BBTime 133 歯が無い儚い

BBTime 133 歯が無い儚い
「六月を奇麗な風の吹くことよ」正岡子規

今日の桜島です。六月になると必ず思い出す句ですが、改めて「奇麗な風」とはこんな風かなぁと思う今日の風です。初秋の爽やかなスカッとした風ではなく、梅雨の晴れ間に吹くわずかに湿り気を帯びたような涼やかな風です。さて、日々仕事で「歯が無い」所に「歯を作る」ことをしておりますが改めて感じることを少々・・。歯科用語に「MT:エムティ」があり「歯が無い、歯を失った」意味です。Missing Teeth (or Tooth)の略だと記憶しております。入れ歯を作る際の診断名はこの「MT」で、歯が無いから入れ歯を作る、シンプルですが・・昨今「MT」の解釈を変えました。カルノ流解釈は「MT=Missing Tasting」。Tasteとはご存じのように「味覚・味感」「味」、動詞で「味がする」「食べる」「味わう」などの意味です。その人にとって歯を失ったことが問題ではなく「歯が無い」ことで「味わえない」ことの方が大問題であると思います。前歯ならば「食べる」以外に「話す」「顔貌との調和」なども失うことになります。

失った「歯」を補う入れ歯の作り方と、失った「味わい」を補う作り方は自ずと違ってきます。食べることに主眼を置いた奥歯の入れ歯であれば、舌の動きを邪魔しない形が必要だし、その人(患者さん)が肉が好きなのか、魚なのか、野菜なのかでアレンジが異なります。話すこと・歌うことに注目するならば、滑舌の良い入れ歯にする必要があります。ここだけの話ですが(患者さんは)入れ歯を作る際にもっともっと色々と注文すべきだと思います。眼鏡を作る時どうしますか?まず眼科に行って視力を測り眼科医に眼鏡の処方箋を書いてもらい、眼鏡屋に行くでしょう。眼鏡屋ではその処方箋を出すだけで一言も希望を言わないことはないと思います。日頃パソコンを使う仕事をしていて、割と近くを見ることが多いので弱めのレンズで構いませんとか、運転の時だけに使いますので遠くがきちんと見えるようにとか、走りますのでズレにくい眼鏡にしてくださいとか。矯正視力1.2もしくは1.5に回復するための眼鏡ではなく、日常生活の不便さを解消し、さらにQOLアップのための眼鏡新調だと思います。入れ歯新調も同じです。

本当は(理想は)歯科医師が入れ歯新調の際に患者さんとじっくり話して「新調の目的」「希望」「食の好み」「顔貌との調和」などを患者さんから聞き出してから着手するのがベストですが、現実は費用の件、保険との絡み、歯科医師の力量など色々な要素が絡んできます。しかし希望を言ってみることは可能ですので、是非、ひとつのみならずあれもこれも希望を言ってみてください、いや言うべきです。その時の歯医者の答えがひと言「それは無理です」ならば、別の歯科医を探すのもひとつの選択肢です。

永六輔さんがなくなって来月で一周忌となります。お会いした時のイメージはこの画像に似ています。その時、永さんは「味わい入れ歯」と「饒舌入れ歯」を使い分けしておられました、さすがはプロです。今回のBeat 「only hope」です。希望とhope は意味は異なりますが・・。みなさんの味わい改善をhope して!5440

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です