BBTime 426 バーボン

BBTime 426 バーボン
「バー温し年豆は妻が撒きをらむ」河野閑子

本日は令和2年西暦2020年2月2日と「2」が揃いました。昨夜は鹿児島も冷えましたが、句の如くバーは温し(ぬくし)でした。そのバーでお酒の起こりが話題になり、早速「バーボン」について。

昔「Maker’s Mark」は美味しいけど入手困難で探し歩いた記憶があります。さて「バーボン:Bourbon」には発明者がいらっしゃいました。Wikipediaによると『1789年(合衆国発足の年)、エライジャ・クレイグ牧師によって作られ始めたのが最初といわれている。バーボンという名前はフランスの「ブルボン朝」に由来する。アメリカ独立戦争の際にアメリカ側に味方したことに感謝し、後に合衆国大統領となるトーマス・ジェファーソンがケンタッキー州の郡のひとつを「バーボン郡」と名づけた。それが同地方で生産されるウイスキーの名前となり、定着したものである。したがってかつてバーボン・ウィスキーというのは、地理的な呼称、つまりケンタッキー州で生産されたコーン・ウィスキーのことを指す呼称であった。しかし後にバーボン・ウィスキーとコーン・ウィスキーとはその原料と製法によって再定義がなされ、別物を指すようにアメリカ合衆国の法律で規定されるに至った』(Wikipediaより)。因みにアメリカ独立は1776年7月4日。

1)バプテスト派のエライジャ・クレイグ牧師によって1789年に作られ始めた。2)バーボンの名前はフランスブルボン朝に由来するケンタッキー州バーボン郡に因む。続けてWikipediaには『主原料は51%以上のトウモロコシライ麦小麦大麦など。これらを麦芽で糖化、さらに酵母を加えてアルコール発酵させる。その後、連続式蒸留機で、アルコール度数を80%(160プルーフ)以下となるように蒸留を行って、バーボンの原酒となる蒸留酒(この時点では無色透明)を製造する。こうして作られた無色透明の蒸留酒を、その後アルコール度数62.5%(125プルーフ)以下に加水して調整し、内側を焼き焦がしたホワイトオーク製の新樽に詰め熟成を行う。この熟成によって、焦げた樽の成分がニューポットへ移り、またニューポットの一部は大気中に揮発し、さらにこの間にゆっくりと進行する化学変化によって、バーボンは作られる』Wikipediaより。

3)原料の半分以上をトウモロコシと麦とし、麦芽で糖化する。4)アルコール度数を80%以下となるように蒸留し、これ(無色透明)に加水し62.5%以下にする。5)内側を焼き焦がしたホワイトオークの新樽で熟成させる。Wikipedia『アメリカ国内で消費・宣伝されるバーボンは以下の要件を満たす必要が有る。結果、着色料の使用が禁止されている。・アメリカ合衆国で製造されていること。・原材料のトウモロコシの含有量は51%以上であること。・新品の炭化皮膜処理されたオーク樽を製造に用いること。・80%以下の度数で蒸留されていること。・熟成のために樽に入れる前のアルコール度数は62.5%以下であること。・製品として瓶詰めする場合のアルコール度数は40%以上であること。』Wikipediaより。

蛇足ですが(仕事柄・笑)ムシ歯になりにくい飲み方を伝授。御馳走様の前に「水」を口に含んでブクブクうがいをこそっとする事をお勧めします、歯の素洗い(水洗い)です。更に効果的なのは「ジン」のストレートを口に含んでクチュクチュごっくん。多くのお酒の中で唯一「ジン」だけがアルカリ性(ph=8.3)なんです。もちろん可能ならば、お休みなさいの前に歯磨きを!ご自愛のほど、ご歯愛のほど。8250





追加:トウモロコシを原料とし、勝手にいかにもアメリカらしいお酒とのイメージを持っていましたが、フランスゆかりの名前で発明者が牧師さんとは意外でした。バーボンを作ったクレイグ牧師は「エライおひとジャ!

BBTime 285 一杯の珈琲

BBTime 285 一杯の珈琲
「珈琲は一杯がよし日向ぼこ」亀井杜雁

先日(10/23)朝・・ポタリング(自転車ブラブラ)終えて朝刊を開きました。まず目を向けるのは「折々のことば」・・飛び込んできたのは「森光宗男:もりみつむねお」福岡市赤坂の珈琲店「美美:びみ」のマスター

「一杯のコーヒーから店のあらゆる寸法を割り出す」森光宗男
「ともに焙煎(ばいせん)とネルドリップの名人、森光と大坊勝次の対談録『珈琲屋』から。椅子にもこれしかない寸法があると森光が言うと、道具から設(しつら)えまで「コーヒーを楽しむ」ことで決まると大坊が応える。森光が判断の根拠は後でしかわからないと言えば、大坊は「あきらかにしないからこそ、誰もが生きていられることがある」と返す。目の前の一事も大きな時空感覚で捉える2人。(鷲田清一)」朝日新聞折々のことばより。

まだ読んでませんが新潮社から出版された対談集「珈琲屋」のページには、
森光宗男「1947年福岡県久留米市に生まれる。1966年県立久留米高校卒業後、桑沢デザイン研究所(専門学校)入学のため、上京。ハワイ・オアフ島に半年間滞在の後、1972年東京・吉祥寺「自家焙煎もか」入店。マスターの標交紀氏に5年間師事した後、帰福。1977年12月福岡市中央区今泉に自家焙煎ホーム・コーヒー販売、ネルドリップの店「珈琲美美」を開業。1987年コーヒー産地視察のため、イエメンはバニー・マタル、ハジャラ、マナハを訪問。以来、モカコーヒーのスパイシーな香りに魅せられ、イエメン5回、エチオピア7回を始め、ケニア、インドネシア、フィリピンなどを訪れ、コーヒーのルーツをひもといた。2009年5月福岡市中央区赤坂けやき通りに移転。2012年、著書『モカに始まり』(手の間文庫)を出版。2016年には、自ら発案・監修したネルドリップ抽出器具「ネルブリューワーNELCCO(ねるっこ)」を「フジローヤル」より発売。一般家庭でも専門店に引けをとらないネルドリップの一杯を実現すべく、啓蒙活動を行う。2016年12月ネルドリップ普及セミナーの帰途、韓国の仁川空港にて倒れ、急逝。享年69。(2018年5月現在、お店は妻の充子さんが引き継いで営業中)」とのプロフィール

拙インタビュー記事「丸ごと味わう」聞き取り時に「何よりも印象的だったのは、一杯の珈琲が、毎日の生活のなかで、または日々のきつい労働のなかで“句読点”であったということです。この時に珈琲の本物の味とともに、珈琲を飲むということそのものの意味を垣間見たような気がしました」と語られました。

美美では必ずカウンターに座り、いつもマスターの珈琲のお点前(てまえ)を凝視しておりました。まさしく薄茶ではなく濃茶の点前さながら・・目の前に出てくるのは珈琲の濃茶・・啜るように頂きました。もちろん美味!掲句はブラジル移民の方の句のようです。薄茶は二服目もありますが濃茶は一服のみ。マスターの珈琲も「珈琲は一杯がよし」でした・・が、味を記憶に留めようと二杯目を注文しておりました。

「一杯のコーヒーから店のあらゆる寸法を割り出す」この逆がマスターの起点のような気がします。「一杯の珈琲が、毎日の生活のなかで、または日々のきつい労働のなかで“句読点”であった」から始まった人生ゆえの言葉でしょう。茶室が一碗から始まるのと同じです。今度の師走で亡くなって丸二年・・合掌。2550


BBTime 210 やめよう!ブラック飲料

BBTime 210 やめよう!ブラック飲料
「春や春まづはぶつかけうどんかな」有馬朗人

「ぶっかけ」大好きです。宮崎市山形屋裏の「哲心:てっしん」のぶっかけ蕎麦最高です!問題はこの「ぶっかけ」ゆっくり食べてもいいのですが、ついぶっかけのノリで一気に食べてしまいます(モッタイナイ)。さて先日来「缶コーヒーは悪魔の飲料」について書いてますが、やっぱ!イカンです!昨日も「缶コーヒーを1年前にやめました、タバコと好相性なもんで日に3本飲んでいました」と30代男性・・ご本人かなり後悔されていました。次の画像は近所のコンビニで撮影。

びつくりです!こんなに種類豊富とは!「お得」ではなく「お毒」です。左隣はお酒、そこに「やめよう!!飲酒運転」のステッカー。是非缶珈琲コーナーには「やめよう!!ブラック飲料」のステッカーを貼ってください。懇願します!切望します!

男性曰く仕事前に「まずは缶コーヒーでした。始業前昼休み仕事終了で日に三本飲んでました」ご自分で「ムシ歯が多いのは缶珈琲が犯人」と気づかれたそうですが、時既に遅し・・・相当悔やんでいらっしゃいました。犯人探しがお仕事のこの男性、ムシ歯の多さの犯人をご自分なりに探されたそうで、捜査の結果「犯人は缶珈琲」。前回の繰り返しですが缶コーヒーがブラックである理由は「イメージ」と「タイミング」なんです。詳しくは前回をどうぞ

その時コンビニで見たのが「もっと、もも」です。「もっと飲も」「もっと飲め」の意が隠されているように見えます。味付きいろはすにもかなりの砂糖が入っています。クリア(透明飲料)で健康そうですがブラック飲料です、騙してます。体に良さそう・悪くなさそうと思って買われた方、騙されてます。飲料メーカーの方には失礼千万な表現かもしれませんが、やっぱ!イカンです。イカンばっかり言っていてもいかんのでオススメをご紹介。

おりた園のお茶」水出しでもお湯だしでも美味。テトラパックのティーバッグ、水やお湯を入れてすぐに箸でかき回すかボトルごとシェイクすると、さらに味わい深くなります、お試しあれ。マイボトルにお茶、これが一番!ついでにもうひとつオススメは無印良品のブラシ。画像のように、スポンジ部分が柄から取り外し可能。トングのようにスポンジを挟み込む構造です。最後に補足しますがコーヒーと缶コーヒーは別物と捉えています。珈琲は良し、缶コーヒーは悪し!4700

今回の一言「やめよう!ブラック飲料」
今回の楽曲「Black Coffee」

BBTime 209 イカン・イカン・イカン

BBTime 209 イカン・イカン・イカン
「春宵や食事のあとの消化剤」波多野爽波

掲句は「しゅんしょうや」。春宵とは春の宵(夕刻)ですのでこの食事は晩御飯でしょうか。春宵一刻値千金もご存じかと。小生なら「春宵の晩御飯」のあとならウコンか何か二日酔い防止を飲むところですが、文人はちと違うようです。胃弱文人としては漱石が有名とのこと(解説)。今回のタイトルは「缶コーヒーはイカン!絶対にイカン!」の意味です。過去にBBTime163「イカン!コーヒー・174「カンカン!」・185「イカン!カンカン」の三回書いていますが、今回もまた「缶コーヒー多発ムシ歯」の方が来院されて四回目のブログです。これはもう絶対にイカンです!

ブラック飲料と命名しましょう!微糖ですら8グラム以上(角砂糖2個分)多いものは30グラム以上入っています。WHO推奨砂糖摂取量は一日あたり25グラムです。下の表をみてください(出典はこちら「缶コーヒーは悪魔の飲み物」と医者が言う理由)。ちなみにワーストワンは牛乳で割るタイプですので差し引いてお考えください。ショートケーキ1個(1ピース)が約24グラムの砂糖量です。過剰な砂糖が体に及ぼす悪影響は「カンカン!」を参照のほど。ここで御理解頂きたいことは二つ、ひとつは「イメージ」もうひとつは「タイミング」

まずは「イメージ」:缶コーヒーを飲むことのイメージが「体に良さそう」「心に良さそう」「元気が出そう」「仕事始まる前に良さそう」・・「缶コーヒーを欠かさないビジネスパーソンをよく見かけます。テレビで流されているCMでは、「すっきり目が覚め、爽やかな気分で仕事にのぞめる」といった印象・・」(記事より)

ふたつ目「タイミング」:朝家を出て通勤途中に自販機で買い歩きながら。通勤中車内で飲みながら。職場について仕事前に飲む。いずれにしても飲んだ後に歯磨きはしません(できませんよね)、うがいも厳しいでしょう。想像してください、通勤途中に同量の砂糖を含むショートケーキを食べたとしたら、あなたはどうしますか?歯磨きする、うがいする、缶コーヒー飲む(笑)・・もっとも通勤途中にケーキを食べませんよね。しかしケーキを食べることと同じことをされているんです!

「缶コーヒーは毒です!」
「絶対にやめてください!」
「糖尿病・ムシ歯・肥満になります!」
「あなたは騙されています!」
「それでも飲みますか!」

コンビニ・自販機で買う時には、缶コーヒーではなくお茶をお求めください。病気になりません、不都合なことは起きません。味付き「いろはす」はダメです!砂糖たくさん入っています。缶コーヒーは悪魔の飲み物・毒ですが、まともなコーヒーは毒ではありません。小生、缶コーヒーは飲みませんがコーヒーは飲みます、好きです。

それでも「ヤメラレナイ」方にお願いです。
「飲むタイミングを変えてください」
飲んだ後に歯磨きもしくはウガイできる時に。
「買うたびに悪魔の飲み物であることを反芻してください」
・・それでも飲み続けますか?
だめ押しでもうひと缶「やめよう!ブラック飲料」も是非!
今回の一言:「缶コーヒーはブラック飲料である」
冒頭の句の前日の句を最後にご紹介します。3333
「大人だって大きくなりたい春大地」星野早苗


やはりこの曲も!キサスをイカンに変えて歌ってください。