BBTime 266 アマルガム

BBTime 266 アマルガム
「水銀の玉散らばりし夜の秋」佐藤郁良

先日(8/16)NHKラジオ「今日は何の日」が「水俣条約発効丸一年」を伝えていました。水俣条約とは「水銀および水銀を使用した製品の製造と輸出入を規制する国際条約」(ウイキペディアより)。子供の頃、句の解説に「体温計をうっかり割って、水銀が一面に散らばってしまうというのだから、その様子はたいへん危険なものだ。水銀が有毒であることは充分理解しつつも、その玉の美しさ、おそるおそる爪先で寄せればひとつひとつがふつりとくっつき合う様子は不思議な魅力に満ちている」とあるように、溢れた水銀を不思議だなあと眺めた記憶があります。

今回は皆様の口の中に入っている可能性のある金属についてのお話。まずは「水銀」・・アマルガムとして詰めてあります。水銀と銀・すずの粉末を練りあわせて使用されました。現在では保険診療から無くなっています。以前は「廉価である」「他に適切な材料がない」などの理由で多用されました。鏡で見ると銀色というより鈍い銀色もしくは黒っぽい光沢のない詰め物です。多くは奥歯の噛み合わせの面に使用しますが、上の前歯の裏側(ノド側)に詰めることもあります。「BBTime167みずがね」も御参照のほど。

次は金・ゴールドを12%含む「金銀パラジウム合金」。保険診療がカバーする貴金属で金:12% 銀:50% 銅など:18% パラジウム:20%の成分です。口の中に見受けられる割と光る銀色の金属がこれです。パラジウムは幾つかの理由で配合されていますが、このパラジウムが高騰してきています。原因は「自動車の排気ガス浄化用の触媒三元触媒)」としての需要が高まっているためです。ちなみに1グラム当たりの値段はおおよそ、金4500円・パラジウム3400円・プラチナ3000円・銀55円です。パラジウムの高騰が追い風となり昨年12月からは下顎第一大臼歯(6歳臼歯・6番目の歯)も樹脂の白い歯が保険適用となりました。

もうひとつあげるなら「コバルトクロム合金」でしょうか。部分床義歯(部分入れ歯)に使用されます。最近「コバルト」について気になるニュースを目にしました。「アップルはなぜアフリカのコバルトを買い占めるのか?」記事はこちら。「アップル、コバルト鉱山丸抱え 電池需要急増で自動車業界も食指 」記事はこちら。パラジウム同様近い将来コバルトも高騰するのでしょうか?

水銀を材料としているアマルガムは早目の除去をお勧めします。金銀パラジウム合金の詰め物(インレー)や冠(クラウン)をやり変える場合にも、やはり樹脂をお勧めします。白い色のみならず、歯につける際の合着・接着においても樹脂の方に軍配が上がりますので。

connote:カノートをお読みの方はお分かりでしょう、金よりもプラチナよりパラジウムよりも価値あるものは「天然の白」です。掲句の「夜の秋」とは「夏の夜にどことなく秋めいた感じを受けること」とのこと。予防が一番!ご自愛のほど。1961


BBTime 257 色気なしビール

BBTime 257 色気なしビール
「ビールないビールがない信じられない」関根誠子

先日BBTime 245「ミズトニック」に「透明ノンアルコールビール、透明カルピス、そのうち透明白ワイン、透明赤ワインなども登場するのでしょうか?小生なら飲みたいとは思いません」と書いたところ透明ビールのニュースが!「アルコール度数は5%で、クラフトビールの味わいを透明な色で再現。同社の広報担当者は「夏のビールの売り上げ最盛期を前に、涼しげな印象を与えるクリアクラフトでこれまでにない驚きを体験してもらえれば」と期待を込める」「(消費者の)主観的な話だが、『ビールはすぐにおなかいっぱいになる』というイメージが、透明にすることで変わるかもしれない」(広報担当者)という」記事より。

「嘘ばかりつく男らとビール飲む」岡本 眸
今もたまに見かけますがガラス瓶入り「ガラナ」・・昔は必ずと言って良いほど宴会テーブルの隅っこに数本置いてありました。ビールが飲めない人用だと聞きました。そのうち烏龍茶が市民権を得てガラナの影は一層薄く・・。透明ビールを嘘ビールと言ったらメーカーの方には悪いのですがトホホ・・です。

「ビール麦と聞けば一入麦の秋」酒井康正
「一入」はひとしおと読みます。ビールのいろいろな色は使用する麦芽によるとのこと。「では私もいきなり答えましょう(笑)。ビールの色合いは、麦芽によって決まります」ヱビスビールより。「黒ビールは、淡色麦芽と濃色麦芽をブレンドして使用しています。高温で焙煎・乾燥させてつくる濃色麦芽の色合いにより、黒い色が生まれます」サントリーより。

「遠近の灯りそめたるビールかな」久保田万太郎
「遠近」の読みはおちこち。やはりビールはビール色、赤ワインはワイン色、ウイスキーは琥珀色・・と自然が一番!あまりにも作られてしまうと嘘っぽく感じられます。自然な色が一番は「歯」も同じ。白いものは白く黒いものは黒く、まさしく「明眸皓歯」。人もビールも人生も「色気」は大事、色気のない人生なんて!ビールの曲を二つご紹介。「volare」は今週(6/25-27)のラジオイタリア語講座で歌う練習してます。1330

BBTime 223 歯は白く

BBTime 223 歯は白く
「歯は白く ハグキピンクに 吐息は甘く」カルノ

「歯を白くしたい」と来院される方がしばしばいらっしゃいます。「主訴:しゅそ」をよく聞いてみると「白くしたい」の内容は大まか次の三つです。
1)歯の表面の着色(ステイン)を除去して欲しい
2)金属の詰め物を白くしたい
3)歯そのものをもっと白くしたい
これら三つはそれぞれ解決方法が異なります。

1)歯の表面のステインの除去は程度にもよりますが割と簡単です。PMTC(ピーエムティーシー)=専門家(プロ:歯科衛生士・歯科医師)による器械を使った歯のクリーニングで、専用の研磨剤、専用の器具を使用しての着色(茶渋・珈琲渋・タバコ)除去です。(保険適用)

2)詰めてある金属を白くする方法は大まかに3通り。金属部分が小振りなら除去して白い樹脂(CR:コンポジットレジン)を詰める方法(レジン充填)。二つ目は削った後に型を取って(印象採得)セメントでつける方法(レジンインレー)です。レジンインレーは今月四月から保険適用になりました。三つ目は白い被せ物(冠・クラウン)で昨年十二月から下の歯は6番目まで、上の歯は5番目までが保険適用です。詳しくはこちら「6番目の白い歯」を。(保険適用)

3)歯牙漂白・ホワイトニング・ブリーチングと言います。歯科診療所で行うオフィスブリーチングと自宅で行うホームブリーチングがあります。それぞれ長所短所あり。(保険適用外)

4)忘れてはならないのが「ハグキピンクに」です。歯茎が健康(ピンク)でないと歯がくすんで見えます。歯をきちんと磨くことで「歯は白く」→慢性的汚れがないことで健康な歯茎で「ハグキピンクに」→結果「吐息は甘く」となります!

冒頭のミンティアに入っていた「ラッキーレリーフ」やはり見つけたらニッコリになります。「歯は白く ハグキピンクに 吐息は甘く」でニッコリ!6350
今回の一言「歯は白くハグキピンクに吐息は甘く」
今回の楽曲「白い馬」です。