BBTime 230 歯磨きパフェ

BBTime 230 歯磨きパフェ
「あるけばきんぽうげすわればきんぽうげ」種田山頭火

解説にこうあります「この句に添えて「五月は物を思ふなかれ、せんねんに働け、というやうなお天気である、かたじけないお日和である、香春岳がいつもより香春岳らしく峙(そばだ)つてゐる」と書いている」香春岳は小説「青春の門」に象徴的な山として登場します。山頭火は香春町(福岡)を下関に向けて通過中に詠んだとのこと。香春岳は石灰岩からなる山ゆえにセメント用に削られ、左の山(二ノ岳、三ノ岳)より高かった一ノ岳(一番手前)が平らになっています。

さてBBTime では「食べれば歯みがけ 飲めば歯みがけ」と言わんばかりの内容になっていますが然(さ)にあらず「使ってこそ歯」が本心です。食べたいものを思う存分美味しく頂く、幾つであっても思う存分人生を味わうための「歯」だと思います。そのために「歯」のメンテナンスが必要ですよ!という話。

皆さんご存じ「パフェ」。アイスクリームをベースにフルーツ・チョコレート・生クリームなどを重ねたデザートで語源はフランス語の「parfait:パルフェ」英語での「perfect:パーフェクト」。今回は簡単完璧シンプルパーフェクトな歯磨きについて。登場するのは「歯ブラシ」「フロス」「うがい」「フッ化物」の四つ!歯ブラシをベースにフロス・うがい・フッ化物を合わせたパフェ。

まずは超定番「歯ブラシ」です。画像はライオン歯ブラシ「SP-T」(詳しくは「BBTime220 唾液磨き」を)。二つ目はデンタルフロス:糸ようじ。オススメはこれまたライオンの「ウルトラフロス」(「BBTime 052糸いとおかし」参照)。三つ目は水かお茶での「うがい」です(「BBTime 221カレー皿」ご参照のほど)。四つ目は「フッ化物」(こちら参照「BBTime 227フッ化物」)。ではパーフェクトな組み合わせを考えてみましょう。あなたの平日をイメージしてください。

朝:起床後出勤で家を出るまでに「うがいと歯磨き」。起床時は一日の中でもっとも口中細菌数が多くなっています(夜間就寝中に細菌増殖)。おはようとともに歯磨きでも良いのですが、朝ごはんをすぐ食べる方はまずは「うがい」して朝食後ゆっくりできないので「短時間歯磨き」。朝は「うがいと歯磨き」

昼:ランチ後に自分のデスクで「うがいとフロス」。フロスは水不要なので爪楊枝感覚でマイデスクで可能です。うがいはお茶か水で、コーヒーや紅茶でもオーケーですが砂糖無しで!昼は「うがいとフロス」

夜:晩ご飯後にゆっくり「歯ブラシ」。湯船に浸かる方なら歯ブラシ持ち込んでゆったり歯磨き。ネットやスマホ見ながらリビングでゆっくり歯磨き(口の中に溜まった唾液は遠慮なく飲み込んで)。おやすみ前にはフッ化物配合ペーストで仕上げ磨き。夜は「歯ブラシとフッ化物」

「何がパーフェクトなの?」・・ハイ皆さんは「食後に歯磨き」「歯ブラシで歯磨き」と完璧に刷り込まれているのでは?小学校に入ってから、いえいえ幼稚園・保育園の頃から「食後の歯ブラシ」してきましたよ!のあなた・・あなたの歯は現在パーフェクト(ムシ歯ゼロ)ですか?「ハイ(パーフェクト)」の方には「拍手!」。「いいえ」の方には「ハイ、あなたには何かが足りなかったのです」。

掃除をイメージしてください。イラストのようにどこをどのようにキレイにするかで道具を使い分けるでしょ。狭いところ、高いところ、こびりついた汚れ等々、同じです!歯ブラシしか使っていない方は歯ブラシで落とせる汚れしか落とせません(当たり前)。ブラシの毛先が届かない部位は汚れたままです。歯ブラシを補うのがフロスです。足りなかったものは大まかに二つ:ひとつは部位、汚れたままの部位。この磨き不足を補助するのがフロス。もうひとつは時間です。大掃除は普通掃除より時間が長いでしょ。この時間・チャンス不足を補うのが「うがい」です。加えて汚れにくくするのがフッ化物なんです(歯そのものを強くする)。

もちろん昼食後に歯磨きできる環境の方は歯ブラシもどうぞ。一日でほぼ隅々まで磨ければ(汚れを落とせば)良しとお考えください。「歯磨き」のみならずお茶や水での「歯洗い」すなわち「うがい」、唾液での「歯洗い」も不足を補うものです。「歯ブラシ」「フロス」「うがい」「フッ化物」で「歯磨きパフェ」の出来上がりです。どうぞお試しください。7200
今回の一言:歯ブラシだけではパーフェクトならず。今回の楽曲:もちろん「Perfect」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です