BBTime 307 鬼の面

BBTime 307 鬼の面
「豆をうつ声のうちなる笑ひかな」宝井其角

句の解説が興味深いので・・「豆撒きは、奈良時代から行われていた厄払いの行事だ。もともとは中国周時代の宮廷の風習であったという。まあ「鬼は外、福は内」などムシのよい話で、宮中などではともかく、庶民には「笑ひ」をふくむ一種の娯楽性の強い行事として行われてきたようだ。戸板康二が書いている。「私の祖父は仙台の人だが、節分の豆撒きに『鬼は外福は内』と言ったら、そばで『ごもっとも』といえと孫の私に命じた。いわれた通りにしていたが、あとで考えると、私はそういって逃げだす鬼の役だったのである」。まさに笑いをふくんでいる。ごもっとも、である。江戸の其角もまた、この光景には「ごもっとも」と言うにちがいない。撒いたあとで、年の数だけ豆を食べる風習もある。私のような年齢になってくると、こればかりは「ごもっとも」と言うわけにはいかない。豆に歯が立たないからだ。いや、もはやガリリと歯を立てる勇気に欠けているからである。うろ覚えで申し訳ないが、たしか小寺正三にこんな句があった。「もうあかん追儺の豆に歯がたたず」。ごもっとも。(清水哲男)」解説より。

鬼の面ではありません(笑)。俳人「宝井其角」です。ウイキペディアには「宝井 其角(たからい きかく、寛文元年7月17日1661年8月11日) – 宝永4年2月30日1707年4月2日。一説には2月29日4月1日))は、江戸時代前期の俳諧師。本名は竹下侃憲(たけした ただのり)。別号は螺舎(らしゃ)、狂雷堂(きょうらいどう)、晋子(しんし)、宝普斎(ほうしんさい)など。江戸堀江町で、近江国膳所藩御殿医・竹下東順の長男として生まれた。延宝年間(1673年 – 1681年)の初めの頃、父親の紹介で松尾芭蕉の門に入り俳諧を学ぶ。はじめ、母方の榎本姓を名乗っていたが、のち自ら宝井と改める。蕉門十哲の第一の門弟と言われている。芭蕉の没後は日本橋茅場町江戸座を開き、江戸俳諧では一番の勢力となる。なお、隣接して、荻生徂徠が起居、私塾蘐園塾を開いており、「梅が香や隣は荻生惣右衛門」 の句がある。宝永4年(1707年)、永年の飲酒が祟ってか47歳で死去した。」出典より。

昨日「鬼の面かぶらないで 広がる注意「視野狭く危険」」という記事に目が止まりました(神戸新聞NEXT 2/2付け)。記事には「3日の節分には、鬼に扮(ふん)してお面を着ける人も多いのでは。だが近年、「顔にかぶると視野・視界が狭くなり危険」などと記された品が増えているという。(中略)理由は、視野が狭まった子どもらが転倒するのを防ぐため。節分用に限らず、露店などで売られるアニメキャラクターなどの商品も同様だ。製造会社のダイシン(東京)は10年以上前から、目の位置に穴は開けているが、顔に着けないよう注意喚起している。(後略)」とのこと。

画像は能面です。昔、展示室で能面の内側から外を見たことがありますが、視野が狭くなるどころではありません!足元がほとんど見えなかった記憶があります。能面をつけてよく舞台の上を飛び跳ねたり、時に小走りで動いたりできるものだと感心しました。能楽師の方はそれこそ修行に修行を重ね、練習に練習を積んで体で覚えておられるのでしょう。さて「鬼の面」ですが、被るのを禁止するくらいなら豆に付けなければ良いのにと思うのですが・・やはり節分の豆には「鬼の面」が必要なんでしょう。

ハラール」マークです。近所のカレー屋さん(バングラデシュ人経営)ではハラール食品を売っています。ハラール(許されている意)は食品だけではないようですが、ムスリムの人々にとってこのハラールマークは安全安心のマークと言えるでしょう。「鬼の面」の目の部分の穴を大きくすれば安全なお面になるような気がしますが、それだけでは安心が不充分なために「被り禁止」と表示するのでしょうか。

先日「リチウムイオン電池 発火事故、5年で倍増 」の記事を目にしました。製品事故・重大製品事故などの言葉が目に入ります。お面にしても電化製品にしても、製品そのものに問題(不良品・欠陥など)があればメーカーの責任です。使い方に関しては両者(使う人・メーカー)に責任があるのでしょうか?ハラール食品などは見てもわからないから認証マーク(ハラールマーク)を付けて誤った選択を予防していると思います。今回、安全安心な歯ブラシについて書くつもりが「枕」(前置き)が長くなってしまいました。歯ブラシについては次回、乞うご期待!

最後に豆まきについて。節分の字の通り季節の分かれ目で、冬から春に変わるのが今日(2/3)です。これはハロウィンも同じで「季節の変わり目」には邪鬼がこの世に降りてきて悪さをするようです。その邪鬼払いが豆まき(詳しくはこちら)。豆は「炒った大豆」を使います。魔を滅するので「まめ」です。

豆まきの手順を紹介します。1)炒った大豆を使う2)豆まきは夜に行う3)豆をまくのは主人・年男・年女・厄年の人4)「鬼は外福は内」と掛け声かけながらまく5)最後に豆を食べる(出典はこちら)。9280
https://youtu.be/CwzjlmBLfrQ

BBTime 299 大晦日余禄

BBTime 299 大晦日余禄
「その前に一本つけよ晦日蕎麦」鷹羽狩行 

句を読むと落語「芝浜」を聴きたくなります。落ちが・・と言っている間に大晦日となりました。今年一年の「connote:カノート」訪問に感謝いたします。では今年を振り返る毎日新聞「余禄」の御紹介。

初の米朝首脳会談があり、大きな災害に見舞われた2018年。いろはカルタで振り返る。【い】医学部入試も奈良判定【ろ】浪費増税【は】はれのひに雲隠れ【に】日中是好日(これこうじつ)の40周年【ほ】本件は首相闇件(あんけん)【へ】米下院は半分、青い。【と】隣はぬるめの韓がいい【ち】知事の遺志継いデニー【り】良心潰せぬタックル【ぬ】ぬれ手にカジノ【る】ルーキー投打にSHO賛【を】大坂も大阪も勝ち【わ】YMC永遠に【か】完眠ファンド【よ】世を佑(たすく)免疫療法【た】他ゴーン無用の報酬額【れ】礼拝の心癒やす遺産群【そ】そだねー銅だねー【つ】ついに辞(や)メルケル【ね】ネバーエンド安室ちゃん【な】何を決めたの米朝会談【ら】雷雨豪雨西に爪痕【む】無冠脱出を羽生(はぶ)にらみ【う】歌丸さんに座布団10枚【ゐ】行っターレ豊洲へ【の】延ーびる文学賞【お】鬼に金農(かなのう)【く】国荒れてトランプあり【や】やっと救済強制不妊【ま】魔法解けたかぼちゃの馬車【け】げげゲノムベビー?【ふ】プラ製やめて紙対応【こ】国会論戦省くのが特定技能【え】演技キラリヒカる紀平梨花(きひら・りか)【て】出んわソフトバンク【あ】相次ぐ空の飲酒デント【さ】38度超えた南北の熱【き】教祖語らぬまま節目【ゆ】勇気の訴え平和賞【め】メッカも泣いた記者殺害【み】ミスったーサマータイム【し】瞬時に闇夜の恐怖【ゑ】LGBT無知スギタ【ひ】平昌でもプーさんの雨【も】模範どころか水増し【せ】セクハラ罪無省【す】スクリーンからハート万引き【京】きょう平成最後除夜の鐘

こちらは同じく毎日新聞「選者・仲畑貴志さんと選ぶ万能川柳2018年」のイラストです。例年のことですが、カルタの中にピンと来ない文がいくつかあります。今年は「【は】はれのひに雲隠れ」と「【ま】魔法解けたかぼちゃの馬車」でした。平成最後の大晦日も終わろうとしています、では皆様よいお歳を!4750



おまけ:2017年余禄2016年余禄2014年余禄(2015年はアップせず)です。もひとつおまけ:何気なく「よいお歳を!」と書いて、ふと思い出しました・・「実はこの時期に交わす挨拶「よいお歳を」は省略形で、フルでいうと「大晦日を無事に迎えるまでは、色々とやるべきことがあって大変ですが、良いお歳(新年)を迎えられますようにもう一踏ん張りしましょう」という意味のようです。ですから厳密には今月師走中旬頃から晦日までで大晦日には使用不可。因みにやるべきこととは、大掃除、正月の飾りなどの用意、ツケの支払い等々」BBTime190「大掃除とよいお歳をの関係」より引用。平成も暮れます、新年五月からは新時代(新元号)。新しい時代がもうそこまで来ています・・あなたのそばに。その前に一本つけよ・・お後がよろしいようで。

 

BBTime195 初日

BBTime195 初日
「初明り地球に人も寝て起きて」池田澄子

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお読みください。
初日(はつひ)を見に行きました。
日頃は釣り人と散歩人とジョガーのみの長水路も
このように人人人・・。
予報は晴れでしたので多かったのでしょう。

いよいよ初日だ(7:30頃)と思いきや、雲が・・▽

この後、雲はさらに厚くなって・・▽


結局空振りでした。その後、昼から晴れて初噴火!

正月の空に天狗様現る!

これは初月の出・・拝△

翌二日は見事日の出が拝めました▽

おまけは三日の日の出▽

今年も皆さんがハッピー歯っぴいでありますように。
昨年の正月と同じですがアバの曲です。9450




最後に新年の挨拶入ってます△