTime 122 開け!ドア

BBTime122 開け!ドア
「あたたかきドアの出入りとなりにけり」久保田万太郎

この句は1ヶ月前頃ですので少々ずれているかも・・。最近気がついたシールのお話。仕事場の自動ドアにシールが貼ってあります、このシールが摩訶不思議、ただの薄っぺらなシールなんですがしっかりと仕事をします。画像はこれ。

ご覧の通りただのシールなんですが、ちゃんとセンサーの役目をするというかドアが開きます。カラクリはこのシールに手を近づける(手をかざす)と、ドア上部センサーが人の動きを感知してドアが開く。このシールはタッチセンサーでもなく、押す必要もなく、電線も電源も何もついていないただのシールです。ドアの前を通り過ぎるだけの人には作動(開閉)せず、ドアを開けようとする行為行動を察知する。このカラクリ・発想には恐れ入谷の鬼子母神です。上部センサーはこれ。

ふと思い出したのが、数年前に話題になった「男性用トイレシール」です。小用を足す時に、朝顔の外周辺を汚さないようにとのシールです。このシールめがけて放水する、ちょっとしたゲーム感覚、少年の頃のことを思い出させるような・・行為。

ドアシールを見ながら「ムシ歯予防にもこの発想が必要」と思いました。コストを抑えて、負担をあまりかけずに行動変容を促す。コストをかけずに努力を強いることなく、楽しみを加味(ゲーミフィケーション)して行動変容を起こさせる。今、頭にあるのは「おやつ食堂」です・・煮詰めていきます。

自動ドアにかけて「開けゴマ!」についておまけ話。ウイキペディアによると「開けゴマ(ひらけごま、アラビア語: افتح يا سمسم‎(イフタフヤーシムシム)、フランス語: Sésame, ouvre-toi、英語: Open Sesame)は、『千夜一夜物語』(アラビアンナイト)の1篇とされる「アリババと40人の盗賊」に登場する呪文である。同作品における最も有名なフレーズであり、これを唱えることによって岩の扉が開くというものである。「なぜゴマなのか?」という問いに対しては複数の説が出されているものの、決定的な答えは発見されていない」とのことです。ゴマ屋さんの説明も面白いのでどうぞ。

今回のBeat は開けゴマ!にちなんで「 A Whole New World – Regina Belle & Peabo Bryson」です。また前回ご紹介した桂枝雀師匠の「山のあなた」これは泣けます、再度ご紹介します。


これまたおまけでLINEスタンプのお知らせ、漢字オバケ1と漢字オバケ2、是非お使いください。1330

漢字オバケ第1弾

漢字オバケ第2弾

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です