108cafe 010 ハーレタ義歯

108cafe 010 ハーレタ義歯
「よく晴れて秋刀魚喰ひたくなりにけり」和田耕三郎

そろそろ秋刀魚も終わりでしょうか。秋刀魚・七輪・煙が過去の景色となる今日この頃です。解説より「句に添えて、作者は「晴れた日は焼いた秋刀魚を、雨の日は煮たものが食べたい」と書いているが、その通りだ。料理にも威勢があって、とくに威勢のよい焼き秋刀魚などは、威勢良く晴れた日に食べるのがいちばん似合う。秋刀魚は昔ながらの七輪で焼くのがベストだけれど、我が家には無いので、仕方なく煙の漏れない魚焼き器で焼いている。これはすこぶる威勢に欠けるから、そう言っては何だけど、どうも今ひとつ美味くないような気がする。食べ物に、気分の問題は大きいのだ」解説より。いつものようにラボへのレポートより抜粋。

「ハーレタギシ」「腫れた義歯」口腔内の現義歯、セットする新義歯の床について一言。「腫れ義歯」・・?。以前11/02報告に「他山の石」で書きました、皆様ご自身の口腔内は立派なお手本です。インレ・クラウン・義歯などいずれにおいてもお手本です。目の前に義歯(特にPD)の入った模型があれば見てください。その模型があなたの口腔内だとしましょう。下顎に両側遊離端リンガルバーのPDが入っているとしましょう。臼歯部67の舌側が腫れていませんか?頬側は?上顎2112の中間欠損義歯が入っています。上顎前歯部の口蓋は腫れてませんか?唇側は膨らんではいませんか?

「いやあ、PDが入っているので舌側や口蓋側に膨らんでいるのは当たり前でしょう」・・とあなたが主張しても、舌は理解できません・・出っ張り・腫れている・妙なものがあると拒絶します。外に押し出そうとします。喋るときも「邪魔くさいなあ」と舌は思いながら動く(発音する)ので変な発音になります。では、どうすれば良いでしょう?

舌を騙すしかないのです。特に舌が触れる部分は、義歯床ではなく偽歯茎(にせハグキ)と舌に思わせる形にするのです。舌側は凸面ではなく凹面にします。床辺縁部は切り立った崖ではなく、可能な限り移行的にします。特に上顎総義歯の後縁・・切り立った崖が多いです。この部分が崖(はっきりと段差があれば)だと嚥下しにくいのです。唾を飲み込んでみてください、ゴクンの際に舌は後方(のどちんこに近い場所)で膨らんでぴったりと塞ぎます。このことでさらに奥が陰圧になって唾液が食道に吸い込まれるのです。上顎義歯後縁が崖だと塞ぎにくいために陰圧が弱くなり嚥下しにくくなります・・ひいては誤嚥を起こしやすくなります。

11/28報告に書きましたが「舌はセンサー」です。ハレギシだと始終(しじゅう、いつも)舌はハレギシ部分を触り(出て行け!)出ていかないので、舌センサーから脳にストレスとしての情報がこれまた始終流れます・・結果、食事が終わると外したくなる、帰宅すると外したくなる・・となるんです。ハレギシには抗生物質は効きません(笑)。床のワックスアップ、仕上げ研摩の時にご留意くださいませ。2130


 

108cafe 009 舌調べ

108cafe 009 舌調べ
「猫の舌ふれて輪を描く春の水」檜山哲彦

春の句です、ご容赦の程。昨日は小春日和というより異常気象です、ちなみに小春とは陰暦十月の異称。今年は明日12/06までが旧暦十月。ラボへのレポートより抜粋です。
「舌調べ:したしらべ」舌は筋肉の塊です。内舌筋と外舌筋に大別され舌そのものは内舌筋(上縦舌筋・垂直舌筋・下縦舌筋・横舌筋の四つ)で構成されます。舌の筋肉は他の筋肉と大きな違いがあります。

筋肉には必ず「起始:きし」と「停止:ていし」があります。体幹に近い方が起始で遠い方が停止です。腕を曲げてみてください、肩に近い方が「起始」で指先の方が「停止」です。筋肉は縮んで仕事をします。力こぶができるのはこのためです。ところが舌の筋肉は起始と停止が同じ場所なんです。ループ状に同じ場所から始まって、同じ場所で終わる。このループ状の部分が伸び縮みするんですが・・先ほど筋肉は縮んで仕事すると書きました。筋肉そのものが伸びることはできません、そこで関係するのが外舌筋です。外舌筋の働きで舌は伸びているように見えます。

やっと本題!リンガルバーの形・厚みを舌が嫌がる・・なぜか?ここからは小生の考えです。昔昔大昔のこと・・地面に何か落ちていました→「食べ物かな?」→まずはクンクン(嗅ぐ)→次にペロペロ(舐める)→変な匂いもしないし、変な味もしない、食べられるかな?→ガブリ!→中が腐っていた→反射(脳まで行かない)で吐き出す→安堵(実はこの時の表情が笑いの原型だと言われています)→毒を食らわずにすんだ(命が助かった)!

吐き出す時に舌が威力を発揮します、と同時に口の中に「危ないモノ」例えば骨・釘のような鋭いもの・硬いタネなどがあると舌はセンサーとして働き外へ出します。やっと来ました。このセンサーとしての舌がリンガルバー・パラタルバーを嫌がるのです。患者さんはよく「舌がいく」と言います。そうなんです、舌はバーなどを口の外に押し出そうとしているんです。

図のようなわずかな変化も舌は感知します。患者さん曰く「この方が楽です!」余談ですが最近「猫の舌」に関する記事を見つけました。(補足:イラストの症例はPIP塗って住所二回言ってもらい、舌のあたりが強い部分を削合しました)
「ネコの舌は高性能ブラシ 毛づくろい、隅々までゴシゴシ」朝日新聞記事。記事より一部ご紹介「ネコの舌がザラザラしているのは、唾液(だえき)をうまく使って毛づくろいするため――。こんな発見を米ジョージア工科大の研究チームが米科学アカデミー紀要に発表した。舌の表面に数百の小さな突起があり、先端についた唾液を体の隅々まで届ける高性能ブラシのような機能が備わっていた。唾液が体を清潔に保ち、体温を下げる効果もあるという」記事より抜粋

おまけ:猫の舌はお菓子の世界でも有名です。仏語で「ラング・ド・シャ」独語で「カッツェン・ツンゲン」猫舌ならぬ猫の舌は大活躍です。2040

108cafe 008 ゾーン確保

108cafe 008 ゾーン確保
「ガラス玉これ雪女の義眼です」橋本 薫

イラストの目を見ると句のようなことも、さもありなんかと思えます。解説には「ガラス玉」とは、ビー玉みたいなものだろうか。作者はおそらく雪道に落ちている「ガラス玉」を見つけて、とっさに「雪女」を連想したのだろう。つまり、人を驚かす「雪女」のほうが逆に何かに驚いて慌てふためき、迂闊にも落としていったのだ。そう思うと、なんとなく気の毒でもあり、可笑しくもある。「雪女」伝承には地方によりいろいろあって、まずは若い女だ、いや老婆だと、年齢からして相当に開きがある」解説より。雪女の義眼がガラス玉なら、義歯は水晶製でしょうか。天然歯の硬さは水晶に匹敵しますので。今回は前回007の続きで「夜外すと・・」のお話。ラボへのレポートからの抜粋です。

本日の一言「外して寝ると・・」昨日の一言について補足を少々。小生はコンタクトレンズ使用者です、帰宅して外すとホッとします。よくウチのカミさんが帰宅後ストッキングを脱ぐとホッとすると言います。義歯をよく外す方に聞いてみると同じようなことをおっしゃいます。

理想的なことを言うようですが、これは「デンチャーゾーンに義歯が収まっていない証拠」です。ある男性上顎総義歯の方が「人工歯脱離」で来院。上顎1番脱離でした。この方、精肉業に従事されていたそうで朝早くから夜遅くまで働いていた、そのため歯科治療に行く時間が取れず、歯がガタガタになった。当時M市で働いておりM市の歯科医院で上顎総義歯を作った。作った時に御自分で「絶対外さないぞ(外すと合わなくなる)」心に決めて、洗った後はいつも夜もつけていた。・・とのことでした。金属床自費総義歯で多少緩みは出ていましたが、ほぼ問題はない状態でした。この方の場合、もちろん金属床総義歯がデンチャーゾーンに収まっていたのだと思いますが、ご自分でデンチャーゾーンを確保されたのだと思います。

抜歯後、顎堤が吸収し欠損空間となります、この「欠損空間+歯牙の空間=デンチャーゾーン」となります。イメージしてください。歯牙におけるカリエスならば欠損空間(齲窩:うか)はそのままです。では隣接面部・歯茎部よりのカリエスならどうでしょう?増殖した歯肉が齲窩に入り込んでいる場合がありますよね。実はデンチャーゾーンでも似たようなことが起こりうるのです。1)先ずは筋肉によるゾーンの狭小化(狭くなること)・・口輪筋はちょうど輪ゴムのような走行です。抜歯などで欠損空間が生じると口輪筋輪ゴムは縮みます。むかし漫画で見た「梅干し婆さん」の口元がこれです。2)次にバイトの低下による狭小化・・歯牙欠損によってバイトが低下すると口腔ボリューム(口の中の空間体積)が減ります、当然デンチャーゾーンも減ります。3)舌ダラーンによる狭小化・・バイト低下で口腔ボリュームが小さくなる・臼歯部喪失などで、舌は緊張感を失ってタレパンダのようにダラーンと横に広がります。このことで特に下顎デンチャーゾーンは狭ばります。と言うわけで、できるだけ義歯を口腔内に入れておいて欲しいと思うのです。

ちなみに「義眼」についても調べてみました・・すると「義眼は1日1回、とりはずしての洗浄が必要です。やはり、通常の目と違って、内部(義眼の裏側など)にホコリやバイ菌が溜まったり、メヤニが出やすくなるようです。(正確には、寝るときは外すことが必要と言われていますが、これは最近は、1日1回洗えば、あとは入れっぱなしでもOKという考え方も出てきているようです。)」とある眼科のページに書いてありました。いれっぱなしでもOKとは、ゾーン確保維持の意味があるように思えます。8340



108cafe 006 達磨さん

108cafe 006 達磨さん
「蒲団着て先ず在り在りと在る手足」三橋敏雄

鹿児島も晩秋から初冬を感じるようになりました。今回もラボへのレポートより抜粋
「レジンインレについて一言」今後レジンインレは増えると思いますが・・注意点をいくつか(カルノの勝手な意見)。
*破折による再製(タダ働き)をなくすためには!
破折するか否かはただひとつ「厚み」です。咬合面の厚み(クリアランス)と隣接面部の厚み(これはカドウのデザインが関係)。最悪なカドウはメタルインレと同じ感覚(デザイン)で形成印象してくる歯科医。ご存じのようにカドウのデザインはかなり違います。

達磨さんのように、簡単に言えば「足をなくして」「ボックス状にする」・・理由は厚み確保のため。咬合面部の厚み確保対策・・1)カドウを深くする。2)対合を調整する。レジンインレは従来のメタルインレとは根本的に考え方を変える必要があると思います。また「レジンインレはインレ修復と考えずにあくまでもCR充填と捉える!」「レジンインレの適合度(セット時のセメントの厚み)はメタルインレとは別認識」「レジンインレの方が歯牙の耐久性(残存年数)は高い」→メタルインレの方がインレ本体の耐久性は勝るが歯牙へのリスク(二次カリエスなど)は高い・・あくまでも個人的な意見ですがね。

ラボの対策として「クリアランス不足」「隣接面部の無理な形」などの印象には事前に再作は有料ですと言う。無理な模型ではレジンインレーは作らない(返却)。もし、そのまま無理な模型でレジンインレーを作ると・・1ー歯科医の形成は変わらない 2ータダ働きは減らない 3ー患者さんのためにはならない。

ちなみにメタルインレーの頬側への足の理由をご存じですか?昔は予防拡大という名目でカリエスでもないのに「予防的に削ってインレーの一部にする」ということが行われていたのです!また保持形態(維持形態)などの名目で頬側裂溝も削ってインレに含めていました。当時(メタルインレ形態が確立された頃。昔の昔の話です)は充填といえば「金箔充填」のみで、その後「アマルガム充填」が出てきました。このために「予防拡大」=「削ってカドウの一部にする」となったのでしょう。しかも当初のセメントは合着のみ・・などから脱却できないのではないでしょうかね。今は接着性セメントや上質な充填材があるし。

以上、あくまでも個人的な意見として書きました。考え方は色々と在ると思います。最後に句の解説から一分ご紹介。「たしかにこの通りだ。他の季節だと、寝るときに手足を意識することもないが、寒くなってくると、手足がちょっと蒲団からはみだしていても気になる。亀のように、手足を引っ込めたりする。まさに「在り在りと在る手足」だ」解説より。5880