BBTime 388 楽苦備!

BBTime 388 楽苦備!
「静寂はラグビーボール立ててより」松村史基

句の解説には『ラグビーのゴールポストはH字形で、2本のポールの幅は5.6メートル、高さは国立競技場で13メートル。地面から3メートルの高さにクロスバーが渡してある。地面に置いたボールを蹴ってゴールをねらうゴールキックの場合、ポールの間、クロスバーの上を通過すれば得点。ゴールに上限はなく、要するに2本のポールは、空に向かって伸びる平行な直線なのだ。キッカーはひたすら5.6メートルの隙間をねらい、空へ向かってボールを蹴る。そこにはサッカーのようなディフェンスとのかけひきはなく、自分との勝負。この句には、そんなラグビーのキックの本質がきちっとあり、切り取られている一瞬の静寂が、その前後の激しいプレーや、突き抜けた冬空をも感じさせる。』(解説より)。

昨夜(10/05)の日本vs.サモアにはまさしく一喜一憂・・最後には、またしても感涙!その時間、移動中のこともありラジオ実況での観戦。画像(動画)がないため、状況を飲み込むのに僅かな時差が生じます、ゆえの一喜一憂。句にあるような「静寂」は実況でも同じで、田村選手のペナルティキックやコンバージョンキックのシーンが幾度となくありましたが、ボールをセット後・・・静寂(沈黙)でした。

今回のタイトル「楽苦備:ラグビー」は大学時代の監督が口にされていた言葉です。「なぜ今ラグビーをするのか?」の問いの答えが、文字通り「楽しみ苦しみに備えるため」・・今になって納得できます。さて、当時の球はセプターの革製(画像)でした。練習後にボールを磨くのは一年生の仕事。芝ではなく土グラウンドでしたので、当然のことながら球表面は荒れます。バックスキンのようにカサカサになります。この荒れた乾燥肌(表面)だとパスする際、指への吸い付きが悪いために、練習後一年生は残ってひたすらボールを磨いていました。今思えば不思議なんですが・・自分の唾液を球表面につけてストッキング(ラグビー用)でキュッキュッと言うよりゴシゴシと磨くのです。革表面には方向があるので、磨く際には往復ではなく片道で磨けとのことでした。夏合宿時など練習後ツバも出ません。我ら一年生は先輩に「ツバください」と言って(実際には球表面にぺッと吐いてもらって)磨いてました。今は昔の話です・・今のボールはゴム製ですよね。

実際、転がる球を追いかけながら、球(たま)とは言え球形ではないですからどちらに転がるかわかりません・・これも人生ですかね。夕刻暗くなるとボールが見えなくなるので、タックルマシーンでのタックルの練習です。はっきり覚えています、練習中に「肉体の苦しみと心(頭)の苦しみは同時には来ない」という原理に気がつきました(笑)。タックルする順番を待つ間、列に並び声を出します「さあ、行こうぜ」「ナイス、タックル」「声出して行こうぜ」等々。自分の番が近づくにつれ「痛みに対する恐怖・タックルしたくない気持ち」などが徐々にアップします。いざ自分の番でタックル・・肉体的には痛いのですが、精神的にはストレスゼロです。また、ボールを繋ぐ場合にも「己を殺して球を生かす」・・ワンフォーオール・オールフォーワン(One for all, All for one)。

「理不尽なスポーツ」・・ある時、早慶ラグビー観戦中に連れの一言。言い得て妙!ボールを前に投げてはいけない、スクラムやラインアウトは基本的には敵味方両者にとって対等(サッカーのスローインとは違うと思います)。またファオワードをやって気がついたことは「自分のエリアがない!」ボールの行くとこどこまでも追いかける必要があるのです。理不尽ゆえに「紳士のスポーツ」なのでしょうか。

理不尽に加え「ストイック」もしくは「へそ曲がり」とも言えるでしょう。「トライ」「コンバージョンキック」の由来を簡単にいうと「トライによってキックの権利を得ることができ、キックが成功したら点数になる」とのことです。元々はトライはキックの権利を得られるだけで点数なし、その後の権利行使のキック成功で得点でした(詳しくはこちら)。よってトライTRY=挑戦する(キックに挑戦)し、コンバージョンCONVERSION=転換するキック成功で得点となる。非常にわかりにくいですよね、簡単にその屁理屈を説明します。現行ルールではトライ5点、コンバージョンキック2点合計7点となりますが、昔はトライ0点ただしその後のキックに成功すると7点あげるよ・・との理屈のようです。へそ曲がりの骨頂!

理不尽でへそ曲がりな紳士のスポーツ・・例えるなら、世の流れに翻弄され、付かず離れず付きそうで成就できない、かといって離れない二人がやっと最後に結ばれる(右へ左への流れの中で、スクラムやラインアウト、タックル、モールラックを繰り返し、ついにトライ!)。こちらが観ていて、もどかしくなるような、イライラするような二人がやっとのことゴールインでしょうか。まずは次の一戦、スコッチ飲みながら応援します!1280


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です